何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2014年02月04日

【価格情報】TMNT新製品。4月/今週末は「クリエイター」新作


 ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ各種は4月4日発売予定。一律28%off、版権物ゆえの割高感は無し。勿論、発売日までの変動もありえます(価格保証あり)。
 他、4月予定品情報はありません。後半製品こそ大物揃ってるのは事実なので、待ちの時期なのでしょう……。でも、ナノゲージに浮気しちゃうぞ(笑)。

 今週の金曜日2月7日はクリエイター(と、SW・レゴムービー等)の発売日。予約漏れなどありませんか?
 #31015 エメラルドエクスプレスは24%offで545円。マスコットロコは嬉しい企画ではありますけど、本家のトレイン規格でもクリエイター出して欲しいなぁ。

 最初は定価で登場した小規模なセットも実店舗並みの24%offにはなっています。ミニセットでも新部品は充実してるので侮れません。
 #31018ハイウェイクルーザーはこの価格では頑張ってる感があり、半テクニックなクリエイターとして気になる存在。

 この辺は24-25%offのまま、もう一声欲しかったところですが。新機軸の「戯画的動物」は如何様に評されるのでしょう?

 肝心の「#31025 マウンテンロッジ」は幸いにも34%offを維持して発売日直前までこぎ着けてます。クリエイター建物系の最新形状。とりあえず購入レビュウ書ければよいなぁ。買ったけど組んでない……が最近増えつつありますけども、このクラスのクリエイターは肩がこりません。
 あと、組換モデルもチャレンジしたいです。……安いうちに2箱目考えたほうが良いのかしらん? 
 

posted by 関山 at 23:59| Comment(5) | TrackBack(0) | 価格情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ヒント・アイディア】車載型デカップラ(アンカプラー)を台車内に![baard様]

 Eurobricks「Decoupler bogie」より。

 baard様が考案された、車載型デカップラ(アンカプラー)装置。
 
 機関車の連結器の方を引っ込めて、連結器の自動解放を行うこの種の装置はいくつか考案されてきました。この作例は、これまでみてきたなかでは最も小さく収まっているものです
 装置自体は完全に台車に収まっています。

 以下画像はこちらより
http://www.flickr.com/photos/115097068@N03/
 動作動画などもあります。

 この写真で、概ねの動作原理は理解できましょう。核になってるのは小型アクチュエータ「92693c01」です。これが連結器を引き込めることで、遠隔操作での解放を可能にしています。
 アクチュエータは真ん中に少し見える、12歯ベベルギア(タン色)が駆動させています。
 駆動軸は台車の旋回軸と兼ねる。これはPowerFunction自作動力ではよく使われる手法。

 車軸は左側は通常ですが、右側はアクチュエータのために左右独立になっています。
 台車枠は通常タイプのものが使えます。「互換性」と言う意味で重要でしょう。また台車枠も車軸の保持で役に立っているはず? 

 連結器を引き込めた状態。特殊な自作車両でもなければレゴトレインには「バッファ」ありますので、連結器引き込めるだけで解放はできる(はず)。
 機関車側で踏ん張るのは何もバッファでなくてもよいので、日本形車両などではスカート等でも大丈夫でしょうか。

 車体への取り付け。モーターは横置きになっていますが、搭載車両が箱型なら縦置きのほうがシンプルになるでしょう。
 やや気がかりなのは、アクチュエータのストロークの関係でオーバーハングが短く出来ないこと。ここは改良の余地があるのかもしれません。
 それでも、このサイズに収められたデカップラは魅力的です。PowerFunction動力機なら、通常使わないサブチャンネルに小型モータ加えるだけなので、コスト的にも現実的?

 使用部品の一覧。飽くまで一例でしょうから必然性があるのは「アクチュエータ」と「旧タイプ(〜2006)の連結器」だけでしょうか?

 デカップラには地上設置という思想もあります。これは車両を選びません。
 一方、車上搭載……特定の機関車に搭載だとインフラを整える必要がないメリットはあります。その意味でも手軽なのは車上搭載の方かもしれません。貨車の入れ替えの他、電車同士の解結や、補助機関車(EF67やEF63 etc)の解放にも使えるかもしれませんし。

 で、早速テストしてみたいところですが、この記事書くために手許にあったはずの92693c01探しまわるも見つからず……。買い直します。
 
posted by 関山 at 23:58| Comment(4) | TrackBack(0) | ヒント・アイディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。