何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2014年01月29日

【作品紹介】Mugen様のVW各種(その2)。Type2大集合。Type3も!

 前回記事こちら「動力入りとかイージービルド。カルマンギア。 」


  

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=538737
 Mugen氏のType2(ワーゲンバス)は、あらゆる表現全部入り! の究極的モデルなわけですが、それが一気に3台増備されてきました。

 まずは移動カフェ仕様の「青」。移動販売車というのは今のTYPE2の一番よくある使い方かもしれません(少なくとも日本では)。

 注目されるべきは先ずインテリア。コーヒーメーカーに、二段になってて下にクッキー並んだカウンター。実車でもドア開けたところをカウンターに使っているのを見たことがあります。小さな車内にいっぱいの楽しさは移動販売車ならでは。
 あと、中ドアがドア部品ではなく、汎用のクリップ付きプレートとタイルで構成されているのも印象的です。これで高さ2のドア部品がなくてもカラバリ展開できるわけですね。


  

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=538738
 「緑」はパネルバン仕様。地味な題材に見えて、これはこれで素敵なモデルです。
 「青」と同じく、ドアをヒンジとタイルで構成したためにツートンカラーのドアが実現しています。窓なし車体のバランス感も好ましい。窓なしだからこそ、車体造形の良さ、ラインの綺麗さが際立ってると云って良いのかも。
 はたらくクルマ、として街に色違いが何台か欲しいです。
 あと、運転手のオーバーオールと帽子が車の色にあわせてあるのが実にお洒落! 帽子もレトロ感あってこの車にはしっくり来ますよね。


  

 「黄」はデラックス仕様天窓付きのサーファーバン。ナンバープレートもカリフォルニアっぽいチョイス。
 元の「赤」同様にフィグ3人乗りであるのも特徴です。

 なお、前照灯の位置は「青・緑」と「黄・赤」で半ポッチ異なります。個人的には前者の方が好きなのですが、カーブスロープも含めたスマートさでは後者にも分があります。ここはちょっと決めかねる要素かもしれません。


  

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=538742
 そして、Type3。実車についてはこちら。

 ビートルの後継車として1961-1973年に製造・併売されたもの。時代に合わせた見た目となったものの、空冷でリアエンジンは共通で、ちょっと不思議な印象がします。
 先ず、この題材を持ってきたことが吃驚。それも緑色という未だ難度の高い色で。

 下手すると普通の車に見えてしまう形ですので、type3らしく見せるデザインが大事。フロント下半の逆テーパと、ブラケットを上手く生かした新灰色のライン……実車で言えばモールの部分が実にそれっぽい。また、後部フェンダー上の吸気口がリアエンジンであることを主張していましょう。実車の不思議な感じがよく顕れているんじゃないでしょうか。ホイールの選択もベストな感じ。8スポークタイプって半端に古い感じがだせるのですね。

 後部も見所。ポチスロを通常とは逆向けに、外に広がる感じで使うことで実車のテールフィン上に張り出したテールライトの表現にしています。Type3のおしりらしく見せると同時に、1950-60年代の車表現に使えそうな手法でもありましょう。


 今回のMugen氏の作品群、4幅車の可能性を更に高めたといってよいでしょう。
 いや、他のコンテスト参加諸作も同じく。

 その意味で大変に意義のある、VWテーマのビルコンだったと思うのです。
posted by 関山 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【レゴ製品:トレイン】2014年夏製品の詳細現物動画。ガラリと好転する印象。

 dorayaki様、ご教示ありがとうございました。
 おそらくはロンドンのトイフェアでの撮影と思われます。
ドイツ ニュルンベルクトイメッセでの撮影かも知れません。


http://youtu.be/Q-FpN-Zxido

 必見。まず解像度が高いです。
 また、箱写真だけではなく「現物」が展示されていたのにも注目。

◆◇◆◇◆◇◆

 現物見ると、#60051(高速列車)はそんなに悪くないって感じに見えてきました。
 ……まぁ、見慣れてきたのもありますけど(苦笑)。

 件の前頭部部品のクオリティが思っていたよりも高そうなんです。で、電車として違和感を感じるとしたら、流線型の裾部分の処理かも(普通は裾が丸まるんじゃなくて、排障器などで裾広がりの形になります)。でも、ここはユーザレベルで改修できそう。

 何よりそのままで、日本形の特急電車に見えなくもないような……。
 ですので、日本でも意外と人気作として売れる可能性はありますかも。#7938はやっぱりドイツの電車でしたし、#7938のメリットであった「組換」が訴求する層って悲しいかな少数派なのでしょう。

◆◇◆◇◆◇◆

 #60052(貨物列車)。予想以上に凄い。
 先ず、ディーゼル機関車は普通にかっこいい。アメリカ形苦手でも、これはあり?
 何よりサイズが手頃なのでマッチョ感が抑えられており、「アメリカ以外で使われてる、アメリカ由来の輸入機」に見立てることも出来る雰囲気と。
(それこそ、釧路臨港鉄道のDE601のような感じ。或いは台湾鉄道管理局のR100系とか)
 キャブ側ではなく、エンジン側を前に走らせても様になりそうです。
 前部のゼブラ模様は復活しています。恐らくシールでしょうから好みにあわせてといったところでしょうか。

 貨車はコンテナ車の出来がCityにしては精細。機関車と同じく28ポッチ長の青トレインプレート。
 フラットカーはちょっと手抜きかも。でも巨大リールの積荷は面白いです。往年のX-PODのフタ部分が再利用されるとは思いませんでした。
 牛は一頭だけなのがやや残念。
 あと、ガントリークレーンと貨物駅は、まるで1980−90年代の単品貨物駅水準! クレーンは4.5Vレール上を前後にも移動する本格的なもの。間違ってもこれまでのようなおまけレベルじゃありません。これで貨車がちょっと手抜き?な分を完全にカヴァーしていましょう。

 組換は……無理そうですね。機関車のフロントウインドウ(やはり新部品)が2つはいってりゃなんとかなりそうですが、一つじゃなんとも厳しい。
 それでも、この「良作」を2セット買って、貨物列車を重連にして、貨車いっぱい牽かせて、貨物駅も大拡張……って夢も広がります。
 
◆◇◆◇◆◇◆

 #60050(駅)は装飾的アングル柱の雰囲気が意外と良い感じ。
 また、セット構成がそこそこ細かそうなので、それこそ組換で遊べるかもしれません。線路跨ぐ大屋根の部品もいろいろ使えそうですし。
 通常の売店のほか、待合室にレゴ展示(レゴショップ?)があるのも面白いです。

◆◇◆◇◆◇◆

 現物含む詳細画像を見ると、どの製品も「第一印象を撤回したいほど」に出来は良い、と。
 自分は#60052は絶対購入として、#60051も良かった探し+改修実験用で購入するつもりです(最悪、PF機器で半分は取り返せますし)。
 駅はこれまで見送って来ましたが、#60050なら1セットは欲しいですね。

 クリエイターの#31026「カフェと自転車屋」もあわせて、「夏よ、はよ来い♪」と。
 2014年も、トレイン+街にとってはやっぱり良い年になりそうです。
 新作で、新規ユーザが増えてくれれば言うことありません。 
 (……強敵、ナノゲージはありますけれども。)
 
posted by 関山 at 13:51| Comment(11) | TrackBack(0) | レゴ製品:トレイン関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。