何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2014年01月28日

【レゴ製品:トレイン】#60051と#60052他の画像、Flickrに上がっています

 情報源はEurobricksの「Trains in Summer 2014?」スレッドのこちらの書き込みより。

 画像がリンク先から消えてる場合はご容赦ください。


 #60050(駅)
http://m.flickr.com/#/photos/102607428@N08/12141691215/sizes/o/
 建物の大きさが、先代より大きくなったのは好感の持てるところでしょう。跨線橋はない代わりに、列車にも掛かる大きさの屋根があります。ミニフィグ5体入りは最近の製品としては頑張ってる感があります。
 売店の造作はちょっと精細かも?
 モダンな駅として、それほど悪い感じはしません。少なくとも跨線橋メインの先代よりは好みです。


 #60051(高速列車)
http://m.flickr.com/#/photos/102607428@N08/12154694885/sizes/o/
 何を況やの一体成型。ただ、3両編成の状態をみると第一印象よりはマシな感じは受けます。先代が神すぎたがゆえに損してる? 組み換えとか考えなければ悪くないセット?

 2×2パネルの窓とか、窓まわりの灰色処理は意外と精細感がありますかね。
 駅はおまけ。いや簡易昇降場レベルかも(笑)。踏切は良い感じなのですが、高速列車には似合わないかもしれません(え、秋田新幹線?)。
 レールは円周の他、直線4本です。不人気なフレキシは排除されてます。


 #60052(貨物列車)
http://m.flickr.com/#/photos/102607428@N08/12164322465/sizes/o/
 初出画像と違い、機関車前部のゼブラマークが無くなってます。こっちのほうが良い感じ。
 アメリカンなディーゼル機関車のプロポーションも悪くありません。カラーリングもスマート。
 貨車はコンテナ車×2+無蓋車(家畜用の柵付き)に見えます。乗ってるのは牛か?

 ガントリークレーンは結構立派な感じがします。操作室がちゃんとした建物の模様。「貨物駅」といえる規模でしょうか。フォークリフトとトラック付属。今までどおり、積み替えとかで遊べるセットです。有蓋車がないのはボリューム感的に残念ですけども。あと、セット内組換はキツそうですね。
 例によって、ポイントは左右1基づつ。
 

 #31026(クリエイター。カフェと自転車屋)
http://m.flickr.com/#/photos/102607428@N08/12145464153/sizes/o/
 開閉式の12×12サイズの商店が2棟入り。モジュールビルほどの精細感はありませんが……。

 しかし、モジュールが余りに「高価で・大規模で・組立も時間がかかる」のも事実。クリエイター派生で、このクラスの「タイニー・モジュール」が生まれたことは大いに歓迎したいもの。

 で、変な喩えですが、拙作の#31012のモジュールビルサイズ組換作とコンセプトが同じでちょっと嬉しくなりました。
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=530983

 このセットもサブインスト、そして箱内組換が大いに盛り上がりそうです。
 小さな町なセットは意外と版権系とかでありましたけど(ハリポタ・POC・ローンレンジャーetc)、なによりクリエイターって安心感は大きいものです。
 

posted by 関山 at 23:59| Comment(6) | TrackBack(0) | レゴ製品:トレイン関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【作品紹介】taizoon様の4.5V/12VのPF版。新作ぞくそく(1)

 古の灰レール、1980−1991年のレゴトレインというか「レゴ汽車シリーズ」への憧憬は未だ治まらず! taizoon様のもう一つの方向性が、灰レール時代のモデルのPowerFunction動力バージョンです。
 待望の未発表作が、沢山brickshelfに上がって来ました。
 
 なお、以前の記事はこちら。
【作品紹介】taizoon様の、PF化された4.5V作品(その1)
 #7710及び、#7715のPF版を紹介。

【作品紹介】taizoon様の、PF化された4.5V作品(その2)
 #7722のセカンドモデルのディーゼル機関車を紹介。

【作品紹介】taizoon様の#7750 PowerFunctionバージョン!
 #7750(12Vの孤高作!)のPF版。今の入手しやすい部品で。

 今回は、上記とかぶらぬように紹介します。
 画像はbrickshelf(taizoon氏) より。また、元セット画像はbricklinkより。



 #7727は1983年の12Vの貨物列車セットです。1980年モデル(#7730)よりもちょっとリアル・繊細になった蒸気機関車が特徴。
 そのPowerFunction化というか、ちょっと4.5V風アレンジも含まれていましょう。バッテリーカー(PF用)必須ですが、これは気になる要素ではありません。
 小さな機関車ではありますが、1980年代のムードとプロポーションを保ったままでPFモーターと受光ユニットが仕込まれています。
 足回りはBBBミドル使用のため、ホイルベースが若干伸び、車高が少し(2プレート?)上がっていますが、これも違和感なし。寧ろ、今の目で見ると12Vの元セットの方が足回りが小さくアンバランスな印象もありますかも……? それほどBBBミドルは世界を変えてしまいましたね。




 #7730は1980年の12V貨物列車セットです。煙室扉ハンドルに車用ハンドルを使った処理は大胆というかなんというか……その意味で、今見ると賛否別れるデザイン。
 でも、このPF化モデルでは「好意的解釈」をもってきました。これなら煙室扉ハンドルに見えます。煙室扉下の妙な出っ張りも味というか個性に思えてきますよね。PF化と同時に、大幅に美形化もされたと。

 他も違和感は少ないです。オリジナルの動輪径はレゴ標準……BBBならミニと同じなのですが、敢えてミドルサイズにして機関車らしさを強調する方向性ですね。
 ただ、モデルによってはホイルベースを詰めるのもありかもしれません。ロッドは魔改造部品(長さ9のリフトアームをハーフハイト化)ですが、これならいっそBBBミドルフランジレスの裏側を削ってみるのは如何でしょうか……? 野蛮な、参考。



 #7722は、1985年の4.5V貨物列車セット。日本でも1990年ころまで売られていたそうですから馴染みのある方も少なくないでしょう。良い意味で特徴のない造形ですが、手押しの#7715とは差別化が図られていました。#7715がやや優美なら、#7722は力強い感じがあります。まぁボイラー中心高が#7722の方が高いだけなんですけど。(日本形蒸気で例えるなら8620と9600の差異かしらん?)

 さて、4.5Vの蒸機セットや、手押しの4.5V化で一つ残念なところは、4.5V動力は動軸二軸の「B形」になってしまうということ。動軸三軸(中間ダミー)の12Vに比べて見劣りしてしまう点です。
 PF版では、その辺は理想化されています。妥協のない、あるべき#7722になっていると。若干近代的なプロトタイプとおもわれる#7722にBBBミドルが似合ってるのは云うまでもありません。

 また、#7722は何故かコールバンカーがないので、敢えてタンク機ではなく小型テンダ機と解釈されてきたのも面白いアレンジ。元が4.5Vなのに、バッテリーカー牽いてない?のは面白いですね。




 #7735は1980年発売の12V貨物列車セット。斜めボンネットのディーゼル機関車。

 オリジナルはC形ロッド式ですが、これをB-Aの三軸機にアレンジしてきました。
 オリジナルの詰まった感じの足回り。
 アレンジ版の、悠然とした足回り。どっちも捨てがたいのですね。
 余談ですが、B-Aの三軸機は日本でも数例あります(東レの三島にいたのが有名?)。
 上まわりでは、排気筒の追加が好ましいアレンジ。一気に引き締まります。

 バッテリーカーは赤黄ツートンの郵便車。よく見るとドアが灰色で車輪は9V(RC?)仕様と、今の部品で作られているのが分かるのですが、でも灰レール時代の雰囲気たっぷり。シール自作できるなら「誰でも、今の部品で作れる灰レール的車両」と云えましょうね。さり気なく、名作?

 

 こちらは灰レール時代風の、オリジナルモデル。表現とか部品とかは1985年系(#7715の亜流)って感じがします(煙室扉とか、キャブ窓とか)。
 ちなみにシールの#7277は欠番ですが(笑)、9Vでる前の空白期……1988年くらいにこんな12Vモデルがリリースされていそうにみえます(笑)。BBBミドルやめて、炭水車の台車が12Vトレインモーターなら4月1日に「幻の製品発掘」とか云って使えるんじゃないでしょうか? 

 とか言えるほどにあの時代(1985−88年ころ)に有りそうなデザインに徹しているのも凄い。リアルなドイツ型小型テンダ機作っちゃいけないんですよね。飽くまで、1980年代後半のレゴ汽車を作らねばならない命題があり、それがクリアされちゃってると。センスと、抑制が要りますよ!

 あと、小さな機関車でもデフレクタがついてるといっちょまえに見えます。ですから、索くのは客車、それもボギー車が似合いそうです(ドイツなら三軸客車もありかも?)。

<続く>
 
posted by 関山 at 21:05| Comment(3) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【価格情報】あんまりいい話はないですけど……

 トレイン系はみんな品切れだわ、#31012 ファミリーホームはなかなかamazon.co.jp扱い戻らないわ。モジュール系は概ね高くなってしまったわ……。

 ……そんな状況下のお買い得品です。

 絶版品「#10233 Kingdoms Joust」がマケプレでは未だ13680円(送料込)です。現役時の価格で11000円程度でしたので未だそれほど高くはなっていません。今がラストチャンスか?
 それにしても「ブラックファルコンの復活」はこのセットだけに終わってしまいましたねぇ。
 この渋い雰囲気のお城シリーズもこれ限り……。派手な原色路線の2013年Castleってやっぱり間違ってたんだんだなぁ……って思わされたり。だから次は渋めの来るんじゃないかと思うのですがさて?


 渋目のお城シリーズ……といってもよさそうな、終わりそうで終わらないLotR/Hobbitですが、今度の2月7日発売品が28%offに揃いました。値引き率が変なことになっていて予約を見送っていた方もチャンスです。発売日までに33%offになれば……いいですよね。
 

 絶版確実な2013年ウエスタン……ローンレンジャーはトレインチェイス以外は安めです。
 騎兵隊は今のうちに買いだめしておいたほうが良いかも? 36%off 1342円。
 駅馬車も44%offの処分価格?です。3790円。
 コマンチ族も38%off 2270円。
 コルビーシティは40%off 5059円。まぁこのセットは5000円程度が適価って感じはありましたが。

 それにしても、前回のウエスタン(1999−2000年)よりも短命のシリーズに終わってしまうとは思いませんでした。版権物の宿命といえばそれまでですけど。
 余談ですが、短命な版権物だったパイレーツ・オブ・カリビアンも帆船2種だけでも再販したら売れそうな気がします(苦笑)。いや、それなら普通に版権じゃない海賊をやってくれたほうがいいのかしら? 2015年こそ南海再復活……? ならいいですよねぇ。

 更に蛇足ですが海賊モノ始まると大砲部品は世界的に品薄になります(POCの頃酷かった……)。南海ファンの方は、大砲部品だけローンレンジャーで出回ってるうちに或る程度買いだめ(bricklink他。或いは#79106買いだめ?)しておくことお薦めします(勿論、カンブリ可能です)。
 
posted by 関山 at 18:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 価格情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。