何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2014年01月25日

【作品紹介】自由形は模型の原点! レモン鉄道のL100形(Ryokuchakuma様)

 なかなか流行らない遊びではあるのですが、「説得力のある自由形」で模型鉄道の世界を構築するっていうのは、車両のデザイン、そして鉄道そのもののデザインでもあります。究極の鉄道趣味と云えましょう。

 Ryokuchakunma氏の「レモン鉄道」は、その流れの一つ。
 元から氏には、「入線式」などの演出写真を上げて居られ、鉄道経営的な楽しみを志向されている感がありました。

 今回は設定から何度かに分けて、記事にされています。
「レゴ 路面電車復活物語 はじまり (1/12)」
  ここでストーリーの前提、設定が。

「レゴ 路面電車復活物語 復活への光 (1/13)」
 会社の設定・計画が揚げられています。ここで「レモン鉄道」の名が出てきます。
 そして車両のデザイン図も。

「(架空鉄道) レモン鉄道新型車両搬入 」
 ついに新車の搬入。トレーラによる輸送。搬入風景演出がいつもより、更に丁寧に紹介されています。
 また、軌道の緑化が行われている様子も分かります。

 そしていよいよ新車紹介記事「レゴトレイン フリーランス レモン鉄道L100形 」へ。

 ベースは新潟トランシスの所謂「ブレーメン形」。北陸の私鉄事業者では既に標準になっているタイプ。レディメイドのアレンジは自由形の手堅い基本。
 色はメタリック系? レモンをイメージした黄色と緑のラインが効果的です。社名は鉄道会社としては大胆な部類ですが、地域再興新規会社としては十分にリアルティあるものでしょう。
(シンプルな社名・デザインは好ましいものです。下手にゴテゴテ付けるよりは……)
 
 動力はPF。足回りはRyokuchakuma氏作品としては初めて?完全に覆いが付きましたが、低床電車には欠かせない要素ですね。技術的難関を一つ突破?
 
 さて、注目すべきは貫通幌。拙作やMUGEN氏作品と同じ片側固定の円筒幌なのですが、外幌(1×8タイル)をつけることで、より隙間を小さくしています。この種の電車には外幌ありますので、その意味でもリアルです。ただ、現状荒削りな印象もありますので、灰色を揃えたり、上下位置を揃えたりで印象も更に良くなっていくことでしょう。

 もう一つ注目はインテリア。コンセプトに忠実なレモン色のシートに手すり。こうしたこだわりって大事なんですよね。また、窓の大きい電車ですからインテリアもまたエクステリアの一部になりましょうし。
 前後方向の掴み棒は精細感を出している要素です。構造的には屋根の支持材にもなっているのでしょうか?

 
 レモン鉄道と、L-100形に幸ありますように。

 また、自由形車両の展開も楽しみにしております。鉄道線タイプ車両とか(普通の電車のほか、非電化区間も引き受けたら気動車もありですよね?)、旧型車の更新車とか、或いは別パターン塗装とか……。いろいろ考えられそうです。
 
posted by 関山 at 23:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ダイヤ・ナノ等】ナノゲージ 商品画像精細版。あと価格も。

 画像検索したら、既に予約受け付けてるサイトがいくつか見つかります(楽天系など。amazon.co.jpは未だ)。当然ながら詳細な画像と、価格情報が得られました。
 「ナノゲージ ベーシックフルセット nGS-001」

 価格は定価ベースで13440円(上記リンク先では11088円です)
 この価格は尋常のNゲージの基本セットと同レンジです。

 電車の出来、認めたくないけど一体成型な#60051よりも遥かにICE的!
 
 対象年齢は12歳以上と若干高めです。レール集電という地点で高めと思ってましたが(普通のNゲージ鉄道模型は8歳以上)、想像以上に大人のホビーニーズに特化してきました。
 対象年齢6歳以上のPowerFunctionレゴトレインとは、その意味でも住み分けしてると考えれば良いのでしょうが……。複雑な気分です。
 
 もう一つ全部入りセット。
 「ナノゲージ ベーシックフルセット E5系新幹線 はやぶさ nGS-002 」
 こちらは若干高めで14175円(上記リンク先は11138円)。
 
 あとは単品車両6種(923、N700、0系、E6系、E231山手線、蒸気機関車テンダー式)。情景・駅ホーム。レールセット(オーバルのみ)。モーターユニット。台車ユニット。……という展開です。
(ビルンドなら、男児向けアクションテーマ新規なみの気合の入れ方じゃないでしょうか?)

 単品車両を代表して、「トレインコレクション 0系新幹線 nGT_001」
 2730円(上記リンク先1924円+送料)

 単品車両新幹線0系。安いのは飽くまでディスプレイモデルで動力は勿論、車輪なども含まれていないため。でも、これまでのナノブロック世界観にはこのままで溶け込めそうな雰囲気。走行とか考えていない層も広くターゲットにしているのが窺えましょう。
 なにより、動力なしディスプレイモデルからのアップグレード前提という思想も興味深い(Bトレや鉄コレからのコンセプト移入でもありますけれど)。

 車体形状は……ナノブロックの世界観の中では十二分なもの。
 でも、この表現をレゴトレイン6幅でそのまま行うとちょっと無理があるかもしれません。
 やはり、コンセプト的に「別物」と考えるべきなのでしょうし、そこに我々の生き残りの術があるのかも。

 もう一つ「蒸気機関車 テンダー式 nGT_006」
 2730円(上記リンク先1924円+送料)

 「鉄おも」の記事ではC62を名乗っていた気がするのですが……。蒸機はダミーなのは当然として、どうやって走行台車を組み込むのか興味深いところです。まさか炭水車も一体ってことはないと思いたいのですが。

 そうした懸念を抜きにすれば、納得の出来る形状はあります。


 アップグレードというビルンドが放棄して久しい思想を体現する、「ナノゲージ用 モーターユニット nGEX_002」

 3360円(上記リンク先では2772円)
 なんというか、「動力ユニットの価格」ですね(安!)。まぁNの量産品ベースっていう強みはありそうですけど……。連結器は通常のアーノルドカプラーであることも分かります。

 他の一覧はこちら参照ください(楽天:トイキングダム)。
http://item.rakuten.co.jp/o-kawaya/c/0000001599/
 台車ユニットは1260円(上記リンク先1039円+送料)です。

 1編成の動力化には実売ベースで「2772円+1039円+1039円=4850円」のコストが掛かります。但し使い回しは前提なのでしょう。

 レールセットはオーバルのみで、今のところポイントは考慮されていません。
(ポイント出せなかったことで日本形Zゲージ規格の一つ、Pro-zが大ゴケしたのは記憶にあたらしいのですが、この場合は通常のNゲージ用が使えそうですので致命傷にはなりますまい)

 以上、ナノゲージは想像以上に、「戦略」を感じる展開なのでした。
 どのように展開し、どのように受け入れられていくのか興味は尽きません。
 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。