何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2014年01月13日

【鉄道作品[日本形]】JR西日本221系電車 試作品


 先日発表した2014年「俺的」ロードマップから漏れてますが(笑)、サプライズ狙いじゃありません。
 単に書き忘れてただけ。設計(メモ書き・落書きとも)は去年秋には終えておりました。
 歴代「急電」(新快速)を全てレゴ化というプロジェクト?の一環という感じですね。
(さて、残るは223系とモハ52原型、モハ43半流線型くらいでしょうか……?)
 
 デザインのポイントは、前面下部の流線型を折妻形と解釈したこと。スマートに、丸みを強調。まぁその代償として逆テーパは省略ですが。共存させるとエライことになりそう。

 あと、前面窓の中に貫通扉(非常口)の表現を行いました。意外と目立つので必要な部分です。

 スカートは相対的に車体幅を広く見せることを狙って、意図的に4幅に。


 側面はドア部分は2×3パネルを横向きに使って表現のつもり。無論、カフェコーナのおかげでやたら高価な旧タイプ補強なしではなく、新型補強付きの方で制作しますが。
 戸袋窓はそこそこストックのあるトレイン窓ハーフでちょっとリッチに。

 茶・青・ベージュの三色帯は茶色を省略。これはmazta-k氏のアドバイスです。青の要素は意外と強いんですよね。


 無論、他の国鉄型車両にあわせての全長32ポッチでの製作です。
 意外と何とかなりそうな感じなので、年内制作(4両編成)を目標にしたいと。でもその前に作りたいあれこれが積み上がっておりますが。どうなりますやら。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(6) | TrackBack(0) | 鉄道作品(日本形) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【自動車作品】ちょっと変なビートル? タトラ97


 ワーゲンビルコン用の、非常に弄れてて、かつレギュレーション上どうなの? って感じの1台。(ポルシェがOKなら、タトラもOK……ですよね?)
 でも、ずっと前から作りたいネタでした。T603を作った頃から。
 前にも記してますけどリアスカート(リアスパッド)付いた車は大好きなので、その意味では注目していた題材でした。

 実物についてはこちら。wikipediaはタトラの製造した乗用車についてかなり詳しい!
 1936年に試作。1938−1939年に少数が製造。製造中止は戦争とチェコのナチスドイツへの併合が原因。

 以上、wikipediaより。

 形状面では「4ドア」で、「リアスカート付」、後ろには大きな「方向安定板」と。流線型という意味ではビートルより徹底しています。また、サイドステップがないのは、より近代的と。
 中身もビートルと同じ、空冷で水平対向リアエンジン。
 ……とはいえ、この辺りは当時の最新鋭を取り入れた結果の類似ではありましょう。


 モデルに戻って。
 色は当時どんなものが製造されたのか想像もつかないのですが(普通に考えれば「黒」?)、wikipediaなどにあるクリムゾンのモデルが気に入ったので、赤にしています。裾に濃赤いれてそれらしく。

 勿論、後部座席ありで2人らくらく乗れます。明らかに国民車ビートルよりは車格がひとつ上の車でしょうね。
 肝心のリアエンジンとフード開閉表現は見送りました。さんざん悩んだのですが、背びれがあると後部の開閉がほぼ不可能になってしまいますので。
 あと、前部ドアは前後逆のスーサイドドアですが(ここは古臭い)、フィグの腕が当たるので通常ドアにしてしまいました。

 ビートルとの比較。微妙に差別化を入れています。フロントウインドウはT97の方が寝てる印象あるので、普通の4プレート高キャノピーにしてみました。

 徹底した、理想的な流線型フォルムが心地よい……。
 後部視界ゼロのデザインはこの時代だからなんでしょうね。タトラも戦後の603とかでは常識的な?リアウインドウを持っていますし。

 この車、一般的とは言いがたい乗用車ですから現代の街のシーンには使いにくい?
 然し、第二次大戦直前のヨーロピアンな情景には使えるかもしれません。あの時代の普通の車のほうが、馴染みにくい形状してますからね。タトラの、そしてビートルの先進性がありがたい感じです。
 
posted by 関山 at 18:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 自動車作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。