何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2013年12月26日

【作品紹介】ひだか式モノレール、RCX無しでのシーサスクロッシング実現へ。


 久々の「ひだか式(跨座式)モノレールの話題です。シーサスクロッシング(ダブルクロス)の大幅な改修。初代マインドストーム(RCX)から、PowerFunctionへのリプレイス。

 RCX版の記事はこちら。

 先ず、RCXでやってたことが「PowerFunctionリモコン・受光ユニット1式」+モータ2台で代用できるなんて吃驚。
 大幅なコストダウン?にもなっていましょうし、電気的にもシンプルになっています。――以前のRCX仕様ではタッチセンサーも数カ所使われていました。
 ただ「自動保安機能」は維持されていないようです。モノレールのポイントは逆線進入許容しませんから(即脱線)変なポジションになってはいけないのですが、ここは飽くまでユーザの責任操作ですね。

 但し、わかりやすいシステムになったのも一つの保安対策と云えましょう。

 操作系は極めてシンプル。
 緑のレバーで緑のレール(左下と右上)が動き、赤いレバーで赤いレールが動く(左上と右下)。両方を同時に動かすこともできます。
 なお、クラッチギアも入っていますので、モーター回し過ぎで破壊する心配もありません。

 ラックとピニオン。機械的な部分もまた、美しいのです。

 モータ1台で、レール2箇所を動かす仕組み。それが二組です。
 
posted by 関山 at 23:41| Comment(4) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【レゴ製品】MIXELへの興味、21世紀の「アオシマ系合体+ロボダッチ」?/レゴムービーの組換モデル


 2014年ドイツ版カタログ29ページより。
 
 このシリーズ、複数モデルの合体組み換えを意識した構成なのですね。
 以前もRacers(Tiny Torbo)で合体組換有りましたが、あの頃の「カッコ悪さ」(まともな車にならない!)に比べて凄い進化。合体モデルに説得力というか、魅力があります。
 シリーズのデザインラインそのものもクリエイター的ですし、ユーザに積極的に組み替えさせるってレゴ元来の魅力を引き出すコンセプトは望ましいもの。

 なお、MIXELはポリバック(Friendsのポリバックと同仕様。無論中身の分かるもの)で販売される模様。
 低価格の、お小遣いで気軽に買える路線は大事だと思います。3.99ユーロ……日本では実売400円くらいで頑張って欲しいものですが。いや、そもそも日本での扱いが分かりませんけれども。

 でも、個人的には「アオシマ系合体プラモ」「ロボダッチ」的な感じは受けますよ。プラモ城下町な静岡だったら、あの手の安いプラモは文具屋や駄菓子屋で売ってんですよね(笑)。
 そんなわけで、日本でも出せば売れそうな感じがします。高かったり流通が限定されちゃったりしたらダメですけども。




 同じくドイツ版カタログ58・59ページより

 レゴムービーの各セット、各モデルは「組み換え」意識したものであり、ゴミ収集車やアイスクリーム販売車、城砦に組み換え出来る仕様。
(他で触れられているようなので旧聞です。申し訳ない。あと指摘して下さったMugen氏に感謝)
 これも「レゴならでは」の製品構成と云え、企画として凄く真っ当な感じ。

 各モデル、組み換え状態だとCityやCastleと親和性あるのも好ましいです(Cityでアイスクリーム販売車なんて凄く嬉しい題材じゃないですか!)。往年のアイディアブック的な遊び方の提案行ってるとも云えましょう。

 レゴムービー、ファーストインプレッションでは批判気味に紹介してしまいました。
 ですが、今は映画も製品も楽しみになってきました。どちらもヒットしてほしいものです。

 最後に蛇足。「おしごと大王」は英語だと「ロードオブビジネス」、ドイツ版だと「プレジデント・ビジネス」……そのまんまですね。
 
posted by 関山 at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする