何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2013年12月23日

【鉄道作品[日本形]】三重交通4400形(三岐200形)、3車体化の課題と解决


 2車体が出来た地点であとは楽勝……とか思ってた三重交通4400形(三岐200形)連接車――以下、三岐200形――ですが、やはり連接車は連接車。思ったよりも、調整に手間取ってしまいました。
 また、レゴの公式ナローカーブ(トロッコレール)の急曲線も想像以上にシビアなものだったのです。

 最初に出来た、3両編成。
 中間車(実質2軸車)に動力を入れ、前後に1軸の付随車をぶら下げたような作りです。

 まず、ただの円周ならどちらの方向にもなんとか走るのですが、S字が入ると「片方向」にしか安定して走りません。で、一度つまずくとあのシンプルにして虚弱な動力装置は過入力があると自力分解しやがります(笑)。いや、順当に走ってる時は何故か壊れたりはしないのですけども。

 原因は1軸車の不安定さにありました。
 車輪(車軸)とレールの当たる角度が大きすぎて走行抵抗になっているようなのです。また、重量面でも前後のバランスが悪く、それも不安定を引き起こします。

 極めつけは件の「ポイント」。
 ぶら下がりの1軸付随車は躓くわ異線侵入するわ……まず、まともに通過できませんでした。分岐側は勿論直進側さえも。最初200形はポイント禁止にしようかと思ったくらい。

 で、そんな問題娘、三岐200形の足回りを大幅に見なおすことになった次第と。

 まず、動力車の位置を中間車から片方の先頭車に。連接車の常で先頭車の方が全長はあるのでこれは余裕で。ついでに受光ユニットまで搭載し、完全に単体で成立する動力車にしてしまいました。連接車であってもケーブルのまたがりは取扱い上面倒なのです。

 反対側の先頭車は普通に2軸車に。
 中間車は「ぶら下がる」作りに。

 要は低床路面電車の定番形状な「駕篭かき式」。拙作的にも広電5000(グリーンムーバー)で実績のある方式です。何よりこのスタイルは、両端の車両が常識的な2軸車なので走行安定性は抜群。

 この改修でPF機器は1両に集中したため、客室に2両分を充てられます。
 また、結果的に中間車の床下機器がなくなり、実物通り?になりました。軽便・通常軌間ともに昔の付随車(サハ)って床下ガラガラでしたものね。
 
 改修後は件のナローカーブ超急曲線も、そのS字カーブも、また手製ポイントも難なくクリア。
 動力車を後ろにした「逆走」であっても落ち着いているのは本当に有難い限り。

 連結部分。連接車ですが、連接台車を各両端車に固定してしまった作り。

 左は「動力車−中間車」。右は「中間車−先頭車」。
 動力車と中間車の連結はどうしても2関節にしないとカーブを曲がりきれません。しかし、2関節そのままではふらつき・座屈が絶対に発生します。それを防ぐのがモータ裏につけた「振れ止め(逆スロ45度×2)」。振れ止めが中間車体内で踏ん張ることで、2関節でも座屈が起こりません。
 

 そんなわけで技術的問題は全てクリア。これで注文中のパーツが届いてくれれば、「完成」できる見通し。
 日本形ナローゲージの世界も始まる……かしら?(やや弱気)。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 鉄道作品ナローゲージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【作品紹介】mazta-k様のドイツ鉄道440形電車(コラディアコンチネンタル)

 お披露目は先日(11月2-3日)の立命館大学学祭でしたが、詳細写真が出てきましたので紹介します。
 思えば、日本形以外の題材って少数派。貴重な作品です。

 先方の記事
「ドイツ研修記3日目(上) München /Coradia Continental (新作・欧州形)」

 実車写真(mazta-k様撮影)

 ドイツ鉄道440形はアルストム社の標準型「コラディア」の1タイプ。

 コラディアはタイプと言うよりはブランド名みたいなもので、高速仕様あるは二階建てあるわ低床仕様あるわ……。納入先も英国・欧州大陸など多肢に渡っています。
 で、ドイツ鉄道の440形は「コラディア・コンチネンタル」の1種ということのようです。

 車両設備としては「近郊型」相当の模様。4−5車体の連接車。台車数の節約でコスト削減を意識しているのでしょうか?
 全体に低床構造なのはホーム(低い)でのバリアフリー狙ったものか。

 1車体1箇所というドア数の少なさは日本とは事情が異なり過ぎます。
 シートが固定クロス(集団見合い?)なのも日本とは違うところ。

 2008年から結構な両数が入っているようです。それにしても、シーメンスのお膝元でフランス企業のアルストムが台頭してるというのは20世紀のまでの欧州鉄道事情を知っていると隔世の感が。
 EUの結び付きであるとか、車両・電機メーカーの合従連衡であるとかいろいろ考えさせられます。

 Mazta-k様の作品。実車は見れば見るほど「レゴと相性がよさそうな」形状・カラーリングなのですね。赤い車体に白の台枠周り。適度な丸み。ひょっとしたら#7938の源流の一つ?

 とはいえ、実物の前面形状はかなり複雑です。直線的構成に落とし込んだのは割り切りとしてありかもしれません。「丸みがほしいなぁ」とは申しましたが、実際に作るのは困難かもしれませんし、無理のある表現になってしまいますかも。
 1プレート段差をつけたライトの配置であったり、密着連結器の表現は面白いところでしょう。

 屋根は#7938の屋根部品がやはりベストマッチです。あのパーツは部品とりに#7938買うと余りがちですから。

 側面は不思議な雰囲気がありますが、これは実車が低床だからですね。窓位置は雰囲気が出ていましょう。真四角な窓も日本から見ると不思議な感じ。

 動力系は、PowerFunctionで電動台車を頑張って連接部に収めています。前後車両の非連接の台車を避けたのは美観上? 

 インテリアも簡素ながら再現あり。1等室は「テクニックシート」使ってハイバックや肘掛け表現にしているのが興味深いところです。
 ミニフィグは座れませんが……でも、見た目は優れています。ひょっとしたらFriendsのミニドールなら座れますかも?
 
 ともあれ、欧州系の「現在の」かつ「身近な近郊型」が、yonenaga氏の#7938MODなSバーンに続いて実現したのは喜ばしいこと。
 洋の東西を問わず、通勤形や近郊型の存在って、シーン全体をぐっと引き締めますものね。

 最近の欧州のメーカー標準車のデザインは「シンプルにして、複雑」ゆえ作りにくいのは事実ではありますが、このジャンルも盛り上がってほしいものです。
 
posted by 関山 at 21:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。