何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2013年12月21日

【作品紹介】Mugen様の福井鉄道F1000形。定石に見えて、革新的。


  


 その他の画像(brickshelf)

 mugen様のご地元、福井鉄道の新造車両F1000形。ryokuchakuma氏に次ぐレゴでのモデル化です。
 実は夏のJAM合わせで用意されたものでしたが、足回りの不調で運転は見送られたのでした。4ヶ月ぶりの再起、そして正式発表となります。

 実物は新潟トランシス製……その大元はドイツのアドトランス社設計のタイプ。この洋モノ電車も随分普及してきましたね。万葉線・富山ライトレール・富山地鉄と北陸の事業者が好んでいるのも特徴でしょうか(笑。あとは岡山と、元祖の熊本)。
 で、F1000はこのタイプでは初の3車体連接となったのでした。3車体連接でも、1車体1台車という基本は変わりません。
 2013年に1編成新造。増備も予定されてるとのことです。

 市役所前にて。管理人撮影。

 この作品では、動力系は9V。中間車を動力車にしています。
 前後車体は車輪1箇所で、中間車にぶら下がる作り。この種の電車としては管理人の万葉線MLRV1000のモデルがありますが、それをそのまま三車体化した感じです。機械的に前後対称ゆえ、どちら向けの走行であっても安定するのはメリットでしょう。

 勿論、足回りは上手くタイルで隠しています。先頭車の車輪省略が全く気にならないのは云うまでもありません。


  
 前面形状は実物の複雑な各要素を、ほぼ省略なしで。ライト上の黒いつり目?ラインの表現は見事! 難しい部分をよくぞ省略なしで纏められたものです。前面も大型キャノピに頼らず、精細な感じが。前面と側面を仕切るオレンジの斜めラインもよく表現されたものです。
 クリアオレンジのスロープに依るled表示器も雰囲気が出ています。
  
 側面をみると、窓配置の省略がなく、側面ドアが全て開閉可能であるのも目を引きます。路面電車ではドア開閉は情景として様になるため、出来れば省略したくないですものですよね。
 パンタも凝った作り。強度は不安ですけれども。

 さて、この作品で注目しなければならないのは連結部と貫通幌。

 これまでの連接車モデルは連結器(ボールジョイント等)が幌の上に設けられていることが殆ど。しかし、実物ではここにはなにもないわけで、違和感ありえる作りであったわけです。
 そこで、今作では貫通幌の中で連結するという手法を持ってきています。
 中間車側では取り付けアームを側面からの出っ張りで支持というスマートさ。この設計は凄い。

 また、貫通幌そのものも、これまで使われがちだった1/4円筒ブロック(いわゆる1/4マカロニ)ではなく、テクニック軸つなぎを並べたもので、外見も大幅に「幌」らしくなりました。

 低床電車・連接車の貫通幌(もしくは連結ドラム)は、ずっと前の海外作品などでの「ついていれば良い」から「内部の貫通」にいたり、そしてよりリアルな外見・機能へ。

 そこに象徴されるように、この作品はこれまでの低床電車・連接車のノウハウを蓄積しつつ、数々の新表現・新機能を搭載した革新的モデルとも言えそうです。

 実物同様、今後の活躍に期待したいところです。
 
posted by 関山 at 17:13| Comment(3) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする