何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2013年12月15日

【ニュース】意外と良さげ? レゴムービー予告編


 CGなのに、CG臭くないこと(例えばCity等のCM動画よりはCGっぽくない感じ)。
 CGなのに、或る程度は、実際にブロックで組み立てられたストップモーションアニメを意識した作りであること。
 多くのレゴ製品やレゴテーマに対する、レスペクトに溢れているように見えること。

 で、主人公の部屋(gigazineの記事より)。
 真面目にレゴで作られたようにみえます……よね?

 というわけで、予告編観る限り「レゴムービー」予告編は思ったよりも「良さげ」なのでした。

 吹き替えも個人的には違和感無いです。確かに主人公は年齢不詳な感じはありますけれど、そもそもレゴのミニフィグ(古典的ニッコリ顔)って「年齢不詳」ですよね? 子供なのに働いてる? いや、レゴでのごっこ遊びは元来そんなものでしょう。おっさん声よりはいいと思いますが。

 「いつやるの、今でしょ」とか「デジカメ付けて9800円」とか、セリフとかが適度に日本ローカルネタで「意訳」されてるのも良い意味でのレゴジャパン的センスですよ(「わくわくファーム」とか「ホネホネウォーリアーズ」みたいな感じ)。
 そもそも敵ボスが「おしごと大王」ですもの。あの辺のセンスの流入には、やはりレゴジャパンも監修とかいれてるのでしょうかね? つまりはそれなりに「本気」でもある?

 なお、動画見るの面倒な方は、以下にキャプチャーが幾らか載ってます。
 gigazine「レゴ世界での冒険を描く長編映画「LEGO(R) ムービー」日本版の本予告編公開」


 流行るかどうかは宣伝量(つまりはレゴ社・レゴジャパンのヤル気)次第かも。
 ピクサー的な市場を狙わなきゃいけない作品ですから、ちょっと苦しそうな気はしますが……。
 
 でもまぁ、公開されたら観に行きたいですね。鑑賞オフ会はやりたいところです?
 
 おまけ。
http://youtu.be/fZ_JOBCLF-I
 上記予告編の英語版。ところで日本では「字幕版」は上映されるのかしら?

http://youtu.be/6dh4BfVmdfE
 9月公開の「古い」予告編(吹替1:21)。差を楽しみましょう(笑)。
 

posted by 関山 at 20:42| Comment(4) | TrackBack(0) | LEGOニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする