何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2013年12月13日

【鉄道作品[日本形]】ここまで出来た。ナローゲージの連接電車

 前回記事こちら。
◆◇◆◇◆◇◆


 三重交通4400形電車(三岐鉄道200形)のプロジェクト、取り敢えずここまで出来(勢いって大事!)
 合わせて試運転にこぎつけました。


 出来たのは3両中の2両ですが、まぁ3両目は先頭車と同じもの作るだけですから、楽なはず。

 なお、パーツが足りませんので(タンの2×2窓や、タンのポチスロ。どっちも安いんですが……いつでも買えると思うと買い溜めを忘れるってこといないですか?)、現状で反対側面はお見せ出来る状態じゃないです。3両目も仮落成ではそのへん妥協セざるを得ません。

 車体サイズと足回りのアンバランスさがナローゲージっぽい……か? 現状はみ出してるPF受光ユニットは3両目に余裕で収まります。

 妥協といえば足回り。先頭車の台車は最初からダミー車輪併用の計画でしたが、中間車連接台車は紆余曲折の末、ダミー車輪さえも断念してしまいました。
 まぁ、この大きさのモデル故に大目に見てね、と。

 妥協のおかげもあって走行性能は問題無し! 超絶急カーブをクイクイ走ってく姿は思ってたとおりに愛嬌満点。レールの「狭軌感」も狙い通り。

 そんなわけで、あとは部品が届くのを待つだけ。
 「思ったより、簡単」「案ずるより産むが……」というのがナローゲージに対する印象です。
 小さいからこそ作りやすく、物量作戦にならないのもメリットですし。また、最初は取り敢えず作りやすい「電車」を題材にしたのも良かったかも。いきなり蒸機じゃ非動力ダミーであっても軽く死ねます、多分。

 最後に、フルサイズな電車との比較。

 ナロー電車は2両で29ポッチ(連結面含む)、奥の国電は32ポッチ長。長さの面での差別化は一応できていましょう。
 全高(特に台車廻り)はロープロファイル化を徹底(車体に車輪めり込んでます)。その点では明らかに「小さい電車」に出来たと。

 一方、車体幅で妥協したのは賛否割れるかもしれません。
 然し、そこをなんとかしようとすると(4幅とか5幅とかですね)、電気系の魔改造という更に賛否割れる行為に手を染めなきゃいけなくなります(笑)。
 個人的には車体幅6のナローを「標準化」で良いかなと思う次第。
 悩むよりは手を動かして形を作るほうが正義ですし(笑)。
 

posted by 関山 at 23:07| Comment(5) | TrackBack(0) | 鉄道作品ナローゲージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【レゴ[cuusoo]】規定変更。現実を追認する感じ……。


 情報源brickset「Cuusoo Guidelines updated」
 レゴcuusooで、投稿にあたっての規定が変更された模様です。
Brick Based Set Projects ONLY - Translation: No more parts, programs, apparel, tape measures, etc.
 ブロックベースのプロジェクトに限る。―― パーツの提案、プログラム、アパレル、テープメジャー(文房?)等は不可

One Project = One Set - Translation: No more "this is a new series of LEGO sets" projects.
 1プロジェクトは1セットのみ。―― シリーズ・テーマ的な提案は不可

No Minifigure Series or "Battle Packs" - Translation: No more requests for Star Wars and Super Hero figures without sets!
 ミニフィグのみのバトルパック的提案不可。

No Company Logos or Team Mascots - Translation: No more Purdue Petes or Android Bugs.
 企業ロゴや(スポーツチーム等の)マスコット禁止 ――例えばgoogleのアンドロイドキャラなど

Only Use Authentic LEGO Parts - Translation: No more custom minifig elements. (This could be very bad news for the Muppet project.)
 使っていいのはレゴ社の既存部品のみ ―― ミニフィグなどで新規金型を要する部品は不可
 いい加減な訳は管理人によります。

 はっきり言ってしまえば、「現実に対応した」という感じでしょうか。むしろ、遅すぎた?
 これらは何れも過去に棄却されたり、大幅に企画修正を迫られたものばかりですから。
 また、新規のパーツやフィグパーツ、或いはパーツそのもの提案など、新規金型が絡むものもNGと。これも棄却要因でしたよね(希望をもたせた罪は重いと思いますよ……)。

 企業ロゴがダメっていうのも、一般の版権交渉より面倒だからなんでしょうか。というか、レゴ社が自社ブランドの維持のために「コラボする先を選びたがってるから」という感じがするというのは偏見かしら?
(ほとんどの世界的大企業はレゴ社が自社ロゴつけた製品造ってくれるなら、両手上げて許可出すでしょう)

 なお、普通の「版権物」は大丈夫みたいです。まぁ実在メカでも商品化許諾必要な世の中ですし、既にBTTFって版権物企画製品化しちゃってますから今更NGってわけにもいかないんでしょうね。
 

posted by 関山 at 17:55| Comment(4) | TrackBack(0) | レゴ製品(cuusoo) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする