何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2013年11月30日

【レゴ製品】新版権テーマ「TopGear」な噂?

 以前ジョークで書いたことがマジになるならちょっと嬉しいような……。

 世界で一番有名な自動車番組「TopGear(英BBC)」がひょっとしたらレゴの新テーマになるかもしれません。


 情報源Brick Fantasticのこの記事。
「Some say we might be seeing LEGO Top Gear sets 」

 さて、記事を読むと。
 スマホアプリ?でレゴとTopGearのコラボが行われており、それが根拠になっている模様。先方にはいくつもスクリーンショットがあります。

 つまり、製品とかテーマと言うよりはオンラインコンテンツ(ソーシャルコンテンツ)でコラボするのみの可能性もありましょう。
 変な話ですが、TopGearが特集の一つとして「ブロック玩具の車」を扱うだけで終わりなんて可能性もあります。いやそれはそれで観たいですけども(笑)。

 それでも、現状レゴでは「Racers」「Ferrari」等モータースポーツテーマの製品はストップしているのも事実です。世界的人気のTopGearをブランドに、「Racers」の再興もあり得ますような。
 個人的見解としては、あんまり信じていません。飽くまでネタとしてって感じで。
 
posted by 関山 at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【作品紹介】#7939の赤バージョン? いやいやOeBBの2016です(yonenaga様)

 2010年発売の現行トレインセットですが、赤い電車の#7938に比べて黄色い電機の#7939は余り盛り上がりませんでした。
 決して悪いセットでは無いのですが。#7939が神セットと言えるレベルの傑作であったがゆえ、相対的に目立ちにくくなったしまった感はありましょうね。
 あとは単純に価格でしょうか?

 そんな#7939へのテコ入れアップデート作品。先に#7938をDBAGのSバーン仕様にされたyonenaga様によるもの。
 単に色を赤くしたってだけではなく、実在の機関車OeBB(オーストリア国鉄)の2016形を再現する方向のモデルです。

 OeBBの2016に関してはこちらと申したいところですが、困ったことにwikipediaには独語・英語とも単独ページなし。飽くまでシーメンスの標準型電気式ディーゼル機関車、ER20の一種という扱いなのですね。

 幸いにも写真はありましたが。今様ヨーロッパの悪くはない外観です。すっきり仕上げる辺りは日本より巧いなぁと思わされます。

 なお、一番詳しいのは「欧州型鉄道模型紹介」様のこのページ。模型だけではなく実物写真も上がっています。
 
 一体部品の前頭部はいろいろ解釈ありましょうが、この作品では実物の「面取り」を意識しているわけですね。確かに八角形に面取りされた形状が共通していましょう。

 側面を大幅にシンプライズ化されたのは大正解でしょう。#7939では半端に点検扉がありますので、現代欧州機らしいすっきり感とは程遠いデザインになってしまってましたし。
 一方、下半部が灰色なのはオリジナルと実物、両方の良い所なのだなぁと思わされます。

 なにより、赤って色が美しい。
 変な喩えですけど、#7938が赤以外の色だったらここまで絶賛されたでしょうか? 脳内で#7938の別バージョン考えてみましたけど(青とか緑とか黄色とか白とか灰とか濃灰とか、各種中間色とか)、赤以上に魅力的なものは思いつかないのです。
 その意味では、#7939の不幸は「赤」を廉価セットに取られてしまったことなのかもしれません。無論、#10233を「黄色」に染めた(いや黄色いTGV実在しますから)管理人的には黄色も嫌いではないのですが、赤ほど鉄道車両の色として使い勝手は良くない感がありましょうね。

 #7938改との並び。
 凄く、鉄道模型的な雰囲気に。製品としてこのレベルが供給されてたらと思いますが、コストの問題、あと「赤が重なる」ことへの抵抗感はあったのかもしれません。

 さて、2014年は順当に行けばCITYトレインのリニューアルです。
 「電車」「機関車+貨車」の2セット体制は2002年の9V(Worldcity #4511/#4512)からのお約束で、その後RC・PFと世代重ねていますが今度も継続されるのかしら……。トレインがCityのサブカテゴリって状況は不幸な現実ではありますが(あぁ独立カテゴリならなぁ)、この4年間でのCityの進化が目覚しいのも事実ですので、その方向性を巧く汲み取ってほしいものです。間違っても一体部品大味化って方向にはなりませんように!

 #7939「新カーゴトレイン」。もう4年近く前の製品なのですね(現在38%offで16817円)。
 ちなみに前頭部パーツの%45406は2003年の登場部品ですが、トレインに使われたのは#7939が唯一です。赤・黒・黄色・オレンジ(45406pb02)が存在する由。
 
posted by 関山 at 23:29| Comment(3) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ニュース】参考になるかわかりませんが『「レゴ・デザイナー」として採用されるためにはどうすればいいのか?』

 gigazineが記事にしています(元はWSJより)。
 詳細はコメントしにくいので、先方の記事を見てください。
ブロックを組み合わせてイメージを形にするオモチャのレゴは、「ハリー・ポッター」「ホビット」「アベンジャーズ」などの映画シリーズを出していたりと、世界的に有名なオモチャメーカーです。そんな子どもたちに夢を与えるレゴのコンセプトを考える「レゴ・デザイナー」になるための実際のテスト風景がYouTube上で公開されています。
Winning a Design Job at Lego - WSJ.com

レゴ・デザイナーになるためのテスト風景は以下のムービーから確認できます。

 7年間行っている、この「求人ワークショップ」は今回初めて公開されましたが、今までも、オンライン上の申し込み口はあまりオープンにされていませんでしたが、向上心のある人は申し込み口を見つけて、世界中から応募してくるとのこと。
 堂々とは募集していないので、情報集めからが勝負になるんですね。
 
休憩時間には、本社のある小さな町ビルンに移住するにあたって、人口は6500人であることや、夜の時間はアイリッシュパブしか行く場所がないことなどが伝えられます。
 人口6500人って……。ほんとうにビルンドは小さい町なんですね。つうか村か?
 娯楽が呑み屋が一軒のみというのも健全過ぎるカントリーライフ。

 さて。
 個人的には憧れると云うよりは「ありゃ、自分には無理!」です。いや人口6500人の村での生活が無理って意味じゃなくって(笑)。
(そもそも語学力無いわ、美術や工学の専門教育受けてないって地点で無理ですけども)

 よく云われることですが、「個人の作品」と「製品」では求められる強度などの水準が全然違いますから。その他も制約はたくさんあり、簡単にはできないだろうなぁって思うのです。

 あと、よくこのブログで愚痴る「トレイン単品を出せ」みたいな愚痴話も、そういう商品プラン的なものを解決するのは製品デザイナーって立場ではないですし。

 いっそ、BtoB部門を設けて、サードパーティが純正ブロック使ってカスタムキットなどを発売しやすい環境整備してほしいなとか。
 これができたらまぁ、大革命ですけども。でもレゴ社は任天堂やソニーになれるかもしれません?
 
posted by 関山 at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | LEGOニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。