何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2013年11月29日

【作品紹介】taizoon様の#7750 PowerFunctionバージョン!


 12V全盛期の孤高の名作#7750(1980年)。あとが続きませんでしたが、当時なりの大動輪を採用した蒸機モデルでした。プレミアモデルとしてもインパクトありましたが、近年は最近の製品でも高騰傾向があるので、こうしたレトロレゴは落ち着いて見えるのは気のせいでしょうか……。

 で、何故か?3両が運転会で並んだところ。
 もう1両はアイディアブック#7777の作例で、限りなく#7750ですので4両といっても差し支えありますまい。

 それにしても、再現品も含めて日本に何両あるのでしょうね……?

 そんな#7750ですが、件の大動輪を「BBBホイールミドル」で代用し、黒の2×2窓も現行部品でなんとかすれば、今様のモデルを制作することは可能です。いやまぁ赤のバッファビームとか蒸機シリンダ部品も難儀といえば難儀ですが、4.5V時代を経験されている方は持っていたりするもの……のようです。

 11月上旬の、立命館大学鉄道研究会の催しでお披露目のtaizoon様の新作!

 かねてより4.5V時代の製品の「PowerFunctionアップデート」をされてきた氏ならではの作品と言えましょう。このモデルも勿論PF。第1〜第2動輪の奥にちらりとモーターが見えます。電池BOXは炭水車搭載ですが、機関車本体が「自走」できるというのは、オリジナルのテンダードライブよりも小気味よいものです。

 キャブ周りも稀少部品を避けたアレンジですが、足回りのアップデートのせいで違和感はありません。前面窓がトレイン窓ハーフなのは1985年以降、灰レール時代の後半的な雰囲気でもありますし。
 アレンジといえば車軸配置も「1D」(2-8-0 あるいは コンソリデーション)になり、#7750には無かった先輪がありますが、バランスよく見えて好印象です。
(ただし、ドイツには#7750のような先輪なしのDテンダ機はあったと思います)

 BBBミドルならではの役得はロッド。メインロッド省略でサイドロッドのみですが、これでも効果は絶大! また、メインロッドがあると悪戯に複雑に、そして車体幅が膨らむ傾向ありますので往年の4.5V/12V的な雰囲気を狙うこの作品では蛇足になりえましょう。

 
 緩カーブ上をロッド豪快に振り回し、疾走! 4.5V時代、#7715の客車が凄く似合っています。

 で、肝心のサイドロッド。こんな部品(テクニックアーム ハーフハイト 長13)あるの?<<続きを読む>>
posted by 関山 at 23:57| Comment(27) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする