何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2013年10月31日

【組換作品】ヒンジの魔法! 13変化のパズルのような美術館(Azur様。#31012×2)


http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=535661

 なんと紹介して良いのか……。どれがメインの状態と認識すれば良いのか(笑)。
 とても楽しく、自由な作品であると申しておきましょう。このアイディアが出てきて、また実際に制作されてしまうことには驚きを禁じえません。
 13変化のパズルのような建物。美術館という設定は納得ですね。
 建物そのものが「作品」なのですから。現実の建築では無論不可能な構造ですが、概念としては十分にアートになっておりましょう。

 無論、アートといっても多くの人を突き放す前衛的なものではなく、幾つかのフォーメーションは「何処か落ち着く」定番と古典を再現しているのですね。
 しかし、時折見せる牙も……。油断はできません。

 作品の「順路」がわかりにくいのですが、これはフォーメーション1から順に見るのが正しいのでしょうね?

 取り敢えず、フォーメーション1から。「メインモデル」と認識して良いのでしょうか?
 オープンな部分のない、閉じた建物として成立しているモデルですし。
 
 三面の小さな庭に、三方向の張り出しを持つT字型の建物。縦長の窓などであったり、狭いながら作りこまれた庭であったり。これはこれでで十分魅力的なモデルです。

 フォーメーション2。F1の一角を90度広げた状態。ドールハウス的内部空間も生まれています。建物内部はアーチも効果的に使われています。折れた部分は「離れ」になっているのですね。

 フォーメーション3。南欧的な、回廊状の建物に。この地点で最初の印象からガラっと変わってきます。回廊構造はこれまで試されて来なかったですが、#31012のパーツ構成的に十分可能なのですね。

 フォーメーション4。F3を更に広げた状態。再び「離れ」が生まれました。内部は美術館の順路を思わせる感じ。ついに姿を表すのは4連のアーチ。

 フォーメーション5。内部空間を大きくとった曲げ方。囲まれた空間の安心感、左右対称の落ち着きがあります。

 フォーメーション6。左右に広げた状態で無論シンメトリーの回廊建築。凹型の、この状態は収まりが良いですね。南欧系のお屋敷のようにも見えますし。或いは「平等院鳳凰堂」の欧風版?
 個人的には第二のメインモデル?と認識したいところです。中庭でもミニフィグ遊べましょう。
 広々とした内部も遊べそうです。

 但し、内部(一番下の写真)で真ん中のぶっといタン色の縦帯が気になります。まだ、何かギミックがあるのでしょうか?

 フォーメーション7。落ち着きを見せていた(或いは、おとなしかった)F6とは打って変わって攻撃的に! 大胆に。
 でも、ラウンドに広げたところもまた様になるのです。円形の建物のようにも見えますし、小さな建物が連棟になっているようにも見えます。

 さて、F6で記したぶっといタン色の帯は今まで隠れていた大型窓でした。ついに牙が剥かれた?<<続きを読む>>
posted by 関山 at 23:18| Comment(5) | TrackBack(0) | セット内組換作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【作品紹介】Ryokuchakuma様の、JR北海道735系電車 試作中

 一瞬731系かなと思ったら、735系はアルミ製の試作車なのですね。
 731系と違って補強リブも、薄緑帯も何もないシンプルな側面とかが特徴のよう。

 実物についてはこちら(wikipedia)
 試験投入から3年。その後の増備はステンレスの733系になってしまったので6両のみの希少車になってしまうのでしょうか?



 先方の記事
(他にも写真あり)

 Ryokucyakuma様の作品は、実車のマッシヴな感じな前面が上手く再現されています。
 車体裾部分の膨らみで、レール付きプレート2枚重ねているのは巧い部分。上部ライトのオレンジ色もそれっぽいですね。貫通扉の凹み方も如何にもな感じ。

 表現のキモは、G@ひたひた氏考案のヒンジ使った前面窓の角度付けを行なっているところ。あの手法は車体幅が若干広がってしまう問題があるのですが、マッシヴな731−733−735系の表現には寧ろ利が大きいように見えます。
 ただ、1プレート高さを上げた方が、より「らしく」見えて、側面とのつながりも良くなるように思えるのですが……如何でしょうか?

 シンプルな側面は窓を横組み。窓の大きさが正確な印象です。ドアの色変えも成功していましょう。

 3両編成化を予定されているそうで、楽しみです。
posted by 関山 at 17:51| Comment(3) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする