何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2013年10月25日

【作品紹介】G@ひたひた様の京阪3000形 究極の割り切りは究極のリアル?(CAD)


 先方の記事「京阪3000系(初代)テレビカー」

 電車の窓割りとしては「理想を追求」したものになっています。外見上では妥協ゼロ! 実製作上での問題も(斬新な手法の割に)少なそうにみえます。高価そうなパーツも見えません(笑)。

 但し……敢えて記しますが……この割り切りは好みがわかれてきそうです。
 多くのものを犠牲にしなければならない手法ですから。向こうが透けて見えると云う要素では内部ブロックをすべて1×2クリアなどにする方法は考えられましょうが……。
 また、今でこそ定着した「横組」も古くは(10年以上前は)内部補強を前提とした手法であり、インテリアの共存が図れなかったのも歴史的事実ではあります。AP氏の客車のシルヘッダ表現も外見を最優先したものですし。そもそもインテリアフル完備はオリジナル作品では意外と少数派という事実もあります。

 内部構造。一応窓は向こう側には抜けているのですね。

 もう一つ、意外とタイルのグローブ部分は目立つという問題も指摘しておきます。2×2でかつ黄色なら昔のサイドがストレートだったタイプも入手可能ではありますが……。


 ちなみに同じ事は拙作のED72で行なってたりします。
  

 インテリアも窓も考慮する必要のない、また1両で完結する電気機関車だから出来た手法でした。


 と、意固地に批判的に記してみましたが……かっこ良くてリアルなのは認めざるを得ません。並んだ狭窓の美しさはプロトタイプの魅力そのまま。
 自分がなまじ1900形(二代目テレビカー。ちなみに初代は1800形。3000形は三代目)試作中なだけに(笑)、悔しさも高ぶるってもんで(笑)。

 京阪特急車の前面は特に折妻表現しなくても良いかなと思っていたところに、この作品も腰部分だけ部分折妻とか味なことやってきてますし。
 ワイパーは前面上部の「空間」を上手く埋めていましょうね。蝶が転じて鳩になる件のマークは「なるほど」と。副標識も芸が細かいです(Φ1の丸タイルですが、NinjaGo辺りで漢字プリント入り出ないかしら? 「回」「急」「特」「臨」みたいなので)。
 屋上機器や床下機器もいつものクオリティですね。Tc屋上の八木アンテナも納得!

 やはり、いつか実現した姿を拝見してみたいものです。
 先方にも記されてる、8000形のTを挟んだ過渡期編成とか、その後のダブルデッカー組み込み編成も含めて余りに魅力的な題材です。

 で、最後に蛇足。
 管理人は最近インテリア制作サボることが多いので、物凄く反省しなきゃいけない気分にもなったのでした(笑)。差別化は重要ですよ?
 

   
posted by 関山 at 18:51| Comment(7) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【レゴ製品】2014テクニックの第一弾#42024コンテナトラック

 情報源bricksetより。
 更にその元はレゴ公式のPFの使い方的なPDFから(原寸画像あり)。


 年初投入のテクニックの常で、大型セットではありません。また、PF関連は別売です(大物は毎年、後半投入です)。
 モデル寸法も大きくはないため、手頃な購入しやすい価格を期待したくなってしまいます。

 アクションは(おそらく)コンテナの積み下ろしとアウトリガの可動。この辺は手で動かしてもあまり面白そうに見えない反面(手回しハンドルとかで間接的に動かせれば別ですが)、電動でぐぉーーーって動くと凄く面白そうです。

 敷居が高そうな電動化ですが、自作動力などやってしまうトレインファンなら「手許に一組くらいは転がってそう」な単三電池BOXとMモータが使えます。こういう時、トレインとテクニックの近縁関係が有難い。

 なお、同種テーマの過去製品はこんなのがありました。
 2010年製品 #8052 コンテナトラック
 それほど前ではないので、造形は既に「今のテクニック」です。このセットはモーター標準装備。

 ギミックの違いが興味深い。こうして見ると今度の#42024の方がちょっと複雑な感じがしますね。また、#42023の派手めなカラーリングは「クラシックレゴ的」な郷愁誘うなぁというのは考えすぎでしょうか?
 
posted by 関山 at 02:43| Comment(0) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする