何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2013年10月15日

【レゴ製品】Friends新製品続報。ベスパ新色なし……。

 今年12月発売のほぼ全ラインナップの画像が出てきています(brixitというサイト。何語?)

 情報源EurobricksのTownフォーラム、Friends2014スレッドのこちら。
 画像はよく見ると「CONFIDENTIAL」とあるので(リテールカタログ転載でしょう)リンクに留めます。

 ラインナップは以下。すべて画像あり。
41026 Sunshine Harvest
(既出)41027 Mia’s Lemonade Stand
(既出)41028 Emma´s Lifeguard Post
(既出)41029 Stephanie's New Born Lamb

41035 Heartlake Juice Bar
41037 Stephanie´s Beach House
41039 Sunshine Ranch

41056 Heartlake News Van
 全体に「紫」がテーマカラー?

 41026 Sunshine Harvestはアズールのトラクター。関係無いですが、荒川弘の「百姓貴族」によれば、道内農家の娘さんは無免許でトラクター運転するの当たり前だったとか……(「教習所は自己流のクセを直しに行くところ」)。
 
 41035 Heartlake Juice Barクリアパネル主体の、明るくポップな感じのお店です。クリアの大型パネルの供給よくなったのはFriendsの功績でしょう。詳細は未だわかりにくいです。

 41037 Stephanie´s Beach House 小さめの家としてのポジションもありでしょうね。構成とか作り方とか、クリエイターのビーチハウスとは設計思想がまるで別物。差別化ここまで来たか……。

 41039 Sunshine Ranch 厩舎メイン。以前のCityの農場シリーズほど大味じゃないのは好感もてます。紫(多分ハリポタバスの紫?)がちょっとインパクトあり過ぎますけども。雰囲気は悪くないです。

 41056 Heartlake News Van キャンピングカー系と同様の6幅の車メイン。移動スタジオ?
 テレビ中継車は1970年代にも、1990年代にもあった題材ですが、かなり久々かも。


 そんなわけで、期待されてた? ベスパの新色は無かったです。まぁ本命はCityの方かもしれませんが。
 なんであれ、元来の対象年齢・対象層を考えると悪くない構成・ラインナップと思います。
 
 
posted by 関山 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【価格情報】デロリアンほぼ定価


 ……但し未だマケプレ扱いです(5980円は送料込ですが)。品薄気味なのは変わらず。
 公式再入荷とせめて28%offは未だでしょうか……。

 他はめぼしい情報が無いです。パレスシネマのamazon.co.jp分再入荷も終わっちゃいましたし……ハリウッド繋がりである意味デロリアンの背景にもぴったりなのですが。
 あと毎年なんですけど、この時期は新製品もないんですよね。
posted by 関山 at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 価格情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【組換作品紹介】#31012組換。ピロティのある診療所(Azur様)。2010年代と70-80年代の素敵な融合

 Azur様の#31012×2セットシリーズが続きましたが、今度は久々の#31012 1セットのみでの組換作品です。
 2セット分の豪快な作品を拝見したあとだけに、1セット分だと可愛く、そして締まった作品になるのだと再認識させられます。無論、2セット分のリッチ感も捨てがたく、甲乙つけがたいのですが。
(1+2で3セット買えば幸せになれるかも……? でも、後日に余る部品は無いセットです)



  

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=535030
 惚れ惚れする、美しさ! もう「公式モデルにしてくれ」と言わんばかり。左右非対称の屋根に、屋根に接する階段状の窓はメインモデルのレスペクトでもありますがより洗練されています。大きなピロティは三方をアーチに囲まれる。

 裏面からの見た目も印象的です。一部に陸屋根(平屋根)持ち込むことで建物の形状が適度に、複雑に。
 階段周りのレンガブロック使った処理も良好です。

 赤十字の表現はタイルによるもの。限られるパーツの中で「横組」されています。3×3では難しいので、4×4にしているのですね。お陰で壁面とツライチに。
 
 あと、医療施設らしい設備や薬瓶などが窓からも見えるのはポイント高いです。

 2010年代のレゴの完成度と、1970-80年代の何処か温もりのあるモダニズムだったレゴの、両方の味のある作品ではありませんか。

 この上に、開閉式です。
  


 広げた状態は鳥が翼を広げたような……。どこか象徴性のある形状です。陸屋根部分がまるで鳥の首のように見えるのです。慎まやかな閉状態との対比がまた素晴らしい。

 お馴染みの内装もまた完璧。診察室とベッド。2階の調剤室。狭いながらも密度感いっぱいに設備が充実。吹き抜けも狭いからこそ、開放感出すために必要でしょう。要所要所のグリーンは作者の佳き作風ですよね。
 あぁこれが1セットからの組換とは……。

 完璧なこの作品なのですが、ちょっと惜しいのは照明が仕込まれてないこと。
 ピロティ部分にライトがあればと思いますが、やはり難しかったのでしょうか。そのかわり、広げた時にピロティ部分の天井が処理されている(内部構造剥き出しじゃない)のは印象的ですね。

◆◇◆◇◆◇◆         ◆◇◆◇◆◇◆

 

 2013年のベストレゴセットと言っていいでしょうし、これまでの歴代クリエイターハウスの最高峰でもありましょう。少なくとも、ここまで組換の可能性が呈示されたのもこのセットだけでしょう……。
 
posted by 関山 at 22:21| Comment(2) | TrackBack(0) | セット内組換作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする