何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2013年10月14日

【イベント】立命館大学鉄道研究会でのレゴトレイン展示(11月2-3日)

 mazta-k様のブログより転載いたします

期日:11月2日(土)〜3日(日) (注1)
場所:立命館大学びわこ草津キャンパス(注1)
   ユニオンスクエア2階
   公開時間:12:00-17:00
アクセス:JR琵琶湖線・南草津駅から近江鉄道バス「立命館大学行き」で約15分
     運賃は220円。自家用車での来校はご遠慮ください。キャンパス内に車を止めることはできません。

 (注1) 11月9日(土)〜10日(日)に衣笠キャンパス・存心館地下食堂でも発表展示がありますが、LEGOトレインは非常に小規模になります。

場所は去年と違い、びわこ草津キャンパスのユニオンスクエア2階の食堂です。
立地は最高なのですが、設備的に結構不利です(机の数が……)。
極力頑張りますが、過度には期待しないでください。と先に言っておきます……。

 とのことです。
 いらっしゃる方は、会場(大学側および、鉄道研究会)の指示に従いますようお願いいたします。

 さて。
 管理人は秋の旅行も兼ねて、こちらの催しにはお邪魔する予定です(先にお話した京都旅行とはもちろん、この件です)
 新作は間に合うかどうか分かりませんが、最悪でもJAMに持ってきた今年造ったあれこれは何とかしたいと。金太郎とかTGVの黄色いのとか。場所柄「新快速」はもちろん。

 去年の公式イベント参加メインとは違った集まりになりそうで、今から楽しみですね。
 また、主催しなきゃいけなかった(おい)、JAMと違って一参加者として気楽に楽しみたいとも。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【鉄道作品[日本形]】京阪1810形(1900形)試作中

 秋の京都向けの本命はこれです。


 現行の8000形から見れば二代前の特急車。1810形(1900形)。
 1956年から製造された古い電車ですが、2008年まで3ドア化・冷房化大更新されて現役であり、3000も交えた三代の特急車が行き交う姿も見られた由。
 その2ドア特急車時代の再現。イメージは1900形(1961年)に編入された1960年代後半くらいの感じで。


 しかし、この試作は苦戦しました。
 縦横組み合わせの二段窓再現の側面も問題でしたし(脳内妄想や、紙上のメモ書きと、それを形にするのは天地の差)、それを前面に展開したのも厄介。
 要は横組だらけ。落としたら完全に粉々です……。

 それ以上に難儀したのは、古風な電車なのを如何にしてモダンにみせるか。
 1810形って1956年の電車にしてはやや古めの造形なのですが(シルヘッダはあの時代の新車では珍しい)、それをガチで作るとまるで戦前、昭和初期の電車のような古典的雰囲気に見えてしまう。
 試作品はシルヘッダの表現を割愛してしまい、雨樋の色も試作中に黒→新灰→黄に変更しています。これでようやく重苦しさが薄れてきた感じ。

 でも、未だ何処か実物写真よりは重い感じがします。まぁ、これが限界なのでしょう。足回りエアサス台車とかで近代的な味を出してみるのも考えてますが(試作品の台車は仮台車)。


 完成時には、なんとか1900形新造車も交えた3両編成位にはしたいもの。
 「両運転台電動車+片運転台制御車+片運転台電動車」みたいな編成を随時組み替えて遊べるような感じで。
 無論、京阪特急のアイデンティティでもあったテレビアンテナもつけて。


 1810形。実物写真。wikipediaより。
 この時代の箱形電車の「微妙なスマートさ」はやはり再現が難しいのです。東急5000のようなぶっ飛んだ設計とか、京急730(→600)のような流線型ならもう少し難度は下がるのでしょうが……。
 
posted by 関山 at 23:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 鉄道作品(日本形) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする