何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2013年10月10日

【組換作品紹介】31012×2で新作モジュール10243を再現する(Azur様)

 Azur様の#31012組換シリーズですが、今度は果敢にも新作モジュール「#10243 パリジャンレストラン」の再現に挑戦されています。



  

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=534913

 驚きましたのは、建物の寸法・ボリュームという意味で#10243に追いついてしまっていること。無論、コンセプトの異なる製品ベースであることや使用パーツ数はぜんぜん異なります。
(#31012は756ピース。それが2セットで1512ピース。#10243は2469ピース)
 そのため、床・地面のタイル処理であったり建物の装飾は大幅に割愛されてしまっているのは致し方ないことでしょう。でも、サムネイル一発で「あ、アレの再現だ!」と分かる造形になっています。

 正面では、1階の小分けな窓とかカラフルなテーブル。藤棚に照明。
 入り口の小屋根も見逃せません。床面のタイル装飾やら、レンガブロックも効果をあげていましょう。セットのパーツを使いこなしきっています。
 2階は尖頭アーチで差をつけて。3階の破風もシンプルながら再現。

 裏面もまた良い雰囲気です。大窓をアトリエに使ったのは好ましいアレンジ。


 開閉式であり、ここは差別化されています。
 開いた状態で別の表情を見られることも。これはこれで楽しい。裏面の階段がデコラティブなゆえに、建物の表情をより豊かにしていましょう。


 断面図的に建物の中を見られる楽しさも開閉式のメリット。
 元ネタ同様、1階はレストランと厨房。
 2階は独立した居室。
 3階は、アトリエ。窓やドア・バルコニーの位置も極力合わされています。

  

 ゴミ箱、2階には収容ベッド、アトリエの抽象画……こんな細部まで再現。
 
 モジュールビルとクリエイターハウスのコンセプト差は感じますが、それでも制限の多い「組換」でここまで迫れるのは凄いことです。
 
posted by 関山 at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | セット内組換作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【レゴ製品】過渡な期待は禁物? 2014年新製品 #31015 Emerald Express

 shipwreck様からの情報提供です。有難うございます。

 2014年のクリエイター新製品リストは、既に幾つかのサイトに上がっているようです。brickseti Brick City
 後者から引用します。
• Lego 31013 – Red Thunder
• Lego 31014 – Power Digger
• Lego 31015 – Emerald Express
• Lego 31017 – Sunset Speeder
• Lego 31018 – Highway Cruiser
• Lego 31019 – Forest Animals
• Lego 31020 – Twinblade Adventures
• Lego 31021 – Furry Creatures
• Lego 31022 – Turbo Quad
• Lego 31025 – Mountain Hut
 この中の「Lego 31015 – Emerald Express」が気にならないわけはありません!
 型番が通常品ですから、あの#10194 EmeraldNightの復刻ではないのでしょうが(可能性はゼロではないでしょうが)、何らかの関連を意識せざるを得ません。
 これまで待ち望んだ、トレインのクリエイター。
 陸海空の乗り物多々リリースしつつも(海は少なめですけど、ままいいや)、なぜか「軌」は無かったことにしてたクリエイター分野のトレイン。色は濃緑ベース?
 期待せざるをえないのですね。

 でも。
 別のものである可能性もまた高いです。物凄く。
 ひとつは往年の#4837(2008年)のような、ミニトレイン。型番が若めゆえ、真っ先にかんがえてしまいました。
 でも、これはこれで5年間も欠乏してた製品ですのでありといえばありでしょうか。意外と使える・楽しいセットではありましたし。

 もう一つは全然別のものである可能性。
 Express、「急行列車」以外には、運送・速達って意味はあります。まさか「表現する」って意味はないと思いますけども(笑)。クリエイターカテゴリで貨物飛行機辺りかもしれません。

 どうも悲観的に考えちゃうクセありますね(苦笑)。
 なんであれ、気軽に買える・組み替えて遊び尽くせるクリエイターカテゴリにも「軌」な乗り物は欲しい。さっさと出しやがってください。小型商品中心な冬(年初)リリースよりは、大型商品中心の夏リリースに期待したほうが良いのかもしれませんけど。

 そういえば。
 「#31025 Mountain Hut」は素直に山小屋と思って良いのでしょうね。
 建物系は毎シーズンにひとつはリリースされていますし、#5766ログハウスが商品寿命的にそろそろ代替時期にきていましょうから。


 2011年製品ですから、3年目で代替わり? 茶色の壁にダークレッド屋根と趣味は良いセットでした。
 
 

posted by 関山 at 20:10| Comment(10) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする