何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2013年10月06日

【作品紹介】ひだか様のAGT(新交通システム)大改良版。誘導ローラでより実物に近く。

 以前記事にしたハンガリーのKVP氏のAGT(新交通システム。ゆりかもめetc)の全面改良版です。今のところ足回りだけのテスト版ですが……。


 全線、スムーズに走っています。


 2両編成でモーター車と、電池BOX+受光ユニット車に機能を分散。モーター車は2軸駆動であり、それなりの牽引力期待できそうです(3−4両編成も可能か?)。
 2軸駆動のため、モーター下にシャフト通してる辺りは良い意味でトリッキー。
 足回りは1軸台車として旋回。これで急カーブもスムーズにクリア。

 全体にテクニック寄りの作りゆえ、強度もありそうです(電池車の方はシステム寄りの作りで作り分けされています)。
 ただ、車高下げるなど改良の余地がある……とのこと。

 ひだか氏ならではの改良と云えますのは実物同様の誘導用ローラを加えていること。
 ミニ四駆でお馴染みの縦向けの車輪ですが、KVP氏作品での不安要素だった「擦る」部分が解消されています。AGTのアイデンティティたる部分でもありますから、車体実装後も外見上の魅せ場になりそうですよね。

 テストコースの全景。ポイントあり、S字あり。
 通常トレインより急カーブ曲がれるのもAGTの特徴。「実用化」の暁には、省スペースで楽しめる? ビルの谷間を縫って走る姿は楽しそうです。

 流石ひだか氏! と思うのはポイントを電動化されていること。モノレールと違って絶対の保安性能は必要ないのですが(あちらは異線侵入/逆侵入は即脱線!)、高度な自動化要素として見逃すことはできません。動力伝達にベルト使っているのはクラッチの代わりでもあるのでしょうね。

 車体の実装が出来れば、もうすぐに「実用化」が叶いそうです。
 ここからが大変なのかもしれませんが、モノレールについで楽しみな作品です。
 
posted by 関山 at 21:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【価格情報】#10229ウインタービレッジ復活/マインドストームV3を「少し」安く手に入れる/駅馬車

 
 「去シーズンの」ウインターアイテム#10229は1月の発売後、3月くらいには在庫なくなって自然消滅……してしまいました。実際のところ夏に売ってるのは違和感あるアイテムゆえ、仕方ないかなと思っておりましたが、シーズン合わせでなんと復活(メーカ再生産?)です。
 33%offで8452円。円高時代の設定価格ゆえ、お買い得度は高いです(例によって世界最安値)。パーツ単価は5円67銭。壁のミディアムブルーやら、柱の茶色。白のプレート群は案外、余りません。

 なお、並べたら楽しそうな#10235ウインタービレッジマーケットは未だ一般販売予定が決まってない模様です。去年同様のクリブリ先行という形になるのでしょうか?


 なんでこんなに高くて、かつ割引率も渋いの……と思っていた「#31313 マインドストームEV3」は並行輸入品は5万円を切る価格です(amazon.co.jp倉庫発送・送料込)。
 正規品はわずか6%OFFで56878円という困った価格ゆえ、ありがたい存在?
 
 新・駅馬車セットこと「#79108 馬車での逃走」はシリーズ中でも割高感のある設定でちょっと残念でしたが、それを補うかのような40%offへ。4078円。映画が成功したとは云えず、来シーズンへの期待もできないので、短期の生産に終わる可能性もあります。気になる方はシリーズ他アイテムも含め、お早めに。

◆◇◆◇◆◇◆           ◆◇◆◇◆◇◆
 
 「パレスシネマ」「幽霊屋敷」はまだ高いまま。
 「デロリアンタイムマシーン」は定価でなら入手できるようになっています。そろそろ安定期に入るかも……。
 
posted by 関山 at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 価格情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする