何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2013年09月23日

【海外作品】kvp様のAGT(新交通システム)。ゆりかもめもレゴで実現?

 以前、レゴのトラックシステムを使ったAGT(新交通システム)の作品写真を見た記憶があります。brickshelfで、アメリカの大きなイベントであったと思うのですが。今となっては探せません。
 PowerFunctionの無かった時代ですから操作は出来ないものでしたが、可能性を感じた作品でした。

 その、トラックシステムはこんなの。

   

 2002-2003年頃に供給されていたRacers用の道路セットで、走行するのはバッテリー充電された車でした。この種の自動車玩具は古典的なものでマテルの「シズラー」が知られるところです(1969-72年頃)。
 当然、レゴ的には黒歴史(笑)。日本では未販売。クリブリ入荷さえありませんでした。今にして思えば。バッテリーの劣化どうするの? と突っ込みたいところです。但し、このコース上をPFの電車などを走らせる分には問題はありません。


 この種のプロジェクト、今はどうなってるのかと思ったら、後継者がおりました!


  

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=491939

 kvp様は先にE231系や115系などの日本形作例で紹介させていただいた、ハンガリーの方です。
 モデルは明らかに「ゆりかもめ」でしょう。というか、この種のAGTは(ほぼ)日本独自のものなのですね。この種の中量輸送機関、日本以外だとLRT(路面電車の新設)になることが普通のようです。システムとしてどちらが優れているかは評価割れるところですが……まぁ政治的な話はやめときましょう(個人的にはLRTびいきなので日本の交通政策は愚痴しか出てきません)。

 テストモデルはPFのリモコン対応で走るもの。
 誘導装置(実物や、或いはミニ四駆のローラーのような水平車輪)などはなく、道路側面に直に導かれるシンプルなメカです。
 但し、タイヤの前後はアームの張り出しがあり、ここが「誘導輪」がわりになっていると思われます。注目すべきは2軸車ながらタイヤが首振りすることで、これによってカーブをクリアして、かつタイヤそのものではなく、アーム張り出しの部分が道路側面に接触するようにしていることでしょうか。
 走行動画を観る限り問題はなさそうで、技術的には「あともう少し完成」に見えます。

 で、気になる導入コストはトラックシステムの入手に尽きるわけですが、例によって曲線はそれほど高価ではないようですね(笑)。
 そんなわけでレゴの都市交通として、往年のレゴモノレールシステム(1987−1994)やら「ひだか式」に対抗しうる可能性はありましょうか(少なくとも前者よりは安上がりです)。
 趣味的には、神戸のポートライナーや大阪ニュートラムの初期のもの(1980年頃導入)は趣味的にも「いい味」を出してるかも知れませんしね。モデル車種は意外と多そうです。
 
posted by 関山 at 23:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 海外作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ニュース】レゴ社は世界第2位の玩具メーカーに

 情報源toysnbrickのこの記事。

 更にその下はBloombergから。

 2013年上半期も13%の売上上昇(前年比)。これによって、ハズブロ社を追い抜き売上シェア世界第2位の玩具メーカーになったとか。

 上半期売上は以下のとおり。
1:マテル 21.6億ドル
2:レゴ 18.4億ドル
3:ハズブロ 14.3億ドル

 相変わらずの大躍進が続いています。
 なお、純利益に関しては前年比18%の上昇であり、その面では世界一とのこと。amazon.co.jp辺りでは相当な安売りされてる印象はありますけど、その意味での心配は無さそう(笑)。

 好調の理由はFriendsとチーマが好評であること。またアジア地区(おそらく日本は含まず)での売上が伸びてることのようです。

 と、云うわけで売上好調なら、その余裕で10000代もより充実してほしいもの。

 #10233のような大物トレイン系は年に1度はリリース。2年に1作じゃユーザ飢餓状態。
 #10220のような世界の名車モデルも年に1度はリリースして欲しい。
 モジュールビルは今のペースで大丈夫です……お腹いっぱい。
 PowerFunctionをBlueTooth対応に!(これは切実)
 マインドストーム高すぎ……。
 BtoBで、特注パーツ(既存金型で新色)やってくれないかしら? Bricklinkセラー向けにでも。

 この手のマニア願望というか妄想はほどほどにしておいて。オトナ・マニア市場が全体に占める割合ってどれ位なんでしょうね?
 あんまり高くはないと思いますが、イメージリーダー的には大きな存在なのでしょうか。
 
posted by 関山 at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | LEGOニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする