何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2013年07月31日

【国内作品紹介】mazta-k様の近鉄50000「しまかぜ」完成

 先に速報で軽く紹介しましたが、今回は完成故に本記事とします。

 しかし、JAMまでに6両編成を完成させて来られるとは思いませんでした。
 この1年間で、いったいフル編成を何本作られてきたのでしょうか……。

 先方の記事
http://maztak.blog.fc2.com/blog-entry-69.html

 まず、特徴的すぎる前頭部をよくぞキャノピー見立てで再現されてきたものです。あのパーツが予想以上の「ドハマリ」でしたね。無論、パーツの力だけでなく他の見立て・割り切りが秀でているのも大きいでしょう。
 
 ヘッドライトは贅沢に四灯仕様。これによって「つり目」が実に効果的に表現されています。コストに見合った効果と言えそうです。

 1・6号車部分のインテリア。座席が実物通りに豪華。なお、インテリアとPF機器を両立しているのも見逃せないところ。ライトへのケーブルはハイデッキの床下を通してるとか。
 CADの地点で印象的だったのは、この種の展望車の側窓は「パネル+ポチスロ」で十分に表現できるということ。うまくすれば#10002(#4547)のクラブカーっぽいものを安く作れるかも?

 特徴ある中間車群。2・5号車はロゴが目立ってます。必然の要素ですね。
 3号車は大胆な斜めライン。無理なく綺麗。
 4号車はダブルデッカー。
 この個性は10000形初代ビスタに通じるものありますかも……。

 3号車(個室車)インテリア。左から洋室。和室。洋室。
 部屋ごとの色調差が大胆で却って心地よい! 和室は「掘りごたつ」がこだわりだとか。え、と思うようなパーツの見立て。気になる方は元記事参照あれ。

 4号車(ダブルデッカー)をアップで。オレンジ色の椅子と白いカウンター。
 1階はダミーと割りきっていますが、スタイルに無理が出ないのでこの割り切りはありでしょうね。
 
 それにしてもマースクブルー?と青の対比が美しい。1・6号車同様の天窓処理も好ましいです。

 改めて編成で。
 屋上の処理も綺麗。ハイデッカーの部分は45度スロープで様になってます。
 中間車の屋上機器も結構細かい……。

 実物の報を聞いた時には、コンセプトのバブリーさやら近鉄特急の伝統文脈と違うこととか、正直色眼鏡で見ていた「しまかぜ」ですが、こうして作品になってみると予想外の魅力にやられた感じ(笑)。
 「現物」に(あと勿論、作者と)お会いできるのが楽しみでなりません。
 
posted by 関山 at 20:57| Comment(3) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【国内作品紹介】隼様「摩周丸」完工/#7938組換の北海道風ディーゼル特急



 先方の記事
http://ameblo.jp/ziyuunagennsoukyou/entry-11583039908.html

 隼様の「摩周丸」がシンボルマーク追加の他、大きくディテールアップを果たして完工されました。
 シンボルマークはお願いしたものの、「無理があるかなぁ」と思っておりましたら、予想以上の出来で正直驚いております。この寸法で「摩周湖と救命ブイと、イルカ」がしっかり表現されているではありませんか!

 1978年以降の青函連絡船を彩った各船のシンボルマークは国鉄にしては好ましいデザインでした(イルカが可愛い♪)。あるに越したことはありません。

 また、手すりや小型艇などのディテールが強化されているのも見逃せません。前者はグリルタイルを立てただけの簡単な表現ですが、効果はテキメンです。上下逆組の小型艇も見逃せません。救命系装備?の赤い部分も良いアクセントです。さすが、実物をご覧になった甲斐がありましたね。


 全体。この角度から見てもディテール追加で更に締まった感じがします。

◆◇◆◇◆◇◆         ◆◇◆◇◆◇◆



 同じく隼様の作品で、こちらは#7938組換の北海道風のディーゼル特急
 
 先方の記事
http://ameblo.jp/ziyuunagennsoukyou/entry-11583063115.html

 普通車−グリーン車−普通車の3両編成。
 前頭運転台部の盛り上がり方が、如何にも今のJR北海道の特急車のデザイン! レゴという素材ゆえの欧州っぽさもプラスになり、名組み換え作品の1つになっていましょう。
 また、前後の普通車のデザインが揃っているのも(側面窓割も含め)、組換ということ考えると難易度あげている由。下手に変化があるよりも難しいんですよね。そして、リアルティも出てくると。
 そのかいあっての整った、美しい編成と云えましょう。#7938の販促効果ありそうです。

 それにしてもこんな色調、リアルにもならないものでしょうか。
 あの辺の気動車や電車、今の銀+青とかよりも、暖かくて且つパワフルな赤系が似合いそうだなぁって思ってしまいましたよ(燃えそうなイメージで今はダメですか……苦笑)。


 前頭部。角ばってるのは余り気になりません。
 2×3窓を見立てた乗務員ドアは良いアクセントになっていましょう。
 
posted by 関山 at 20:11| Comment(6) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする