何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2013年07月28日

【作品紹介】Mazta-k様の様のICE-1(CAD)

 日本形、それも1990〜今世紀に入ってからの車両のイメージのあったmazta-k様にしては珍しい?題材。
 ICEの初代は1989年製造開始、1991年営業運転開始ですから、新しいように見えてもう22年も昔の列車ってことになります。

 高速列車の世代としてはそれこそ#10233ホライゾンエクスプレスの元ネタ、TGV Sud-Estとほぼ同じ。
 
 先方の記事
http://maztak.blog.fc2.com/blog-entry-68.html


 編成全景。


 動力車。全長40ポッチ程とのことで、レゴ標準スケールより幾分長めです。
 スロープ組んだ前面表現はスタンダードながら、レゴらしさがあって落ち着きます。実車にしても実際こんなスラント型ですものね。注目すべきは裾の丸み。これがこの車両のデザイン上の「キモ」でしょう。
 構成は無理がないので、良い意味で製品クオリティ。#10233と並べた時に違和感も無さそうです。


 中間車とインテリア。ドアの組み方は海外作品でよく見られるもの。でも、この車両には必然です。
 デッキ仕切りのガラスが綺麗。


 食堂車。インテリアは未だ検討中とのこと。
 大きく盛り上がった屋根の表現は自然。ここは「しまかぜ」のノウハウが生きているのかもしれません。ポチスロは身近ながら万能な部品ですね。


 勿論、今年のJAMには間に合わないでしょうし、製作予定も未定でしょう。
 でも、日本発のICEのモデルは結構楽しみではあります。拙作のTEE(VT11.5/VT601)とか、ET403辺りと共演させたくもなります。
 
posted by 関山 at 22:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする