何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2013年07月27日

【国内作品紹介】よりスマートに力強く。G@ひたひた様のED500形電気機関車の8年ぶり復活

 G@ひたひた様のED500-901のモデルは、以前にアップされていたのを覚えておられる方も多いでしょう。


http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=151907
 2005年作品。動力化は考慮されていないものでしたが(9VとRCが交錯した微妙な時期でした)、形状把握の適切さとか、ワンアームパンタの作りなど当時話題になったもの。実物とことなる箇所もありますが、それはそれで好ましいアレンジでした。


 そのED500。JAMの裏テーマ?「9」の付く車両ということに合わせ、8年ぶりに動力化の上でのリメイクです。

 
 先方の記事「ED500-901をリメイク中……」

 ぐっと精悍に。実機の印象により近く。真っ黒な部分が大幅に増えているのですね。
 RCトレインプレート使用の関係で、車体を延長されていますが、ED500はD形と言っても相当な全長があったってことを思い出させてくれます。
 前面表現は前作と大きくは変わりませんが、やはりあの表現は最適解だったのだと思います。スロープトップでの尖った表現は陳腐化していません。
 
 一方で、前面下部には丸みを付けてきました。これでよりマッチョ感が増した感じ。機関車には或る程度力強さも必要ですものね。
 スカートも丸みがついて、よりリアルに。

 側面ではモニタ窓が実物通りの数にずらっと並んでいるのが壮観です。貴重な?1×1クリアブロックの有効な使い方でしょう。


 反対側側面。こちらのサイドはルーバーがあって如何にも電機らしい。左右側面が違うお題って手間はかかりますが、完成後にお得感はありましょうね。

 交流電気車の魅力でもある、屋上機器がより「攻撃的」になっているのも注目されましょう。大きな斜めガイシはインパクト充分です。あとはワンアームパンタがどんな表現になってくるか、楽しみでなりません。


◆◇◆◇◆◇◆            ◆◇◆◇◆◇◆


 さて。お楽しみ?実物解説。ED500形は例によって試作機関車。しかし。
 JR貨物のED500形、と言うよりは「日立製作所のED500形」<<続きを読む>>
posted by 関山 at 18:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【イベント(JAM)】ご意見募集! 看板の色 「緑」か「黒」か?

 Azur様の作られた看板の色ですが、ご意見募集します。

  

 緑を含むバージョン

  

 緑を含まず、「基本5色」のバージョン

 brickshelf
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=531905

 個人的には、一瞬「緑が入るほうが優しい感じがして、やっぱりこっちがいいなぁ」と思ったのですが、黒が入る方もよく見るとビビッドな感じが悪くないような気もします。
 また、前提として設置されるのが「緑のカーペット上」であるのも忘れてはなりません。
つまり全体では緑が溢れてます(笑)。

 はっきり申せば、独断できません。

 思い切って、「幅広い世代の」皆様からご意見募集します。オールドレゴとか「五族協和旗」マーク馴染んでる世代から、中間色バリバリ全開な世代の方まで……。
 ズバリ、緑と黒どっちがよいでしょう?


 参考画像:管理人所蔵の五族協和旗なパッケージ(笑)。
 今見ると、どぎつい印象もあるんですよねぇ。

◆◇◆◇◆◇◆               ◆◇◆◇◆◇◆
 Azur様へ。
 バージョン1とバージョン2、それぞれ1つづつ作られているのでしょうか?
(こちらはバージョン2作ったあとで、バージョン1は解体されたものとばかり思っていました)
 無論どちらかでも構いませんが、両方あれば申すことはございません。
 配置上重要なことなので、ご返答いただければ幸いです。

 あと、色に関しては製作者の意図もお伺いしたいです。
posted by 関山 at 15:30| Comment(16) | TrackBack(0) | イベント(JAM) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする