何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2013年07月26日

【価格情報】#10218ペットショップ 40%off 15645円/未だタウンホール#10224も19990円


 2棟作れて美味しい? 「#10218ペットショップ」が久々に40%offに! 15645円です。
 1棟辺り7800円って解釈も出来ましょう。5100円のお馴染み#31012ファミリーハウスも素晴らしかったのですが、#10218には明らかに#31012×3分の価値はあるんですよねぇ(変な喩えですが)。

 個人的には現行(いや歴代か?)モジュールビルの中では一番気に入ってる製品です。2セット買って2セットめは色替えとかして遊びたいなぁと思ってそのままになってしまってますが。でも、こんな遊びができるのも現行のうち、安いウチなんですよね(笑)。


 

 先日20000円を切った件をお知らせした「#10224 タウンホール」ですが、未だマケプレ扱いの品(amazon倉庫発送で送料無料)で19990円の品が残っています。実質最安値ですのでお早めに。
 なお、他のモジュールビルとはボリュームが違いますので、価格は決して割高ではありません。
 #10224は2766ピース、上の#10218は2032ピースですから実に1.36倍の物量なのです。
 
posted by 関山 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 価格情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【レゴ製品】さくれつ様の#21103デロリアンタイムマシーン。ご本人のレビュウ。

 7月18日地点で、Eurobricksに上がっていたRufus氏のレビュウを紹介させて頂きました。

 原型制作者をして「私がもう書く必要がないぐらいの完璧です。」と言わしめた内容の濃いものでしたが、その原型製作されたさくれつ様もお手元に届かれたらしいサンプルをレビュウされています。無論、必読です。



さくれつとゆかいな仲間たち
「LEGO Back to the Future Time Machine Review」
より。

 

 【マーティ】と【ドク】。左が製品版で、右が原型。
 それぞれに良い所がありますが、一般ウケしそうというかよりレゴらしいのは「製品版」でしょう。
 ドクのトルソのパターンがかなり細かくなっていて、今時の版権物フィグのクオリティ。
「中の柄シャツもよくここまで再現できたなと、比較するのが嫌になります。」とのこと(笑)。
 でも、マーティは原型のほうが俳優さんっぽい雰囲気かしら。


 デロリアンは前後側面がきっちり比較されています。
 一番印象に残るのは側面比較。左の製品版が一回りコンパクトになっているのが一目瞭然。ダインサイジングで引き締まった印象です。

 内装の比較もあり。専用プリントパーツ多様の製品版の方に一理あり?

 もう結論なのですが、
私の感想は、レゴ社のデロリアンが勝利でしょう。
いくら忠実に再現しても大きすぎるし、
人形とのバランスがやはり重要だったなと。
今後の課題でもあります。(中略)
レゴ版のデロリアンは400パーツぐらいで構成されていて、
私のデロリアンは500オーバーなんです。

100パーツもカットされてあのクオリティを叩きだせるわけですから、
レゴ社のベテラン30年のビルダー恐るべし。

 パーツ数を削ってクオリティを維持する……。凄いことをやっているわけですね。
 なお、話題になってしまったボンネットのデザインと、タイヤ可変ギミックについても詳細に触れられています。敢えて引用は控えますので、ぜひ元記事のご一読を。少なくとも原型制作者の意図を無視したアレンジでないことは分かりますから。

 作品と製品の間にある垣根。それを乗り越えようとした原型。
 しかし、上から引っ張りあげて垣根超えを手助けした製品版と製品デザイナー。
 合わせて良い仕事をされた、幸せな一例なのだなぁということが伝わってきます。

 とはいえ、製品版はそのままでは「二人乗り出来ないこと」にはツッコミがあります。確かに製品のテーマ上、致命的欠点かもしれません。
 ですが、なんと製品内パーツで出来る(!)改善策が細かい手順入りで示されています。これも、このセットを入手された方にとっては必読になるでしょう。


 幻の6幅バージョン(左)の情報もありました。
 幻ではありますが、製品版にこの雰囲気の良い所がフィードバックされた感じはあります。

 というわけで、今回のユーザーと公式のコラボは「第一印象」を吹き飛ばし、気持ちのよい製品を見せてくれた感はあります。ますます#21103が欲しくなるのでした。

 あとは、国内販売のアナウンス待つだけです。
 
posted by 関山 at 22:37| Comment(3) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする