何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2013年07月17日

【製品購入レビュウ】#79111トレインチェイス改造2 動力化成功。最小限の手間で。

 動力化対応が公式になっていない#79111のPF動力化に関しては、幾つものアプローチが考えられましょう。
 1:ユーレイ式
 ダミーの後押し客車を新造する。又はセットの貨車に動力仕込む。
  →所詮ダミー動力車は魅力が少ないです。
    また、それっぽい客車自体1両新製するのは結構、手間。

 2;テンダドライブ完結
 炭水車に電池BOX・受光ユニットを搭載(炭水車の全長を延伸)。炭水車の車輪をPFトレインモーターに変更。
  →炭水車一両で済むのは良いのですが、炭水車の全長は最短で13ポッチ。
  これでは外見が崩れる懸念があります。


 3:テンダドライブセパレート
 炭水車に電池BOXを搭載。炭水車の車輪をPFトレインモーターに。受光ユニットを機関車キャブ部に搭載。
  →炭水車の形状は大きく崩れません。機関車と炭水車の間にケーブルが往復する問題はあります。

 4:エンジンドライブ
 炭水車に電池BOXを搭載。PF-Mモーターを機関車内部に。受光ユニットを機関車キャブ部に搭載。
  →理想であるのはわかってます。工数は一番多いでしょうね。
   走るかどうかの調整も手数です。

 総合的メリットから「3」案に決定。
 また、今回は「だれでも真似できる」「製品としての機関車の形状・形態をできるかぎり変えない」のも目標としました。


 改造はこんな感じ。

 炭水車をバラして車輪をPFトレインモーターに差し替え。水槽・炭庫部分は電池BOXを収められるようにすること。意外とパーツの差し替えが必要でした。
 電池BOXによりカサが増えてしまった分を増炭枠で誤魔化しています。高さ1フェンス使うことで重苦しくならないよう。

 炭水車と機関車の間は磁石連結器からドローバーへ。炭水車のホイールベースが伸びるので、通常の連結器では連結面が開いてしまう。また、ケーブルで繋がる以上切り離しし難い方が好都合でもあります。
 ついでに言えば連結器部品の節約にも繋がります(笑)。
 
 機関車は受光ユニットのキャブ内搭載。及び屋根を受光部に切り欠き改造。





 完成。こんな感じ。雰囲気も、そして全長も変えずに動力化成功。


 無論カーブもポイント分岐側もクリア。
 炭水車に若干ボリューム感が出ていますが、個人的には許容範囲。実物だって増炭枠とか載せたりするわけですし。キャブに機関士を乗せられないのは#10194も同じで諦めましょう。

 なお、先にロッド取り付けを済ませていますが、動力化にあたってロッド取り付けは必須ではありません。但し、走行させた時の楽しさはロッドありのほうが断然、上です。サイドロッドだけでもお薦めします。


 それにしても、#79111も最初からこの程度の公式動力化対応は考えて欲しかった。
 炭水車の車輪をダミーモーター(#7938の非動力車の台車や、#7939の非動力台車)にして、電池BOXを積む空間を空けて置いてくれれば良いわけですから。これでPF機器やら#7938等のトレインセットを売る機会を逸してるんだとしたら……。
 機関車本体へのモーター(PF-Mサイズ等)搭載は公式製品じゃ無理と悟りましたが、テンダードライブなら無理なく出来ましたよ!


◆◇◆◇◆◇◆     ◆◇◆◇◆◇◆



 閑話休題。使用パーツとか手順は以下の通り。<<続きを読む>>
posted by 関山 at 23:06| Comment(5) | TrackBack(0) | レゴ製品購入レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする