何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2013年07月16日

【作品紹介】隼様の「摩周丸」。まさかの青函連絡船。

 まさか鉄道連絡船「摩周丸」。それも比較的大柄な津軽丸型を作って来られる方がいらっしゃるとは思いませんでした。

 流石にミニフィグスケールではなく、また車両搭載も出来ませんが、この割切りでもってあの大物を形にされただけで絶賛ものです。



 先方の記事

 雰囲気の捉え方が正確。懐かしき、あの船にしか見えません。
(1960年代の建造ですから、今見るとずいぶん古い線型です。1988年の退役からもう25年経つのですね。そういえば、その後の津軽海峡のフェリー就航史も高速船が二度コケたりとか、えらくカオスですけれど)

 船首部分は積分的手法ですが、ここも違和感皆無です。よく見ると全体が奇数幅で組まれているのですね。随分手間がかかったと思います。
 マスト部分も精細。現代の船舶をモデルにするときに、ここが大事であることを意識させられます。
 フェンネルの「JR」も頑張られた部分ですね。
(さすがにシンボルマークの再現は難しいでしょうか?)


 後部より。この面も正確です。車両甲板の扉やレールなど。よくある自動車航送船とは一味違う形状が魅力。
 後部の絞込は逆スロープ部品を部分的に使っているのが効果的です。喫水線間際の絞り込みもキュート。大型船モデル(但し、ウォーターライン)のベンチマークになるべきモデルでしょう。

 さて。
 素晴らしいモデルであるのですが、問題があるとすればJAMのレイアウト上の配置場所でしょうか?
 流石に他のモデルとはスケールが違いますので、上手く配置しないと不自然に見える可能性はあります。
 但し特撮のセットなどでは意図的にスケールの違うミニチュアを混ぜて遠近感を強調するような手法もありますから、「上手く行けば」と思うのです。

 どなたか、知恵貸してくださりませんか?
 

 
posted by 関山 at 21:41| Comment(10) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【実物鉄道】「称賛の声が続出…すばらしくクリエイティブに変貌したドイツの高架下のデザイン」らばQより

http://labaq.com/archives/51796164.html
 より。



「高架下や橋げたなどはコンクリートむき出しになっていて、殺風景であることが多いものです。
ドイツの高架下も写真のように美しい景観とは言えないものでしたが、とある工夫によって大きく変貌したそうです。いったいどうなったのかと言うと……。」

 なんか参考になるだろうと思ってみた記事でしたが、その答えはあんまりにもド直球ストレートでした。


 リアルなレゴトレインなインフラ!

「まるで橋そのものがレゴを組み合わせて作ったように見えます。色を塗っただけなのですが、最初からこのデザインの橋だったかのように自然。」とのこと。納得です。

 レゴやってると、パーツの整合性とかツッコミどころはないわけではありません。が、このアイディアが出てきたことと、実行してしまったことに驚かされます。また、これがすんなり?通るほどに欧州社会ではレゴは一般的で市民権得てるんだなぁってことも。

 しかし、ドイツのことです。
 この橋を渡っていく列車はそれこそ#7938な近郊型電車とか、#7939な貨物列車だったりするわけで。
 残念ながら元記事には列車が写っている写真ありませんでしたが、写し方次第で実物をおもちゃのように見せることも可能かもしれません(笑)。

 あとデュプロでリアルなレゴワールドに再現できないかなぁと思うのも、あり。

 まぁ、実物でもレゴでも、この種のアイディアはやりすぎるとクドいので要注意ですが。
 珍しいからのインパクトなのでしょうね。 
posted by 関山 at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 実物鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【価格情報】トレイン祭り継続中! 輸送力増強は今のうちに/テクニック大物新旧揃い踏み

 新製品攻勢も一段落。派手なニュースはありません。
 しかし、定番が安値安定という、実は一番良いニュースなら。


 先日発売されたばかりの「#10233 TGV」も、「#79111 西部の汽車」もお得価格(36%off)継続中です。どちらも9354円。輸送力の増備・増強は今のうちに?

 動力化に便利な「#7938 超特急列車」も再安値水準。
 レールは最安値の1609円。使いにくいと不評な?フレキシも裏面にクリアテープ(OPPテープ。100均にあり)貼ると安直に直線代用できます。
 
 基本インフラ! ポイントも長く品薄でしたが、今は24%offで2000円切った価格です。一家に一組。


 駅にはクリエイター建物系の組換をお勧め。#31012の汎用性は皆が認められるところです。
(大まじめで、これからレゴはじめる人には「#7938超特急+#31012ファミリーホーム」をお薦めします)
 #7346シーサイドハウスは夏らしくて良いかも? 38%offですからかなり安くなってます。
 絶版の#5891マイホームは何故か再入荷、36%offで4336円。
 駅前広場とかロータリーが揃うのも今の良い所。#60026ショッピングスクエアは33%off 8762円。Friendsにはお店各種もありますし。


 テクニック。一時期品切れだった「ウニモグU400 #8110」が40%offで再入荷です。15720円。空気系では以下の後継製品出てますので、遠からず入手は難しくなる可能性もあります。

 後継製品?で電気と空気の両方使う「#42008 サービストラック」は36%offで9354円。8月2日発売。
 同じく8月2日発売の「#42009 モービルクレーンmkII」は34%off 17945円。このボリュームでこの価格。

 インドアリモコンな(暑い夏でも室内で遊べる!)、「#9398 4WDクローラー」も35%off 16998円。

 と、いうわけでテクニック大物系が新旧揃って充実な、2013年の夏なのでした。
 
posted by 関山 at 14:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 価格情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする