何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2013年06月20日

【作品紹介】taizoon様の、PF化された4.5V作品(その1)

 以前、かう゛ぇ氏の撮影された写真から紹介させていただきましたが、ご本人がbrickshelfにアップしてくださりましたので改めて紹介させていただく次第。

 基本的に、1980年代の灰レール4.5Vをベースに、PowerFunctionリモコン対応にアップデートされた作品群。無論、今から見れば4.5Vは4.5Vなりの良さもあるのですが、あの可愛い車両たちを「自在にコントロール」したいというのも分かる話です。

 無論、当時の純正回答として12Vは有りましたが今となっては(いや、当時はもっとか?)敷居が高いですし、後世の9Vでは動力足回りの選択肢が皆無という問題も。何より銀色の集電車輪は「違和感」として感じられる部分でもありました。
 その意味ではPF化は一つの正解。現行のレール上を自由に走り回れるのもメリットです。
(勿論、システムとしての4.5Vは面白いものなので、動態保存の価値は十分にあります)


◆#7710のPowerFunction化



  

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=529914
 1980年の手押し列車の機関車がベース。

オリジナルはこんな感じ。

 車輪をBBBミドル化した分若干(2プレート?)車高が上がっていますが、気になる程度ではありません。寧ろミドルサイズの車輪に力強さ・蒸機らしさが感じられましょう。シリンダだけは今の部品を使っていますが、これでも当時のシリンダ部品っぽく見えるので違和感はありません。
 上回りに関してはモータと受光ユニットを内蔵しつつルックスが殆ど変わっていないのが凄い。よくみるとキャブ内に受光ユニットがあって、キャブ後部に露出していますが。但し、「バッテリーカー」がほぼ常時連結されますから気にはなりません。

 バッテリーカーは灰レール時代の「黒車輪・赤車体・灰屋根」というスタイル。言うまでもなくお似合いです。中身が単二×3ではなくて、単四×6なのは云うまでもありません。

 なお、#7710など灰レールの手押し列車を4.5Vで純正動力化すると、動軸数が二軸となり若干物足りない印象になる問題もありました。その意味でもPowerFunction化は効果的ですね。



◆#7715のPowerFunction化



  

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=529906

オリジナルはこんな感じ。
 
 こちらも#7710と同様のアップデートです。4.5Vモーター用の穴あき台枠部品という制約の中で動力を仕込んでいるのはやはり凄い。
 また、やっぱりBBBミドルは似合っています。ただ、この機関車に関しては動輪が大きくなった分、力強さよりも寧ろ軽快感がありますね。小型でも、旅客列車用っぽいのです。
(なお、連結器は上下逆につけては如何でしょうか? 炭水車などと高さが揃うはずですし、車高が上がった分がより目立たなくなると思います)

 上回りの外見が維持されているのは同様です。但しこちらは受光ユニットの露出が避けられているのが印象的。ドアがうまく隠してもいます。乗務員のミニフィグは上半身だけですが、この割り切りもありでしょうね。あの時代のレゴトレイン……もといレゴ汽車シリーズはミニフィグの存在感が大きかったのですから。

 こちらの機関車は炭水車を「バッテリーカー」としています。
 電池BOXに合わせたぎりぎりの寸法ですが、タダの箱型ではなく後端を斜めにしたデザインがお洒落。ヘッドライトもあるので、炭水車側を前に走ってくる姿も様になりそう。
 あと、PF用の車輪枠とPF赤車輪(小)の組み合わせで、「精密感ある赤車輪」を実現されているのも名案ですね。4.5Vのオリジナル車輪使うより寧ろルックス秀でていましょう。
 
<その2>に続きます。
 
posted by 関山 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【brickshelfより】狙ったわけではありませんが欧州系

 レゴトレインにはアメリカ系と欧州系という、極端に言えば二つの大きな流れがあります。
 今回は何故か後者に偏りました。あ、台湾の日本製電車はちょっと違いますが。

 余談ですが、日本以外のアジア圏だとアメリカ製と欧州製が一緒に使われてるケースが珍しくなく、こうした分類も意味を成さなかったりしますが。フランス製電機の牽く20系風日本製客車の特急列車……すれ違うのはアメリカンスタイルのディーゼル機関車。なんて情景が日常だったりしますから。


◆LEGO-Train-12-Volts様の、小規模な給水塔と詰所
  
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=487017
 給水塔は蒸機には必須の設備ですね。足の組み方が面白いです。デザインはアメリカ風か?
 詰所は小規模ながら石造りのがっちりした感じのものです。


◆helos様の、欧州型大型冷蔵車(フランス国鉄)
  
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=420349
 欧州型の冷蔵車は屋根が深く、何処か優雅な印象さえあります。
 精細志向な作品なので、台枠や車体のリブの表現に隙がありません。青いタイプですが、八角形のドアまで再現されているとは。冷凍機周りの意匠も魅力的。


◆同じくhelos様の、イタリア国鉄E444形電機と、TEE客車
  
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=488089
 大変珍しい、イタリア形の作品です。7幅。
 電機E444形は何故か「亀」のあだ名のある、特急用の「高速」機。流線型を横組みで再現。前面窓はキャノピーで処理。
 カーブスロープ駆使の屋根のまろやかさも目を引くところです。

 客車はなんと5両編成。一等車が3両、食堂車1両、荷物車1両。
 濃灰色とクリームのツートンに赤帯という姿が実に上品。ちょっとだけ気になるのは赤帯がシールということですが、これをプレートにするといくらか省略も必要になるので致し方ないところでしょうか?
 荷物車はドアのシャッターの表現が面白い。タイルとプレート重ねることでスジをつけています。


◆nielslegotrainfan様の、オランダの急行用蒸気機関車
  
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=487448
 形式不詳です。オランダは西欧の中でもかなり早い時期に蒸機を駆逐した印象がありますが。
 イギリス機を思わせるすっきりしたスタイルのテンホイラー。先輪のみならず、炭水車の車輪まで青にしているのはコダワリでしょうか(若干魔改造入っていましょうが)。


◆legofrik様の、穀物サイロと積み込み設備
  
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=487417
 大規模なストラクチャー……? と思いましたが、よく見ると現実的な規模に収められているのですね。十分にそれらしい雰囲気が感じられます。サイロから伸びたコンベア、積みこみスポートのパイプや鎖など、説得力のあるディテールが堪りません。Cityのシールの使い方も巧い。ホッパ車がたくさん欲しくなります。


◆jin879様の、台湾鉄道管理局EMU700形電車
  
 EMU700は2008年ころから投入されている通勤形電車で日本製。スネ夫ってあだ名があるそうな。
 モデルは8幅の超精密なもの。ラージスケールのメリットを使い尽くした展示物的魅力のある作品です。大胆な前面造形は8幅ならでは! と思いますし、台車枠の凝り方も凄い。
 惜しむらくは先頭車1両しか作られていないことでしょう……。


◆BSR様の、Taurus
  
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=487880
 詳細は不明ですが、ジーメンスの標準型電機Taurusの特殊バージョン?
 塗り分けはシールに頼っていますが、流線型の複雑な造形を隙間なしに成し遂げているのは凄いです。Taurusは標準機ですから、この斜め組はいろいろ活かす機会もありそう。
 ドアの手すりに貨車エンド柵部品を使っているのも面白い。この発想はありませんでした。
 なにより、ライム色の車輌というのはとにかく新鮮ですよね。


◆ger5664様の古典路面電車
  
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=487886
 欧州系の古典路面電車。長すぎるほどのオーバーハングが却ってリアルですね。
 台車の覆いであったり、前面上部の系統番号表示であったり、「大−小−大」の窓配置であったり欧州らしさ満点。何よりすごいのはサイドモールをプレートで表現してしまっていることでしょう。この種の電車にはやっぱり装飾が必要なのです。
 モジュールビルに合わせていますが、こんな雰囲気のトラムは公式でも欲しいところです。
 
 最近は公式でも良い物で過ぎて「レゴ社に、あれだしてこれ出して」という要望があんまり思いつかなくなってきたのですが、トラムシステム(専用レール・専用のワンピース形の動力装置etc)はいつか欲しいものです。
 
posted by 関山 at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | Brickshelfより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。