何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2013年06月14日

【作品紹介】g@ひたひた様の国鉄591系電車。振り子式試作車。ほぼ完成。

 少しづつ紹介してきましたが、ついに「完成」だそうです。

 先方の記事。「国鉄591系(高速試験電車)プレ・ロールアウト」

 まず、実物について。詳細こちら(wikipedia)

 1970年に1編成のみが建造された振り子式電車の試作車。車籍を有するものとしては日本初の振り子式電車ですし、世界的に見てもかなり初期のものになります(知る限り、フランス国鉄に次ぐ2作目)。
 3車体の連接構造を持ち、運転台は運転席からのビューポイントの比較のため、前後で低運転台と高運転台の別形状になっていました。

 その成果が反映された量産車が381系で、曲線での高速走行を可能にする振り子式機構と低重心のアルミボディは引き継がれたのでした。但し、381系では運転台は国鉄特急型としては標準な高運転台のみとなり、連接構造も採用されませんでした。
 591系自体も、1971年には早くも連接構造を捨てて通常のボギー車2両編成に改造されています。現在に残る591系の写真の多くはデビウ当時の3車体連接のものですが、この車両の寿命としてはボギー車2両編成時代の方がずっと長かったのです。
 1980年に廃車解体。381系が中央西線・紀勢線・伯備線と活躍の場を広げつつある中ですから、試作車として天寿は全うしたと見るべきでしょう。

 最後に余談。低運転台側の左右非対称の顔は201系や205系という国鉄末期の通勤型電車に影響を与えています。201系900番代は1979年デビウですから、591系の廃車までに顔合わせがあれば面白かったと思うのですが、素人が思う以上に三鷹と長野は離れていたようです……(笑)。


 さて、G@ひたひた様の作品に戻って。
 実物同様の「振り子式」ですが、そのために車体と台車の間が1プレート?開いています。しかし、全く気になりません。台車+床下機器は無理の末、新灰色に統一できたようですが確かに効果的。近代的に、そして軽快に見えますから。
 床下機器は大振りなエアタンクが実に楽しげ。台車も連接台車はリンク機構が表現され差別化されています。

 車体では既に触れてきたことですが、丸みの強い高運転台側前頭の表現やら、側面の2×3新型窓の横組みが目を惹きましょう。新しいスタンダードになるのでしょうか?
 編成で見ると、ツンツルの何もない屋根上で交差式パンタグラフと碍子が映えるのがわかりますね。
 
 ありがちな表現ではありますが、サムネイルどころか普通に編成写真をみただけで「一見、レゴに見えない」というやつですね。これが6幅で収まっていることに、6幅の潜在力を感じます。

 低運転台側の方から。こちらも複雑な塗り分けを処理されていること、運転台周りのやっぱり複雑な組み方がわかりましょう。
 動力台車も振り子式。そして台車と車体の間に太めのケーブルが必要なPowerFunctionというのも驚嘆すべきこと。

 内部の詳細は別記事が上がっています。「動力台車中心ピン付近の問題点を修正……」
 
 動力台車と、動力台車用の車体傾斜機構。
 動力台車にはΩ状のチューブ、これが車体内部と組み合って、カーブで傾斜させるとか。チューブはニューマチック用の軟質なものゆえ、「不慮の変位を吸収して脱線を防ぐ」とか。適度にゆらゆら?

 PF機器の収容状況。電池BOXは上下が逆転。台車へのケーブルはなるべくゆとりを持たせて、車体傾斜の影響を少なくしているように見えます。


 あとは走行動画が楽しみですね。
 レゴでの振り子式はこれが初めてというわけではないようですが、これほど本格的なものはやっぱり「世界初」なのでしょう。
 
posted by 関山 at 21:17| Comment(8) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする