何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2013年04月17日

【ニュース】LDC東京「大人のレゴ教室」レギュラー化

 3月の開催がチケット即時完売と、盛況であったレゴランド・ディスカバリー・センター東京(お台場)の「大人のレゴ教室」レギュラー化の模様です。

 以下、イープラスのメールマガジンより転載します。
レゴランド・ディスカバリー・センター東京
好評につき「大人のレゴ(R)教室(初級)」のレギュラー開催が決定!
チケットは4/17(水)18:00より随時受付開始!
───────────────────────────────

大人だって、レゴ(R)ブロックが好き!遊びたい!

日本一のレゴ(R)職人が基本図形やアルファベット、インテリア活用方法までを伝授するレゴランド・ディスカバリー・センター東京のイベント「大人のレゴ(R)教室(初級)」が好評につき、レギュラー開催決定!

「大人のレゴ(R)教室」は、5月から毎月1回、金曜ナイト開催を基本に、順次、LDCの公式HPなどで開催日時を告知していきます。

7月までは「初級編」として、基本図形やアルファベット文字、オブジェ作りを実施。当日は16時からご利用いただけるLDC東京の施設アトラクション利用券が付き、講師料・材料費を含め、お1人様2,000円(税込)です。

レゴ(R)ブロックはたった6個のブロックでも9億を超える組み方ができ、お子さまはもちろん、大人の方の創造力も刺激するロングベストセラー玩具です。本イベントを通じ、インテリアのオブジェやアート作品、身近な生活用品としてレゴ(R)ブロックを活用できるよう、目指してください。

[開催日程]
5/17(金)、6/7(金)、7/12(金) 各日19:20集合/教室19:30〜20:45
※16:00より入場可(21:00閉館)
※施設への入場は16:00〜可能ですが、途中退場された場合の再入場は不可となります。

▼詳細・各種チケットのお申込みはこちらから
http://cc.eplus.jp/c/tl?i=QiYrQ2R2D5JgjInt

[大人のレゴ教室(初級)付きチケット受付開始日時]
<5/17(金)開催分>4/17(水)18:00〜
<6/7(金)開催分>4/26(金)18:00〜
<7/12(金)開催分>5/24(金)18:00〜

※先着順のため予定枚数終了次第、受付終了となります。
 平日夜というあの種の施設のアイドルタイム?を使った名企画、先ずは継続・定着のようで何より。
 なお、通常の前売りチケットは16時以降指定は1300円ですので、講師料と教材料が700円ということになり、かなりお得ではありますね。

 この記事アップの地点では、まだ5月17日分の空席はあるようです。
 
posted by 関山 at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | LEGOニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【レゴ製品】minifiguresの話題(シリーズ11とMr.Gold)

 amazon.co.frにはシリーズ11が既に登録されているらしいのですが(但し発売時期の情報なし)、内容にも軽く触れられています。

 情報源bricksetの以下の記事。
 this collection includes: a scientist, a female robot, evil, a jazz man, an elf, a policeman, a Bavarian woman, a waitress, a scarecrow, a barbarian, a welder, a mountaineer, a grandmother, a warrior tiki man and gingerbread.

 とのこと。これは去年(2012年)11月25日のリーク情報と一致しています。
Yeti(雪男)
Evil Mech(悪のメカ?)
Welder(溶接? 溶接工?)
Lady Robot(女性型ロボ)
Jazz Musician(ジャズミュージシャン)
Constable([城主 もしくは治安関係の公務員])
Holiday Elf(ホリディエルフ?)
Bavarian Lady(ババリア地方の女性)
Scarecrow(かかし)
Mountain Climber(登山家)
Grandma(おばあさん)
Tiki Warrior(ポリネシアの戦士?)
Gingerbread Man(クッキーでできた人)
Barbarian(野蛮人)
Dinner Waitress(ウェイトレス)
Scientist(科学者)
 Constableは警察官という意味のようですが、シリーズ9の警察官(アメリカ仕様)とはどう区別化するのでしょう。ひょっとするとフランス語から英語への翻訳時の手違いかもしれませんが……。
 ウエイトレスは封入数2/60にならないで欲しいものです。まぁシリーズ9/10の実績的に有り得そうなんですよねぇ。ジャズミュージシャンは楽器に期待でしょうか。
 ところで、このシリーズには定番の重戦士枠がないんですね。そこはちょっと地味かも?
 
◆◇◆◇◆◇◆        ◆◇◆◇◆◇◆


 シリーズ10の「Mr.Gold」はeBayで999ユーロ(約13万円)の値がつき、そして売れて(!)います。

 もう一つ出品あるようです。こちらも即決で999ユーロ。流石に未だ落札されていませんが。予想された通り、世界一高価と(思われる)ミニフィグになってしまいました。
 
 今後の相場の推移はわかりかねますが、もう普通に買える相場ではありません。「宝くじ的」確率で偶然出てきたら、一儲け、という感じです。


 なお、こんなシリアル入証明書もついてくるそうで。ガチで世界に5000個なのですね。

 こちらも情報源bricksetです。
 
posted by 関山 at 19:19| Comment(6) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする