何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2013年04月13日

【作品紹介】かう゛ぇ様の「アニーとクララベル」。古典英国客車の完成



 先方の記事
http://legohouse.seesaa.net/article/354925968.html

 紆余曲折のあった、英国古典小型客車の「アニーとクララベル」がついに完成した模様です。
 まず、「汽車のえほん」シリーズゆえの顔の表現が凄くいい。3幅に調整した顔がバランスいいですし、ほっぺたの○タイルが凄くそれらしいのです。あの新部品は本当に偉大!

 また、側面が実にコンパートメント式の客車らしい。窓部品なしでも、或いは横組など駆使しなくても「窓」は出来る好例と申しましょうか。ドアと窓で高さ1プレート変えてるのも効果的なのですね。タイルやグリルブロックで平坦にならないようにしているのも好感。


 編成にて。絵本でお馴染みのあの姿が遂にやってきました。
 少し前のツートンカラーの客車も良かったのですが、やはりこちらの方が「らしさ」ではずっと上。
 なお、荷物室付き(日本流で言えば「ハニ」相当)のクララベルは窓配置も変えてる細かさ。原作絵本でもそこまでかき分けしてなかったと記憶します。名前付きの客車ですから個性は必要でしょう。そういえば目プリントの1×1ブロックも使い分けされてますね。
 前作のヘンリエッタやトービーも含め、あの世界観は確実に充実しつつあるよう。やはりいつかは大型機のヘンリーやゴードンも欲しい? その前に中型機エドワード? class08なディーゼルとかGWRのダックも忘れちゃいけません。
 そうそう、今回の客車の窓配置的には、気動車のデイジーも作れますかも? 濃緑はちょっと難易度高めですが。

 さて。余談。
 日本の鉄道も明治期は英国様式が多々入っており、小型客車のスタイルは英国と大差なし。そうした客車のあるものは昭和30年代まで救援車(滅多に使わないので古いもので十分)やら、私鉄払い下げ(※)で生き残ったものもありました。さすがにコンパートメント式ではないものの、車体形状にその面影を濃厚に残してたりしたのです。昭和30年代ともなると明るいツートンカラーに塗られて、引っ張るのはディーゼル機関車とか気動車とか電車とか。そうした小型客車を制作する参考になるやもしれません。
 
 ※:私鉄→明治末の国有化で国鉄→大正頃に雑形払い下げで私鉄に→昭和、戦時中の私鉄買収で再度国鉄車籍に→戦後雑形の払い下げで私鉄に……という遍歴歩んだ車さえあったそうです。
posted by 関山 at 23:57| Comment(3) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【価格情報】幽霊屋敷久々に安めに?/快適な座椅子

 一時期寝上がっていた「#10228 幽霊屋敷」が31%offまで落ちてきました。最安値ではありませんが、そろそろ去年までの円高マジックが通じるか通じないか……という状況なのは事実です。また、モンスターファイターというシリーズ自体が収束しているため、入手機会もふんだんとはいえないでしょう。ホラー系は後日人気出るので妙にプレミアつきやすいのも事実ですし。


 モンスターファイターというと、#10228とは微妙に下位互換性のない(ミニフィグ的に)#9468バンパイア城11600円送料込とやや安め。既にamazon.co.jp扱いは終わってマケプレ品のみですので、今後は入手難しくなるかもしれません。
 10000代といえば、#10224タウンホールは34%off 20000円余の20808円で安定しています。買いどきといえば買いどきでしょう。
 一時期品薄だった、#10211グランドデパートも35%off 16990円。2010年製品ですが、平均的商品サイクル超えてよく生き残ってるもの……という見方もできましょう。
 #70500 カイのファイヤーロボ35%off 1031円。一時期は品薄で定価以上のプレミアついてました。1000円余と思えぬパーツの充実っぷりのセットです。ロボに興味なくても部品とりに? 4月17日入荷。


 転居先では事務机(コタツ……)の配置上、もたれ掛かれる場所がないため座椅子が必要に。
 思い切って少し高めの購入(座椅子は意外とリサイクルショップに出回りません)。これ、いいです!
 いや、肘掛け付き座椅子って座椅子の概念を変える気がしますよ。いつもの部屋がお座敷グリーン車バブル仕様800番代に(意味不明)。
 ホールド感というかエントリープラグ感(爆)も堪りません。軽すぎず、重すぎずも良し。軽すぎると不安定で却って疲れますし、重すぎは室内移動で邪魔ですからね。
 肘掛けはあぐらかくとき邪魔になるかと思いましたが、これも気にならず。

 問題は快適すぎて堕落しそうってことでしょうか(苦笑)。あと耐久性ばかりは未知数です。
 

 
posted by 関山 at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 価格情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。