何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2013年04月09日

【海外作品紹介】#79111ベースのウエスタントレイン(piszkosfreddy様)


 CADではありますが、「#79111 Constitution Train Chase」を改良しまくる上で大いに参考になりそうです。

 高解像度版はこちら。


 まず、機関車へのメインロッド・サイドロッドの取り付け。寸法的に、また機関車の形状を大きく変えずに可能なようです。先輪は通常トレイン車輪からテクニック軸のものに変える必要ありますが。

 炭水車の延長とボギー化。アメリカの炭水車は得てして大柄ですから、このバランスが正解でしょうか?
 大きければ何がいいかというと、無理なく炭水車にPF動力一式を仕込むことも可能になります(テンダドライブの賛否は別として。但し「現実解」です)。まぁ足回りは通常のボギーでは無理で、1+2か、或いは1+2+1のような形にせざるを得ないでしょうが(Nゲージのテンダドライブ機もそんな足回りですよね)。

 なお、この作品では台車にバイクハンドルでアーチバー台車っぽい装飾を付しています。貨車、それも古めのアメリカ形や日本形には使えそうな表現。部品数少ない割に効果的。
(炭水車で動力化したら使えない表現ですが)

 客車はかなり凝った作品で、正しくアメリカ形の古典客車。ダブルルーフにオープンデッキ! 床下のトラスバーも好ましい表現。
 窓まわりは三段の横組み。下2/3が新型窓。

 注目に値するのは、この凝った精細作品である客車と、ほぼ製品のままの機関車でも釣り合いが取れているってことでしょう。つまりは#79111のポテンシャルをも示していると。
 
 やはり#79111、楽しみですね。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 海外作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【作品紹介】かう゛ぇ様の客車各種の改良日報

 この数日間で、客車(トーマス合わせの英国型小型客車)での試行錯誤されていた模様ですね。まとめての紹介で恐縮ですが、経緯が興味深く、また皆様の参考になるとも。

 4月3日 「窓の話」
http://legohouse.seesaa.net/article/353863174.html
 以前作られた、動力組み込み客車「アニー」をよりらしくするためのテスト。
 この方向性でも、窓の上下にもっと「凹凸」「装飾」「ダミーのドア」をつければわりとそれらしさの追求は出来るのかも?

 4月4日「アニニー」
http://legohouse.seesaa.net/article/353946654.html
 同じ趣旨でのテスト。窓が縦長のほうが確かにそれっぽく見える? ダークグリーンの窓は意外と違和感がありません。あと、車内のPF機器も気になりませんね。

 4月7日「客車 修正というより組み直し」
http://legohouse.seesaa.net/article/354424169.html
 かなり思い切られて、#10194エメラルドナイト客車ベースの別モデルに。#10194が英国型意識してますから、これは素直にトーマスにも似合うのです。
 オープンデッキの飾りアーチは黒のほうがしっくりきてます(笑)。差別化大成功です。

 4月8日「動くトーマス」
http://legohouse.seesaa.net/article/354547800.html
 上の編成にツートンカラー化した「アニー」も組み込んでしまったもの。すっきりと、整った編成。安直な言葉ですが英国的気品といいますか。
 ちなみに窓はハーフトレイン窓でしょうか? リッチな使い方ですが費用対効果は高そう。
 

 早くウチも弄りたい、毎日(笑)。
 
posted by 関山 at 23:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。