何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2013年04月07日

【考察】9Vの終焉?「Speed Test on LEGO 10233 with Power Functions vs. 9V」の衝撃

 9Vの環境(レールやモーター)を持っている方なら、「#10233ホライゾンエクスプレス」は9Vで動力化すれば簡単でいいや……と思われる向きも少なくないでしょう。
 正直なところ記せば、管理人も最終的にはそれでいいや……位に考えていました。

 ですが、この動画を見ると考えを改めざるを得なくなります。
(K7A4様、ご教示有難うございます)


 テスト編成は、#10233の2箱分+中間車2両増結の8両編成。相当な重量になります。
(#10233一箱はかなり重いのです。それが2箱分に、更に2両余計につながって電池とかモーターも入って……)

 これを以下の構成で走行比較をしている由。
・PF……電池BOX1個、受光ユニット1個、PFトレインモータ2個、逆転スイッチ※1個
・9V……9Vトレインモータ2個


※:片方の動力車にモータ2個集中搭載し、モータの極性は#8869のスイッチで逆転させています。スイッチ入ることでコスト高に見えますが、電池や受光ユニットを1組で済ませられるので実は経済的、と。問題は逆行時の安定性が不安なことでしょうか。

 気になる結果ですが、動画を見ていただくのがベストでしょう。
<<続きを読む>>
posted by 関山 at 23:59| Comment(17) | TrackBack(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【作品紹介】G@ひたひた様の試作品各種。キハ187やらHOT7000やら。

 気になってた試作品ですが、紹介が遅れてしまいました。申し訳ないです。

 先方の記事「振子のように揺れるネタ……」だそうで。

 画像手前がJR西日本のキハ187系。奥が智頭急行のHOT7000形。
 
 キハ187は車体高に関しての検討中のようで、車体構体と前頭部試作で高さを変えています。あくまで個人的な印象ですが、特急型でましてや振り子車なら車体高は低め(※)のほうがすっきり、そしてリアルな気がしますが如何なものでしょう?
 軽量化や資材節約、また限られた全長の中で「長く見せる」効果も大きいです。
(問題があるとしたら、ミニフィグが「立てない」ことでしょうか。インテリア作るならばという前提ですが)

 HOT7000の流線型前頭は……この手があったか! という感じです。横組による丸みが美しい。この写真見る限りではサイドとの繋ぎも巧くいって?ますね。
 
 キハ187の前頭部試作。低車高バージョン。実車からして平面的ですが、レゴでここまで凝った組み方をすると手抜き感は全くなく、寧ろ精細感に溢れる。
 実車の造形は好み分かれるところでしょうが、このモデルは実車の良い所を最大限に引き出して良い意味で美化してる感はありますね。好みです。

 キハ187の前頭部試作。フル車高バージョン

 前頭部の印象把握って意味でも、低車高バージョンのほうが一段上に思うのですが。
 あとフル車高バージョンでは、奥のクモヤとのバランスも悪くないでしょうか? 振子機構による車体高の上昇をどこかで吸収してあげないと……。

 ドアは乗務員ドアは1幅で窓のみ。客ドアをトレイン窓ハーフでもバランス良いかもしれません。

 それにしても、灰色(金属地)に青と黄色って配色は美しいです。1950年代のアメリカン・ストリームライナー全盛期的な雰囲気さえも感じられるのですね。

 
 287系は以前の試作品ですね。参照記事。やっぱりかっこいい。

 381系「やくも」仕様。個人的には前の緑系の配色が塗色変更車にしては好みでしたが、今の赤ベースも悪くないです。まさにイタリアンカラー(緑も赤もFSにありそう。そういえばFSもJNRと並んで振り子式を実用化した実績ありますよね)。
 国鉄特急電車の造形として王道的な雰囲気ですが、この造形で編成まで達成された作品は未だ少ないのです……(昔 SUU氏の作品ありましたが)。前面窓まわりは曲面ガラスの287系に対して、平面ガラスの角ばった感のある381系の作り分けになっているのは興味深いです。
 あと、ヘッドマークは……それっぽく見えるパターンじゃないでしょうか。
 
 というわけで、試作品に関して好き放題申してしまいました。
 あくまで管理人の好みも込みですので、一般論ではないということでご容赦を……。
(フルスケール志向の方からは別の見地見解もありましょうし)
 

 ※:電車に関する基礎知識という感じで。
 同じ国鉄電車でも特急型と近郊型・急行型では車高がかなり違います。その昔、181系特急型のサロを近郊型サロに編入したサロ110-301(1984-1990頃)という車がありましたが、露骨に「凸凹編成」。レゴなら2-3プレートくらい差があるんじゃないかって位に。
 あと、振り子車は極度に低重心に設計します。カーブで横転しちゃいますから……。

 
posted by 関山 at 14:34| Comment(6) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする