何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2013年03月20日

【レゴ製品】ローン・レンジャーのレビュウが上がりだしています。#79106と#79107

 bricksetより。一部セットのみサンプル得られたのか、或いは全セットなのか?
 取り敢えず、小規模なセットからのレビュウです。1日1件追加? #79111ウエスタントレインが気になるところですが、もうちょっと我慢。


79106 Cavalry Builder
http://www.brickset.com/news/article/?ID=6018


79107 Comanche Camp
http://www.brickset.com/news/article/?ID=6026

 詳細はリンク先ご覧ください。
 取り敢えず、ミニフィグのプリントの精細さだけでも見応えはあります。
 まぁ、ここまでやってしまうとレゴらしくないって観方もできなくもないですが……。ただ、アクションフィギィアなど他の玩具全般も精細路線突っ走ってますから、レゴだけが例外ってわけにもいきますまい。

 余談ですが、騎兵隊のトルソは欧州系の鉄道制服(しかも昔の)に転用できそうな気もします。帽子と黄色ヘッドで印象は如何に変わってくるのでしょう? ちょっと試してみたいです。

 
posted by 関山 at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ニュース】レゴ社が中国工場建設「成長の見込まれるアジア市場向けに製品を供給」

 情報源bricksetより
http://www.brickset.com/news/article/?ID=6019
 更には、レゴ社のプレスリリース(英文)

 2014年建設開始、稼働は2017年予定。
 成長の見込まれるアジア市場向けに製品を供給する
 場所はJiaxing(嘉興市・浙江省)

 マーケットとしてアジアが伸びている、従って近い場所に生産拠点を持ちたい、ということのようです。プレスリリースでは何度も「growth in Asia」が繰り返されてます。

 レゴの生産拠点は既にハンガリー、チェコ共和国という東欧がメインになっています。また塗装工程のある部品だと中国生産も既に行われています。
(1990年代の韓国製……は製造ではなく、梱包過程だけを韓国で行なっていた模様)
 それを踏まえてのことですから、今度の中国生産の話はかなり本格的なものなのでしょう。モールドから梱包に至るまでの完全工程できるものにするようです。

 個人的には「品質管理」さえしっかりしてくれれば特に抵抗はありません。
 そもそも、中国製避けたらパソコンも携帯電話も使えなくなってしまうのが現実です(或いは、恐ろしく選択の幅が狭くなってしまいましょう)。

 それよりは、「アジア向けを強化」することで、製品のラインナップやシリーズにどんな影響が出てくるかのほうが気になりますね。1990年代以降の、アメリカ偏重さえも変わっていくか?
 これは日本のファンの目から見てのプラスになるかマイナスになるか?
 
 一つだけ言えるのは、アメリカより中国のほうがずっと旅客鉄道輸送は一般的・大規模ってこと※。
 少なくとも、トレインに関してはプラスになってくれるんじゃないかなぁ……って信じたいです(笑)。とはいえ、中国ってプラモ大国※※ではありますけど、鉄道模型小国※※※なんですよねぇ。

※:アメリカは大都市間でも「1日1往復」がザラ。高速鉄道も未だにボストン-NY-ワシントンのみ。中国はご周知の通り、安全やら技術模倣とかの問題抱えつつも高速鉄道網完成させちゃってますから。

※※:青少年教育の一環として改革開放前から模型製作は奨励してるんだそうです。その縁でプラモメーカーが発展。今や、大手二者は世界市場でも凄く存在感大きくなりました。

※※※:バックマンが少し中国形やってますけど、なかなか定着していないのが現状。

 そういえば。
 レゴ社にとって「Asia」ってどこからどこまでなのかしら。
 というか……半世紀にもわたって製品供給してきた古いマーケットの「日本」は含んでるんでしょうかね?
 
posted by 関山 at 04:06| Comment(2) | TrackBack(0) | LEGOニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。