何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2013年03月12日

【ヒント・アイディア】この発想はなかった! シンプルなデカップラ(camelboy68氏)

 多くの鉄道模型では実装され、また灰レール12Vには存在したデカップラ(連結器切り離し装置)
 しかし、9V化以降レゴトレインでは実装・対応がありません。

 対して、ユーザーではいろいろなアイディアが試されてきました。
●側面から、楔をバッファー同士の間に割り込むもの。

●同じく側面から連結器同士に首を振らせて、連結器を外すもの(12Vのデカップラを側面から動かす感じ)。

●機関車にリモコン操作のデカップリング装置をつけたもの。これも連結器を上に上げるものあり、機関車から棒を突き出して貨車などを押し離すものもあり。
 ただ、どれも仕掛けが大掛かりになる問題がありました。見た目も線路脇に巨大な装置があったりでやや無理があり。
 また、機関車への搭載も魅力的ですが、入換できるのが特定の機関車に限られてしまいます。

 しかし、camelboy68氏のデカップラは凄くシンプルです。これは非作動状態。
 ほぼ線路間に収まるルックスにも優れます(写真は構成・原理がわかりやすいよう、意図的に派手なパーツで組んでいるのでしょう)。

 情報源のスレッド・レスはこちら(Eurobricks)。

 こちらは作動状態。
 薄く作られ、また特殊なパーツなど一切使用されていないのが瞭然です。

 動作原理は「連結器そのものを外す」のではなく、「貨車(等)の車輪を動かないようにストッパをかけ、機関車の牽引力で連結を外す」というもの。
 この発想は今まで見たことがありません。でも、レールの上で何かが引っかかって客貨車の走行抵抗が異常に大きくなった時、機関車が客貨車を切り離して走って行ってしまう……なんて事例は多々あります。そうした事故的事例をプラスに転じているのが素晴らしいですね。

 また、トレイン車輪の車軸部分を引っ掛けてるようですから、対象車両を選ばないのもメリットでしょう。


 動画。完璧な動作と言わずしてなんといえば良いのやら。
 運転が楽しくなるのは云う迄もありません。

 このデカップラ。シンプルなものですから、こうして各側線に設置するなんてこともできます。
 構造的に電動化も可能でしょう(シンプルではなくなりますが)。

 これは試してみたいです。
 
posted by 関山 at 22:01| Comment(4) | TrackBack(0) | ヒント・アイディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【国内作品紹介】かう゛ぇ様のゴーストトレイン改モーガル。完成?

 何度か紹介してきた題材ですが、炭水車が出来て、遂に完成の模様。
 蒸機にはやっぱり炭水車が必要です。というかタンク式でもないのに炭水車のない蒸機のおもちゃって「愛がない」と思うんですよねぇ。じゃぁ#7597ウエスタントレインはどうなんだ!と言われると言葉に困りますが(炭水車無いのが気にならない名作でした!)。
 閑話休題。機関車と炭水車のバランスも良好です。

 それにしても、黒い、渋い、格好良い!
 正直なところ、このかっこよさみると新製品の#79111よりもずっと良いんじゃないかと思えてきました(苦笑)。いやまぁファンの作品と、制約の多い「製品」を一緒に考えてはならないのは承知しておりますが。

 少なくとも、同じ世界観に居て違和感は皆無でしょう。モーガルとテンホイラーの姉妹機って感じがします。変な言い方すれば、このかう゛ぇ様の作品レベルのものが製品として手に入るのが#79111だ! とも。

 さて。
 かう゛ぇ様の作品に戻れば、アメリカンタイプの蒸機のお約束を抑え、かつクセを少なめに万人に好かれそうな雰囲気作りに成功されているかと。それに、大きな動輪やカウキャッチャがほんとに似合ってる。大動輪は意外と違和感なく使うの難しい部品ですし。

 西武もとい、西部をガンガン走っても似合う。また、ディーゼル機関車メインの今のアメリカの鉄道で機関庫の隅にひっそり保存されてる姿もしっくりきそうです。後ろに居るのが#10219のSD45とかでも違和感なし。
 西武もとい、東武鉄道の業平橋のヤードでイギリス機と混じって入換とかしてても、或いは北海道の炭鉱鉄道あたりで生き残ってる古典アメリカ機って雰囲気でもあり(※)。そうなると後ろにいるのがDD90でもDD13でも良いわけで。勿論、ワム70000風黒(濃灰)貨車はベストマッチ!

 ※:何度か記した気がしますが、明治〜大正時代には日本はアメリカから多数の機関車輸入しています。その一部は二次大戦後も使われ続け、中には1970年ころまで生き残ってたのも居た由です。
 流石に煙突はストレート、カウキャッチャのない姿ですが。#79111ではその辺も遊んでみたいもんです。

 今後、貨車軍団などとの絡み写真が楽しみですね。
 あと、ゆくゆくは動力化も……?
 
posted by 関山 at 03:36| Comment(6) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする