何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2013年03月02日

【作品紹介】かう゛ぇ様のイエローキャブ(NYタクシー)

 先方の記事
http://legohouse.seesaa.net/article/339148841.html

 ロンドンタクシーとはタクシー界の人気を二分する(国土交通省調べ※)、NYのイエローキャブをかう゛ぇ様が作って来られました。きちんと2人乗り。そして4ドアです!

 ※:……だったらいいな(笑)。
 余談ですが、東京のチェッカー模様のタクシーはNY流儀、関西の黒塗りのタクシーはロンドン流儀な感じがします。但し、制服制帽白手袋なんて装備は日本だけの美風でしょうが。

 ベースは言うまでもなく、プロモオンリーの#40025。

 これは名デザインの名キットだと思います(一般売りしろよなこういうモデルこそ!)。
 ですが、そのままではフィグ乗りとはちょっと違ったモデル。


 ホイールベース大幅延長のアレンジで姿が壊れるかとおもいきや、よりタクシーというか、セダン型の車っぽくなっています。
 或いは、古き良き時代のレゴ4幅車の、現在あるべき姿! とも。

 元モデルの出来の良さもありますし、かう゛ぇ様のアレンジも巧いのでしょうね。ワイドスリックタイヤは似あってます。車体幅を4幅といえる範囲の中で稼ぎ、バランスが良くなっていましょう。
 
 パーツさえあれば、手許にコピーが欲しくなる逸品です。
 
 
posted by 関山 at 21:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【作品紹介】AP様の鉄道省ED51形電気機関車。ごっつい英国紳士。


 或いは、国鉄ED17形 24-26号機。実物についてはこちら参照(wikipedia)
 日本の電化初期にイギリスから輸入された電気機関車で、1925年製。1970年まで使用されていたもの。
 
 他のED17(ED50/52)の一族とは全く異なる、前面も側面も全てが左右非対称の形状が特徴。私鉄向けの小型機に似ている(例えば西武E41や東武ED10etc)という話もありますが、やはりデザインは別系統でしょう。
 腰高のゆえの軽快感と、重厚な感じが一体になった、小柄ながらも(電機としては「中型」)魅力いっぱいのプロトタイプ。個人的には何時か作りたいと思っていた題材だけに「先を越された」感があります(笑)。まぁこの種の国鉄輸入電機は未だまだ種類沢山ありますけれど。

 AP様の作品はまだ完成ではないそうですが……。先方の記事「旧型電機」。

 現地点で相当な完成度です。バランスの悪さを気にされているようですが、どこのバランスが悪いのか私にはわかりません(苦笑)。引き締まったギリギリの全長とか、車体と足回りのバランスはベストに思えます。
 ただ、前面ドアと助手側窓のサイズは逆のほうがそれっぽく見える気もしますが如何でしょうか?

 側面のベンチレータの表現(これぞノースブリテッシュスタイル!)とか、台枠部分の表現は惹かれますね。
 あとは早く、反対側側面(窓が多い方)も拝んでみたいものです。
 完成、楽しみにしております。
 

posted by 関山 at 21:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月01日

【レゴ製品】Masked Builder様による、#21017 Imperial Hotel(帝国ホテル旧館)のレビュウ

 日本の建物では初のArchitecture化で気になっている方も多いであろう、#21017 Imperial Hotel(帝国ホテル旧館)のMasked Builder 様によるレビュウがEurobricksに上がっています。

http://www.eurobricks.com/forum/index.php?showtopic=80102
(元記事。写真多々です)


 1188ピース。価格はbricksetによると129.99ドル。


 箱裏の写真は現在の、明治村に移築後のものです。まぁ完全装備の原型だと、商品が「これしか入ってないのか!」とかクレーム付けられたりするのかも(笑)。
 箱はこのシリーズ共通の黒い、開閉の出来る渋い箱。豪華。


 パーツすべてが広げられたところ。価格相応のボリュームがありそう。


 インストでは実物写真や解説が10ページほど費やされています。無論、現役時のものもあり。
 右のはホテルラベルでしょうか? 
 こうした資料の掲載って、なまじ知っている建物だと却って物欲を刺激しますね。

 組み立てでは、大量の1×2プレートを横組みするようです。窓部分はトランスブラックなので、あんまり供給のよくなかったトランスブラックのプレート1×2と、1×1の供給も良くなるのかも?
 横組の一般化は、#10233と並んで2013年のエポックかもしれません。

 組立中画像や完成品画像を見ますと、とにかく1ポッチ単位のプレートやタイルの使い方が巧そう。
 建物の装飾と、プレート1×1のスケールが合っているからこその、不思議な調和ともうしますか。

 評点は
 Playability: 9/10
 Design: 10/10
 Price: 9/10
 Parts: 10/10
 計38/40というかなりの高評価。

 これは、欲しくなります。早く日本でのリリースも決まってほしいもの。
 日本では一番有名な「フランク・ロイド・ライト」なのですから。

 
◆◇◆◇◆◇◆    ◆◇◆◇◆◇◆

<追記>
 朗報です。レゴジャパンのプレスリリースに依りますと、3月15日に日本でも発売開始とのこと。

 価格は「希望小売価格」で14700円
 Architectureは割引率渋めですが、それでも12000円台でなら入手できそうな感じですね。USより安く入手できそうなのはありがたい限り。日本で売れれば、日本の建物での企画も今後通りやすくなるかも……?
 残念ながら、未だamazon.co.jpには登録されていません。
 クリブリ入荷はあるようです。
 
posted by 関山 at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする