何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2013年03月21日

【価格情報】大物なかれど……


 Cityの絶版品がチャンスといえばチャンスでしょうか? 
 #4435 キャンピングワゴンが40%off 1891円。
 #7635 ホーストレーラー付きの4WDは39%off 2225円。ちょっと前の品ですね。
 カタログ掲載ですが、もう一昨年の品#3368スペースセンターは41%off 6863円。3月27日入荷。
 #10197ファイアーブリゲード15890円継続中。但しamazon.co.jp扱いの残在庫8箱。2009年製品ゆえ、何時消えてもおかしくはない?


 #4207 パーキングの前回入荷分は割と早く消えましたが、3月27日入荷分が38%offで予約受付中。9068円。
 
 再入荷即完売繰り返している#31006 ハイウェイスピードスターが36%off やはり3月27日再入荷予定。予約お早めに。1669円
 
 同じ状況なハイパフォーマンスモデル? #31007 パワーメカも3月27日再入荷。36%off 1682円。
 

posted by 関山 at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 価格情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【レゴ製品】#71001ミニフィギュアの詳細画像/ミスターゴールドは本当にレア?


 kockamania.hu様のFlickrフォルダより。

 上記のコンプチェックシートの他、各ミニフィグの写真(CGではありません!)も16種上がっています。

 読子・ザ・リードマン……もといLibrarian(司書)。このフィグデザインした人、絶対にAnime観てる人だとおもいます。黒髪ロング+普通のスカートプリントのレッグは利用価値高そう。

 人気でそうなクリーチャー枠。メデューサ。頭の造形凝ってる。

 やっぱり人気の重戦士枠。ローマの指揮官。格好良い。

 全て上げると長くなるので、以下は元フォルダ参照願います。

 女戦士は顔こわいけど(笑)の丸い盾はヘッドマークに転用できそうなデザインだなぁとか(「つばさ」?)。
 トマホークウォーリアーのボディとヘッドはローン・レンジャーと組み合わせば黄色ボディのネイティブアメリカンのバリエーション増やせるなぁとか。
 船長の白い帽子は自動車運転手(タクシーやショーファードリブン)にも転用できるなぁとか、鴎も出来よいなとか。
 あとはスマホ、刷毛+バケツ、マスケット銃、ハゲヅラとかやっぱり魅力的な小物……。

 シリーズ10はシリーズ9ほどの派手さはないものの、渋くも盛り上がりそうな気はします。

 とはいえ、スカイダイバー・Sad Clownが小物なしってちょっと寂しい。野手もグローブのみですし。バイクメカニックもスパナのみ。
 ちょっと格差というか、微妙なコストダウン感は感じるのですね。これが残念。
 また、残る問題はアソート。ローマ指揮官辺り多めにしてくれないとえらいことになりそうです。一般人枠・女性枠は例によって少なめなんだろうなぁ……。読子はレアにならんこと願います。



 まぁ、本当のレアはミスターゴールドなんでしょうが。
 「ミスターゴールドはどこに居る?」「スーパーレア」とおもいっきり煽られてます。
 まぁ、ここまで希少だと素直に諦めもつく……? 
 
posted by 関山 at 15:40| Comment(2) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月20日

【レゴ製品】ローン・レンジャーのレビュウが上がりだしています。#79106と#79107

 bricksetより。一部セットのみサンプル得られたのか、或いは全セットなのか?
 取り敢えず、小規模なセットからのレビュウです。1日1件追加? #79111ウエスタントレインが気になるところですが、もうちょっと我慢。


79106 Cavalry Builder
http://www.brickset.com/news/article/?ID=6018


79107 Comanche Camp
http://www.brickset.com/news/article/?ID=6026

 詳細はリンク先ご覧ください。
 取り敢えず、ミニフィグのプリントの精細さだけでも見応えはあります。
 まぁ、ここまでやってしまうとレゴらしくないって観方もできなくもないですが……。ただ、アクションフィギィアなど他の玩具全般も精細路線突っ走ってますから、レゴだけが例外ってわけにもいきますまい。

 余談ですが、騎兵隊のトルソは欧州系の鉄道制服(しかも昔の)に転用できそうな気もします。帽子と黄色ヘッドで印象は如何に変わってくるのでしょう? ちょっと試してみたいです。

 
posted by 関山 at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ニュース】レゴ社が中国工場建設「成長の見込まれるアジア市場向けに製品を供給」

 情報源bricksetより
http://www.brickset.com/news/article/?ID=6019
 更には、レゴ社のプレスリリース(英文)

 2014年建設開始、稼働は2017年予定。
 成長の見込まれるアジア市場向けに製品を供給する
 場所はJiaxing(嘉興市・浙江省)

 マーケットとしてアジアが伸びている、従って近い場所に生産拠点を持ちたい、ということのようです。プレスリリースでは何度も「growth in Asia」が繰り返されてます。

 レゴの生産拠点は既にハンガリー、チェコ共和国という東欧がメインになっています。また塗装工程のある部品だと中国生産も既に行われています。
(1990年代の韓国製……は製造ではなく、梱包過程だけを韓国で行なっていた模様)
 それを踏まえてのことですから、今度の中国生産の話はかなり本格的なものなのでしょう。モールドから梱包に至るまでの完全工程できるものにするようです。

 個人的には「品質管理」さえしっかりしてくれれば特に抵抗はありません。
 そもそも、中国製避けたらパソコンも携帯電話も使えなくなってしまうのが現実です(或いは、恐ろしく選択の幅が狭くなってしまいましょう)。

 それよりは、「アジア向けを強化」することで、製品のラインナップやシリーズにどんな影響が出てくるかのほうが気になりますね。1990年代以降の、アメリカ偏重さえも変わっていくか?
 これは日本のファンの目から見てのプラスになるかマイナスになるか?
 
 一つだけ言えるのは、アメリカより中国のほうがずっと旅客鉄道輸送は一般的・大規模ってこと※。
 少なくとも、トレインに関してはプラスになってくれるんじゃないかなぁ……って信じたいです(笑)。とはいえ、中国ってプラモ大国※※ではありますけど、鉄道模型小国※※※なんですよねぇ。

※:アメリカは大都市間でも「1日1往復」がザラ。高速鉄道も未だにボストン-NY-ワシントンのみ。中国はご周知の通り、安全やら技術模倣とかの問題抱えつつも高速鉄道網完成させちゃってますから。

※※:青少年教育の一環として改革開放前から模型製作は奨励してるんだそうです。その縁でプラモメーカーが発展。今や、大手二者は世界市場でも凄く存在感大きくなりました。

※※※:バックマンが少し中国形やってますけど、なかなか定着していないのが現状。

 そういえば。
 レゴ社にとって「Asia」ってどこからどこまでなのかしら。
 というか……半世紀にもわたって製品供給してきた古いマーケットの「日本」は含んでるんでしょうかね?
 
posted by 関山 at 04:06| Comment(2) | TrackBack(0) | LEGOニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月19日

【価格情報】#3677 レッドカーゴトレイン 久々の15000円切り。


 絶版品ゆえ、もう安値での再入荷はないかと思われていた「#3677 レッドカーゴトレイン」が久々に14000円台。しかも前半の14490円で送料込みです。
 ディーゼル機関車+貨車というのはやっぱりレゴトレインの王道です……って9V以降の話ですが。でも、それからも22年経ってしまってるんですよね。蒸機が王道だったのは昔の話なのか?

 それにしても、絶版でも何でもない#7938超特急列車の価格が16000円前後で高止まりしてるのが納得行きません。あちらが下がってきたら記事にしたいのですが。
 
posted by 関山 at 20:53| Comment(5) | TrackBack(0) | 価格情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【考察】ダメパーツ(一体カーシャーシ)、不人気シリーズ(NBA)でも楽しんでしまう話題

 敢えてカテゴリを【考察】としましたのは、紹介した作品やらレビュウへのレスペクトです。その意味では先のイグ氏のガリドーの記事も同じカテゴリ。

 さて。
 言うまでもなく、レゴにはあまりファンの関心を集めないシリーズとか、「こんな部品要らない!」のようなものが多々存在しています。それらを「要らない」って切り捨てるのは簡単です。
(但し、批判するって行為は大事です物凄く! これは別次元の問題)。

 でも、敢えてそれを使ってみる。
 また、多くの人が無関心のシリーズを掘り下げてみる。
 見えなかったものが見えてくるのかもしれません。

 一つだけ先に触れておけば、今は1990年代末でも2000年代初頭でもないってこと。
 いいものは普通に入手できます。「それしかなかった」時代とは違う。そこは念頭に……。


◆ダメパーツ? %116750c01を生かしたビルド(Tamotsu氏・TOM氏)

http://www.bricklink.com/catalogItem.asp?P=11650c01

 2013年の低年齢向け基本セットに入ってきて、かなり批判的に捉えられた部品。1990年代末、末期の街シリーズの簡略化とか、ジャックストーンの悪夢を覚えていると「またあの道か!」とさえ思われてしまった部品。

 しかし、敢えてこの部品を使った傑作があります。


 Tamostu様の作品。
 オーバーフェンダーを生かした、確信犯的に派手なマシン。
http://4widelegocars.blog.fc2.com/blog-entry-70.html#more

 詳細は先方の記事を御覧ください。Tamostu氏ならではの「こだわり」。そして楽しさの追求が記されておりますので。
 個人的には、床下部分の配色が美しいなぁと。また黄色のホイールも凄く似合ってる(ホイールは氏がいつも大事にされている要素)。
 また、フロントが敢えてスクエアな形状なので、古き良きレゴ車っぽさも出ているのが印象的。

 この作品と、件の部品見てて気がついたのは、Cityとかのフェンダーじゃ同じ作品作れない! ってこと。運転者の搭乗位置とホイールの位置に注目。Cityフェンダーじゃタイヤ上はデッドスペースなのでこのレイアウトは無理なのです。
 この車のような……オーバーフェンダーとビックホイール、ローライズゆえの楽しさのあるバニングなどは、%116750c01じゃないとできないんですね。
 こんなの、カタチにしてみなきゃ気が付きません。Tamotsu様に感謝を。



 こちらはTOM様の作品。やはり詳細は、先方の記事を御覧くださいませ。
http://blogs.yahoo.co.jp/hitomiaska/24153289.html

 ボリューミーな、今風のスポーツクーペ。フロント・リアともにカーブスロープの使い分けが巧すぎます。スロープの曲率の差異でボンネットらしさが出ているのですね。赤と黒という配色も王道にして美麗。フェラーリエンブレムつけていますが(笑)、全体にはポルシェっぽいイメージですね(エンブレム脳内置換してます)。

 評価すべきはドライビングポジションでしょう。風防の位置と搭乗者の頭の位置が凄く「自然」に見えるのです。これは一体シャーシゆえのメリット。

 先に触れた「Cityフェンダーで同じ造形できるか?」という問題ですが、ギリギリできそう……な感じはします。しかし、オーバーフェンダーの形状差異などで同じ物は作れないでしょう。悲しいかな、あとから出てきた分、11650c01のほうがフェンダーの形状は美しいのです。

 なお、どちらの作品でも思ったのが「オーバーフェンダーとラージホイールがチョロQっぽい!」。あのカタチは車のディフォルメとしての究極なわけで、さり気なくそこに迫れるって意味でも11650c01の存在意義はありましょうか? ショートホイールベースを強いられるのも、良い意味でチョロQ的ディフォルメセンスを求められるわけですよね。



◆不人気NBA? しかし! mazta-k氏のレビュウ



http://maztak.blog.fc2.com/blog-entry-51.html
 mazta-k様の記事より。熱いです。やはり先方記事は必読。

 バスケットボールのファン(NBAファン、またかつてプレーされていた方)から見たレゴNBAって観点はとても貴重です。
 「ハズレ」イメージの強かったあのシリーズをここまで楽しまれている記事読むと、なんとも安心感を禁じえません。

 日本だとNBAは全く人気ありません……というより、レゴとスポーツって相性が良くないのですね(例えばサッカーは人気ありますけど、サッカーレゴは散々)。
 レゴやってるのが理系ギーク(あぁ偏見)って意味じゃなくて、あそこまで頭使うことに特化してる玩具と、スポーツというのは「別腹」って認識されちゃってるからだと思います。流石に今はそこが認知されたようで、危ない橋は渡らなくなりましたが……。

 だからこそ、この記述にホロッときます。
時は2003年、私が小6の頃、幼なじみの友人と一緒に#3433 デラックスアリーナ(英:Ultimate NBA Arena)を手に入れ、家でミニフィグとボールを持ち込みで遊んでいました。
(「暗黒時代」にこうやって遊んでいた少年たちがいたんですよ〜)

 選手入りのパッケージ。この時代の箱は馴染みあるだけに、不思議な違和感があります。
 でも、愛されてる方がいらっしゃる。

 バスケフィグの脚がバネ入りだったのはよく知られていますが、手首がバスケットボール支持のために「固定」だったのは初めて得た知識でした。


 最後に。
 私が卓上ゲーマー(TRPG)時代の古い雑誌(1985年頃か?)に書いてあったあるゲームライター(シミュレーションゲーム。ボード使う方の)の、印象に残る言葉。
「○○(というタイトルの)ゲームが遊べない、というのは、自分は○○を遊ぶことのできない貧しい人間ってことだ」
 まぁ、暴論だと思います(苦笑)。今から思えば。
 また、ボードSLGというそこそこ遊び手にリテラシーがあって、プレイヤー納得の上でルールなど平易に改造できるシロモノだから言える言葉ではありましょう(笑)。
 更に言えば、批評家はともかく、デザイナーは口が裂けても言ってはなりますまい※。

 でも、レゴならどうでしょう? 結論は控えますが……。
 
※:幸いにも、ボードSLGはまだそこらは分別ある業界でした。作り手と批評が併存してましたから。でも後日のTRPGは完全グダグダでしたけどその辺が。

 
posted by 関山 at 01:09| Comment(4) | TrackBack(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月18日

【ヒント・アイディア】引越とレゴ。レジ袋大活躍

 小さめの作品や組立済製品は、「スーパーのレジ袋」に入れてから箱詰め。
 破損の可能性はありますが、袋の中で散乱した部品ならば後日にテレビでも見ながらでも復元できましょう。移転先「ホーム」での復元は、イベント・オフ会などアウェイでの復元よりはずっと楽です。
 
 製品の空き箱とか菓子缶やトレーなど、蓋のない箱に入れてある未整理のまま部品なども、「スーパーのレジ袋」に入れてから元の箱に入れる。
 引越先で展開するときは袋を開けて箱にぶちまけるだけ。

 そんなわけで、貯めといたスーパー袋大活躍です。メリットは安い・タダ・若干は緩衝性があること。
 最近の透明度が高いタイプはゴミ袋には使いにくいのですが、こういう用途には向いてます。

 引越は飽くまで「輸送」にすぎませんから、この機会に整理しようとか環境小奇麗にしようとかの「邪念雑念」禁止。それ考えてると片付くものが片付かなくなりますから!
 あと部品類がどうしても混ざる可能性はありますが、「絶対に混ざらないようにする努力」と「後日混ざったものを整理する労力」を天秤にかける必要はありましょう。意外と後者が楽?
 勿論、整理されてるものをわざわざ混ぜる必要派ありませんけど。
 
 トレイン限定ですが、車両輸送はamazon.co.jpダンボール(平箱)最強。

 というわけで、引越控えておられる皆様の役に立てるかどうか分からぬ、ただ自戒的なエントリでした。
 
posted by 関山 at 18:17| Comment(2) | TrackBack(0) | ヒント・アイディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

修正【カンブリ情報】特別在庫品「ミニフィギュア シリーズ9」コンプセット及びシングルの在庫状況

 3月18日4月1日現在の情報として追記いたしました。
 「取寄」も可能ですが、その都度お見積が必要になります。

==================================================
 以下を「在庫品」としてご用意いたしました。
 御購入にあたっては「調達料金」等は不要です。但し在庫限り、先着順です。
(品切時は「取寄」対応となります。当面は可能です)


<コンプセット>
 16種コンプセット 6299円 在庫1取寄のみ

<シングル>
 英雄的騎士 570円 在庫3在庫2
 警察官 350円 在庫1
 サイクロポス 350円 在庫1
 エイリアンの復讐者 390円 在庫3
 ローマ皇帝 350円 在庫2
 チキンスーツ 450円 在庫1取寄のみ
 グッド&エビル(ジキルハイド) 330円 在庫2
 マーメイド 410円 在庫1取寄のみ

 ※ポリバック入。内容確認の為に開封+マーキング済となります。ご了承ください。

 その他の種類及び、上記の品切れ時に関しては「取寄」での対応となります。
(この場合も当面、調達料金は不要とします)
 アソート数と人気は必ずしも正比ではありませんので、正直なところ「依頼」→「見積」の流れでないと正確な価格をお出しできません。また、数量によっても価格は変動します。ご了承ください。

 また、60個/30個のリテール箱入りも継続扱い中。15980円(60個。30個+30個の場合もあります)及び8990円(30個)となります。前者で2コンプ、後者で1コンプの作れるアソート(不可という報告もあります。アソート保証できません)とされています。
 こちらも「調達料金」は不要です(国内送料は別途)


◆送料について
 ミニフィギュア シリーズ9 コンプセット:普通郵便240円(簡易書留は+300円)。
 同シングル:3体まで普通郵便120円 それ以上は140〜240円(簡易書留は+300円)。
 リテール箱:60入で宅急便80サイズ(関東850円)、30入で宅急便60サイズ(関東640円)です。

 「カンザンブリック」にて、他商品のご注文をされている場合や、またご注文予定がある場合は発送をお纏めすることも可能です。後者、ご注文予定の場合は3ヶ月まで取り置きも致します。

 なお、在庫品の納期は特にお急ぎでない場合、3−4日程度となります
 取寄は2−4週間程度です。

◆ご購入申し込み・お問合せ
 こちらへお願いします。
 フォームのメッセージ欄に、「商品名」「数量」を明示の上お送りください。
 
posted by 関山 at 04:09| Comment(2) | TrackBack(0) | カンブリ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月17日

【レゴ製品】フェラーリ・シェルプロモは健在。今度はオーストラリア限定


 2012年秋に香港・シンガポールでの展開がされた、フェラーリ・シェルプロモの#30190−30195は絶版というわけではないようです。今度はオーストラリアで同種のプロモに使われることが明らかになりました(情報源brickset)。

 頒布方法は「シェルスタンドで、V-powerを給油した場合6AUドル、単独の場合は8AUドル」というもの。
 8ドル……約800円でシェルのスタンドで購入できるという訳ですね。

 香港・シンガポールについでオーストラリアですから……環太平洋の縁で、いつかは日本にもきてくれないものかしら? 昭和シェルさんお願いします(願)。
 あと日本無理でも、せめて国際送料の安い国でプロモやってくれないかしら。ドイツとかオランダとか(笑)
。オーストラリアは郵便高いんですよねぇ(泣)。

 まぁそれ以前に、このカテゴリのプルバックカー、タイニーターボの復活/Carsの後継として、通常品で展開して欲しいものですが。
 
posted by 関山 at 23:00| Comment(3) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【価格情報】速報 #10211グランドデパート久々の再入荷/ミニフィグシリーズ9最安値

 
 長いこと品薄続き、2万円以上の価格が定常化してこのままフェードアウトかと思われた#10211 グランドデパートメントが久々にamazon.co.jp扱いで入荷です。最安値ではないものの割高感はない16990円。即納。
 2010年製品ですので、遠からず絶版になると思われます。お早めに(記事書いた地点で残在庫10個!)。
 
 amazon.co.jp扱いでの#71000 ミニフィギュア シリーズ9が最安値というか普通に割引が入って1個236円。やっと量販店並みの割引価格でのリリースが始まりました! ガチャベンダー400円の縛りから解放されたメリットようやく発揮? 3月20日入荷分の予約です。

 但し、幾つか条件があります。合わせ買い対象で2500円以上の購入が必要なのはまぁ仕方ないとしても、#71000の購入上限が10パックなのでぎりぎり届きません……。何か他の低価格品などで2500円に調整する必要があります。
 というか、最初から30個入りも売って欲しいような(笑)。

 また、シリーズ9は既報通りアソート比率がかなり偏っているため、狙いによっては最初からシングル購入の方が割安になる可能性はあります。
 他のものを買ったついでに「運試し」には面白いかもしれません。
posted by 関山 at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 価格情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【国内作品紹介】XJ様の、新しい「GP-38」のカタチ。リアルに、そして……?



  

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=524338
 他画像はこちら。

 アメリカンなロード・スイッチャー、GP38はGP38-2などの類型機も含めれば、1960-70年代に2000両近くが製造されたベストセラー的機関車。メーカー(EMD……GMの車両部門)の標準形式で、アメリカの多くの鉄道会社に導入され、また多くが現役のもよう。入換用ですが本線使用もできる、日本で言うところのDE10的な機関車なのでしょうか?
 なお、レゴでは#10133(2004)として製品化されたこともあり、そちらのほうが皆様もおなじみでしょうか。所謂「BNSF」で、グレートノーザン鉄道仕様の湘南色の元ネタになった塗り分けが特徴でした。

 XJ様の作品は、#10133とは違う「ハイフード仕様」でモデル化されています。運転台側の短いボンネットもエンジン側同様の高さのあるタイプですね(余談ですが、日本ではDF91初代がこの形状でした)。

 モデルは、濃灰の車体に黄色帯という渋さが如何にも貨物機・入換機という風情。そして前面の黄色1色の警戒色がアメリカンな趣を強くします。渋いけど、地味過ぎない。バランスのとれた配色でしょう。

 手すりやグリルの細かさも目を引くところです。
 エンジン側はPowerFunction機器を隠すためか、幅広のボンネットになっていますが、これがボリューム感やマッチョ感という、アメリカ機をつくる上ではプラスの方向に作用しているのですね。力強いし、美しくもあります。

 それにしても。
 GP38のモデリングなのに、#10133のクビキから解き放たれた造形・再解釈がいたるところに見られるのが新鮮です。あれも出来は良いと云え、9年前の製品ですから今の「作品」としてはもっと自由な解釈や技法は取り入れられるべきなのですよね。
 プレミアに泣くよりは、新しいものを作ってしまえるのがレゴなんだなぁ……とまじまじと考えさせられました。


 さて。こちらはオマケで<<続きを読む>>
posted by 関山 at 18:36| Comment(3) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月16日

【4.5V青レール動態保存】yone様の#171アレンジモデル。バッファつけてアップデート。

 青レール4.5V(1966-1980)にも数世代があります。
 1975年ころからの終焉までの製品は「バッファ」がつき、当時なりにリアルな形状になっていました。

 例。#137。1975年の単品客車。


 そうなると、相対的に継続の商品、#171(1972年)などがちょっと古く見えるようになってしまいました。特にベーシックな#171は1980年まで粘ったロングセラーでしたから、もうちょっと改良されても良かったはず。

 そんな#171ですが、yone様がモーター組み込み(これは公式インスト通り)+バッファ取り付けのディテールアップをされてきました。
 その効果は……。

 効果は明らかですね。すごく立派になった感じ。
 機関車は痩せたままですけれど、バッファがあるだけで貧弱な感じには見えません。

 貨車もバッファつくだけで細密感が出てきます。これなら灰レール時代の客貨車と混ぜても違和感無さそう。

 1975年製品の#133と並んでも勿論似合う。一回り小さいのも、こうしてみると味があります。#133が25トン機、#171は15トン機みたいな感じ。

 仮称「#172」???
 #133の索く#171改の貨車。1970年代後半1977年ころにでも、#171が廃盤になり#133ベースの新ベーシックセットに改められていたらこんな感じだった? ちなみに#172は空き番です。

 青レールのまったり感!
 エンドレス1周+ポイント1基。これで狭いとか感じさせないのも有難い。設営面積こそ今のPowerFunctionとおんなじなんですけど、9VやPowerFunctionはスピード出る分、狭さを感じちゃうんですよね。
 何度か記しましたけど、レゴ元来のプリミティヴさは「魅力」でもあります。灰レールにもない持ち味でしょう(無論懐かしがることができるのは、現状の「良さ」あってのことです)。
 
 管理人宅の青レールは最近は引っ張り出しにくい状況ですが、落ち着いてきたらがんがん走らせたいもの……。
 
posted by 関山 at 17:22| Comment(3) | TrackBack(0) | 青レール4.5v動態保存 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【価格情報】amazon.co.jpは落ち着いたみたいです。チーマは割引率上昇


 #70003 エリスのイーグル・インターセプターが36%off 3043円。
 #70013 エキラのウルトラ・ストライカーが37%off 4000円ちょうど。
 #70115 究極のスピードーズ・トーナメントが39%off 2900円。件のバイク2個入り。
 #70006 クラッガーのコマンド・シップ は37%off。7900円

他、チーマ関連はこちらより。割引率下がったままのものも混在してますので要注意です。


 発売されたばかりの「#10227 B-ウイングスターファイター」が34%offになっています。20907円


 同じく出たばかりの#42000 グランプリレーサーは33%off。いや元の鞘に収まっただけですが(苦笑)。
 その意味では#10228 幽霊屋敷も元通り。36%offで13544円。3月20日の再々々(?)入荷。
 #10229ウインターコテージも同じく。36%off 8090円。
 #5766 ログハウスも同じ。38%off 3554円と。

 なお、#10224タウンホールは高めのままですが、単にamazon.co.jp扱いの再入荷が滞ってるだけのことで、或る意味平常運転というかなんというか。早く安定して欲しいです。
 
 「#4207 パーキング」が久々の入荷の模様。3月27日。38%offで9068円。既にカタログ落ちの半絶版品? 今年出るとか言われてる#60026 Town Squareと合わせろ良い感じかもしれませんが、#60026出ることにまだ入手できるかどうかは定かではありません。


 #10197 ファイアーブリゲードは未だ15900円。残在庫14個表示ですので、あんまり先は長くないかも?
 絶版な#7598 ピザ・プラネット・トラックで救出半額な49%off 3750円。フィグ目当てでも、車目当てでも。
 これも絶版。#8496 マックのチームトラックが38%off 3596円。残1個! 2013年後半はCityでトランスポータ二種が出ますから、「並べる」目的にあり?
 
posted by 関山 at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 価格情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【海外作品紹介】「チーマ」トレイン。「クロコダイル」と来たか!(Hrw-Amen氏)

 陸海空と展開するチーマに「軌」がないのが残念すぎる! というのは半ば本気で記している戯言ですが、ライオン顔の機関車ならぬ、鰐顔の装甲列車(AssaultWagonと名乗ってます)が作品として早くも登場です。Hrw-Amen様の作品。


 
 元記事こちら(Eurobricks)
 
 写真こちら(Flickr)

 なんというか、良い意味で笑える作品です。正しいジョーク。
 そして、ギミックにも驚かされるのです。車輪から回転動力を取り出し、それで牙をくるくる回す! そして軸はカムを動かして(恐らく)、鰐口をパクパク。このコダワリが堪りません!

 更にゃ鰐さんたちもセーフティベスト纏って鉄道作業員になりきってます。あぁ良い意味で馬鹿馬鹿しい! こういう発想ってセンスオブワンダーですし、ギミックのテクニカルというか本気度も凄い。良い意味で評価に困る作品と申せましょう。

 さて。
 鉄道車両の世界で「鰐」といえば、瑞西国鉄Ce2/8に代表される関節式電気機関車が思い出されるところ。所謂「クロコダイル」
 レゴでも、9Vスタート時を飾った記念的製品「#4551 Crocodile Locomotive」がありましたし、作品でもこの種の機関車は割と定番。

 そのアプローチでも、チーマの鰐機関車とかできますかも。
 しかし公式で製品化されたら……嬉しいやら悲しいやら(笑)。でも、ライオン顔がアメリカ系のディーゼル機関車(どうしてもそのイメージ)で、鰐顔が瑞西系の電機って世界観は案外楽しい? 

 2014年、「チ」を巡るアニマル戦士種族の戦いは遂に軌道上に持ち込まれる!? ……やっぱりゲテモノかキワモノか。

 そういえばノースブリティシュ製車体の電機もウロコ状のポケット形通風器から日本だととかいわれてたような(ED17、ED18、EF50等)。
 あの辺の機関車作品のデッキに、やはり鰐ヘッドの作業員あしらったら楽しいかもしれません?
 
posted by 関山 at 03:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月15日

【価格情報】amazon.co.jpの価格戻っています。

 3月15日金曜日の午後〜深夜にamazon.co.jpでのレゴ主要製品(除くマケプレ)の割引率が33%-36%程度から、一斉に12%程度に落ちるという怪現象……があったようですが、3月16日零時地点では概ねが元の33%-36%程度に復帰しています(バナーはキャッシュで誤表示されている場合があります)。

 円安で仕切り上がって値上げ! とか(この場合はクリブリやザらス含めてレゴ扱ってる全流通に影響)。
 はたまたamazon.co.jpの方針転換で他大手小売と競合しないことになった(この場合、レゴ以外のすべての玩具模型カテゴリに影響)、という最悪の事態ではなかったようです。
 一時的な設定ミスだったのでしょうか。

 とはいえ、前者の円安の影響はゆくゆく有り得る話です。おそらくは希望小売価格の設定が変わるという形でしょうけれども。
 こればかりは国内景気とバーターではありますので(円安=株高、とか世界経済が悪いと円が買われるとか)致し方ありますまい……。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 価格情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【雑談】鰐と鴉の兄弟(かう゛ぇ氏の記事より)

 ちょっと前の記事ですが、面白いのでネタとして。

http://blogs.yahoo.co.jp/legokaveve/8111854.html
 かう゛ぇ様のブログ「sideB」より。
 にいちゃん!

 にいちゃん!
 往年の「ファビュランド」と最新「チーマ」の並び。これを実現できるのは流石のかう゛ぇ氏。
 意外と他じゃみかけません(笑)。まぁ製品のベクトルが斜め下ってくらい異なりますから当然ですが。
 でも、チーマの敵方ももう少し可愛げがあればなぁと思ってしまったのでした。

 そういえば、味方サイドのライオンの方はファビュランドとチーマ、そんなにベクトルに差がない?んですよね。

 

 敵と味方でデザインの差異が少ないほうがいいなぁ(※)……って思うのは、昨今の日本の深夜系コンテンツに毒されすぎてるからかしら? 
 まぁ、元来の対象年齢の玩具なら敵味方のデザインはわかりやすく、明確化されてるほうが良いという、レゴ社のコンセプトは理解は出来るんですが。あと、味方のライオンとか鷲は「可愛く」、敵方は「格好良い」系のアレンジというのも商品デザインとして間違っちゃ居ないんでしょうし(女子プロレス?)。ううむ。

 ※:日本じゃ鰐は兎も角(さすがに無理)、鴉とか狼はとうの昔に萌えキャラ化されてますよねぇ。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月14日

追記あり【作品紹介】かう゛ぇ様の大井川鉄道DD107。軽便規格の1067mm軌間の機関車。

 えらくマニアックな題材が出てきました。
 大井川鉄道井川線のディーゼル機関車。しかも1986年ころまで使われていた過去形式DD107とは。

 実物についてはこちら(wikipedia)。

 かう゛ぇ様の元記事こちら。
http://legohouse.seesaa.net/article/346204623.html

 井川線は軌間こそ国鉄在来線と同じ1067mmですが、車両の寸法は軽便鉄道以下という特殊特異な鉄道。ダム工事のための専用鉄道の転用であり、黒部峡谷のトロッコ列車と親しい存在。
(762mmではなく1067mm軌間なのは本線との直通考慮してのこと)
 当然、使われる機関車・客貨車は特殊寸法の超小型車ばかり。DD100形(101-103 104−106 107−108。結構形状に差異あり!)はその中でも「大きな」機関車だったのです(35トンで400馬力と言われましたから、軽便鉄道用と考えれば大きな部類です。1067mm軌間では小型ですが……)。


 かう゛ぇ様の作品はこの機関車の特徴を捉えた好作品。台形の屋根であったり、やたらに低い車体高であったり。それゆえに実際の大きさよりも細長くスマートに見えちゃうあたりも。
 前面の排気筒も素晴らしいアクセント。床下のエアタンクもそれらしい!

 背後の国鉄貨車との寸法比は正確に思えます。
 また、対ミニフィグ比でもよく雰囲気は出ているのではないでしょうか?
 「座った状態じゃないと乗れない」とかありますが、本物もそんな機関車なのですよ(笑)。

 ただ、突っ込みどころとしては……。
 この期間車、ボンネットは偏って点対称状についています。まぁそのあたりは元記事でも「組み直しか……あああああああ。」と記されていますので改良に期待しましょう。
 でも、このままでも雰囲気は伝わってきます。
 
 井川線規格の小型客貨車(小径車輪が似合う?)が相手でもいいですし、大井川鉄道本線との接続駅、千頭では各種の電車(自社の旧型電車のみならず、国鉄80系や113系、小田急3000系さえも!)と顔を合わせてました。無論、C11やC56との接続もばっちり。
 また、同じような大きさのDD104〜106は国鉄と接続のある普通の貨物鉄道払い下げられ、背の低いスタイルのまま普通の国鉄型の貨車を牽引していました。ですから、このDD107が普通の貨車牽いてても違和感は全く感じません。
 その意味でも、面白い題材見つけられたもの。ネタだけで彗眼と云えましょう!

 さて。
 管理人はこの機関車の牽く列車に乗ってます。1982年。
 無論、カメラ使わせてもらえる年代ではないので撮ってはいませんが……(ゲーム機とかにカメラついてる今の子供が羨ましいマジで)。当時は新型(1982年製。現役)のDD20の方が格好よく思え、DD107は古いなぁとか思ってました。これも今となっては思い出話ですが。
 そんな井川線も長くご無沙汰です(アプト式になる直前が最後)。
 あの特異な鉄道、久々に行きたいなぁとか思うのでした。
 
==========================================
<追記>
 
 コメントにありますよう、ボンネットを5幅化、左右非対称(上から見れば点対称)のスタイルに改修されています。

 先方の記事こちら。
http://legohouse.seesaa.net/article/347104021.html

 やはり、こっちの方がいいですね。
 先の4幅ボンネットだと左右対称なDD104-106のような雰囲気もありましたけど、この改修で断然DD107・108らしくなっています。キャブ下の銘版といったディテール追加も魅力。小さい機関車だからこそ、オーバースケール気味のディテール部品が映えるのです。そういえば白い手すりもいい感じです。これがないと締まらない。かう゛ぇ作品は手すりにいつもコダワリ感じます。

 なお、ボンネットの奇数幅で正面グリルはどうなるのかとおもいきや、排気筒が前面に立ち上げっているというこの機関車ならではの方法で処理(誤魔化し?)されています。なるほど!

 反対側。うんうん、この感じですこの機関車。
 繋がってる客車は背が低いので、井川線のスロフ1辺りの雰囲気?

 それから、ブログsideBの方で「鉄道物語」連載を始められたようです。先ずはこのDD107が主役とか。
http://blogs.yahoo.co.jp/legokaveve/8168020.html
 レゴトレインならではの「心象鉄道」物語、楽しみですね。
(心象鉄道自分もやりたいけれど、文才とか想像力に自信がないのです……)

 背の低い機関車とたくさん並んだ貨車。まるでDD105・106が払い下げられた東濃鉄道笠原線のような雰囲気じゃないですか。ディーゼル機関車は奥が深いのです。
 

posted by 関山 at 20:42| Comment(7) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【昔のレゴ】明かされる黒歴史、ガリドーのレビュウ(イグ氏)

 ジャックストーンに代表されるような、1990年代末〜2004年ころのレゴ暗黒時代の諸々についてはそのうち記事にしたいとか考えていたら、なんとイグ様が物凄い「濃い」、暗黒中の暗黒たるガリドー(Galidor 2002年)レビュウ記事を上げてくださりました。

 「駅前帝国メガトロニア」の記事はこちら。写真や参考画像多数。

 さて。
 「ガリドー」に関しては、恐らくほとんどの方が「知らない」若しくは「最低最悪のシリーズ」という認識をされてるでしょう(当然、日本未販売)。管理人も後者の域に留まっておりました……。

 そんなガリドーを「メディア展開(特撮TVドラマ!)」「設定の紹介」「金型への考察(!)」というレベルで濃く濃ゆく紹介されています。云うまでもなく、日本で一番濃いガリドー記事。


 参考画像(シリーズのメイングラフィック)。こんなのが幾つも。あとゲームのパッケージなど。よくぞ集められたもの……。



「※レゴブロックです」

 「※」に大爆笑! この辺は記事の書き方見せ方も巧いのです。

 ちなみに、当該のガリドーのセットは「カンザンブリック」経由で扱わせていただきました。
(実は検品時に、意外と「鎧」とか「杖」の出来の良さに驚いたりしています)
 が、今となっては不人気品ゆえに出物がえらく少ないわ、大柄だから送料がかなりかかるわであんまりお薦めできるアイテムではありません。
 一体日本に何セットあるんだろう……とネタになるくらいのシロモノ。超絶上級者向けですどう考えても。


 あぁそう書いていると、「ちょっといいもの」に思えてくるから不思議。
 なにより、イグ様のレビュウには「愛」があります。あの時代のレゴ社の「微妙さ」を知る上でも必読。
 10年前というのは微妙に、而して立派に「歴史」なんですから。
 

 こんなポーズしてても妙に哲学者っぽい雰囲気の8324 エウリピデスさん。
 造形、悪くないんですよね。まぁ今となって「懐かしむ」事ができるのは、その後の10年でレゴのラインナップが正常化したゆえの余裕とも云えるのですが……。
 

 

posted by 関山 at 20:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 昔のレゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月13日

【作品紹介】satoatsu様のEF65 1000番代 大改良

 先日紹介したsatoatsu様の作品EF65 1000番代が大改良されてきました。写真いただきましたので、掲載・紹介いたします。



 先の状態での「良かった」部分をそのままに、「ちょっと気にかかる」部分を全て大改修されています。

 前面下部の張り出し状のステップを適切な大きさに。合わせて「隙間」の解消。
 スカートを高めに切り上げ、スマートに。合わせて車体高を低く見せ、扁平な印象の国鉄新型電機っぽさが出ています。スカートの下にはレール面との隙間を埋めるスノウプロウも。足回り引き締める。

 側面では、ルーバーの「横組化」が目立つところです。ルーバー同士の間隔とかが凄くEF65らしい。ナンバープレートの大きさも適切なものに。
 また文字タイル使った所属区表示もアクセントとして有効ですね。
 
 屋上機器も大更新。青い配管(歩み板の表現)がとても効果的です。モニタールーフもグリル使うとそれらしい。



 前面より。
 スカートが短めなため、連結器は台車マウントにも関わらずスカートに影響されません。ジャンパ栓やら、ポチスロ使ったステップも。連結器が懐かしの4.5V/12V仕様開放ピン付きですが、ホースに見えてルックス良いですよね。
 丸プレート使った帯表現もインパクトある部分。合わせて、8幅10幅大型モデルの流儀を6幅モデルに持ち込んだ曲線が美しい。実物の印象は「角ばってる」とも「丸みがある」とも取れますが、前者を強調するのもありと教えてくれたような(レゴ的には後者のほうが易しいのですけど……)。
 テールライトは省略されたままですが、このスマートさの前には寧ろ気にならない部分です。
(ただ、1×2のタン色タイル部分をプレートにして、その下半分にφ1丸プレートか丸タイルで試される価値はあるかもしれません。無論、かっこ悪くなる可能性はあります)
 


 側面。横組がよくわかります。グリル部分を4幅分横組みされているのですね。
 
 先の作品評での
 8幅大型モデルの文脈で作られた6幅モデル。という趣。
 電機の重量感、重厚な感じが強調され、6幅と思えぬ迫力になっていましょう。
 一方で前面の丸みも強調されているため、流麗さ・美しさも顕れています。
 その良さを残しつつ、より完成度を高めた精細な作品。
 今後客車も予定されているそうです。このクオリティでの客車(ブルートレイン?)も楽しみですね。
 
posted by 関山 at 23:58| Comment(3) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【価格情報】#10197ファイアーブリゲード 16290円/他

 

 最近はモジュールビルの入荷状況がよくなく、どうも割高な価格が続いていましたが、久々に「#10197 ファイアーブリゲード」が16000円台前半、16290円です。
 Shop@home(US)で絶版というわけではありませんが、思えば2009年の製品でもう4年も前の品。気になっている方はお早めに。並行輸入品の割安に期待できない情勢ですし。


 #10218ペットショップの方はなかなか値が下がりません……。まぁ17000円以下なら「あり」でしょうか。管理人もそれくらいの価格の時2箱抑えてますし。

 建物系では一番お得感のある#10228幽霊屋敷は一時的に品切れでしたが、再度amazon.co.jp扱いが即納で復活。やはり36%off 13544円。
 同じく円高の記念碑? #10229ウインターコテージも36%off 8090円。
 あんまり商品寿命が長くない感のあるスーパーヒーローズですが、「#6860 バッドケーブ」が41%off 8026円。
  

 さて。
 今週末3月15日金曜日は「#42000 グランプリレーサー」「#10227 Bウイング」の発売予定です。予約漏れありませんか? 前者33%off 後者31%off。
 なお同日発売の、#21017 帝国ホテルはamazon.co.jp扱いがないのか……? 直前の追加に期待したいのですがどうなることやら。少なくとも3月16日のクリブリ販売はある筈です。

 あと、ミニフィグ「おもちゃの兵隊」入といわれる洋書「LEGO Minifigures Character Encyclopedia」は1859円にて予約受付中。5月発売。
 
posted by 関山 at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 価格情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする