何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2013年02月09日

【購入レビュウ】#31005 コンストラクションキャリア。パーツ単価4.5円の世界は?

 昨日発売のクリエイター「#31005 コンストラクションキャリア」が届いたので組んでみました。
 価格はamazon.co.jpにて37%off。1199円。パーツ単価は新製品とは思えぬ、そしてこのクラスの製品ではあり得ない4円68銭です。


 メインモデル。30分ほどで完成。

 クリエイターのコンセプトには「1970年代、ミニフィグ以前への回帰」って含まれてると思うのですが、良い意味で1970年代レゴランドが進化しまくったような雰囲気があります。


 #681(1971年。bricklinkより)。

 この辺りのモデルが進化した流れ、と。

 但し、#31005というかクリエイターの対象年齢自体が7歳以上。パーツ構成の細分化はものすごいことになっています。
 また、往年のレゴランド(→街 → City)が特殊パーツを目玉にしていたのに対して、クリエイターのストイックなまでの特殊パーツの避け方も印象的。

 細分化され、汎用部品のみの構成の製品を組む感覚は、自分の作品……My Own Creationを作る感覚に限りなく近い。ですから、クリエイターは小さいモデルであっても「ビルダーを育てる」力を持っているのでしょう。汎用部品で、専用部品的なカタチを作らせるのですから。
(まぁ、それがIMEあるのに漢字覚えたり、電卓とかEXCLEあるのに筆算するようなもどかしさもあるのですけど)


 #31005自体の造形は良好です。トラクター&トレーラーが赤一色ではなく、裾に白いラインが入ってるのがいいですね。ぐっと引きしまる。トラクターのフロントも0.25ポッチ分の張り出しを生かした凝った造形。ヘッドライト・バンパー廻りも単純な造形ではないです。
 小さいけど、力強く、そして密度が濃い!

 さて。
 本題の?パーツ構成です。驚くほど、「使わない・使えない」部品が含まれていません!
 パーツリストこちら。
http://www.bricklink.com/catalogItemInv.asp?S=31005-1

 強いて使う機会が無さそうなあげれば、大型の「 ̄|_」形のブロックとか、大きめのタイヤ位でしょう。後者だってたまたま手持ちが多い(Cityのセットばらした関係で)だけで、普通に見れば使える部品でしょうし。
 他はすべて普段のトレインとか、4幅車のビルドで使うだろう……って部品ばかり!
 部品が殆どプレートとタイルというのも有難い。中にはすぐは使わないだろ、もありますけど、そういう部品こそ部品力の「底力」になるのですし。

 と、いうわけでメインモデル組みながら、これは部品で買ったら単価いくら……とかの邪念を禁じえず。いや、プレートとかタイルって数十枚単位でキープしてても、すぐに無くなってしまうものですしね。


 パーツの中で一番の当たりはこの辺。
 未だ未だ相場が下がってないφ1の丸タイルが割と大盤振る舞い。新灰が10個(予備1個)。透明黄色が6個(予備1個)。
 あと新型窓2×2(60592)の赤は意外と希少部品。このセット以外だとCityの先代の消防署#7208と、あとはDACTAの特殊セット#9386だけですから。

 ですから「部品取り」で複数セット購入も無駄になりますまい、と。
 去年までの超絶円高反映した価格に、レゴ社の良心の塊のような構成のこの品、お勧めです。

◆◇◆◇◆◇◆       ◆◇◆◇◆◇◆

 
posted by 関山 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | レゴ製品購入レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【レゴ製品:トレイン】#79111 Constitution Train Chaseの新画像


 画像クリックでフルサイズ版へリンク

 情報源Eurobricks
 更に元はYahoo!Movieへの投稿のようです(意外な出処)。

 2013年の新トレインセットとして期待が寄せられている#79111ですが、ドイツ版カタログからの写真以外の画像がついに出てきました。而もセット全景で、列車がサイドビュウ見せている好条件の画像です。

 構成面では、既に報じられていたよう、レール入(何と直線レールまで)の手押し汽車セット、というのが興味深い。トレインシステムへの敷居下げ効果はありましょう。

 機関車の造形は「思ってたものより、ずっと良い!」に尽きます。
 引き締まった造形・渋目の配色のテンホイラー(日本流には「2C」の車軸配置)。ロッドこそ省略ですが、先輪と動輪の位置関係、適度に縮められた全長、スケールオーバーではない全高。鉄道模型の入門セット的魅力さえ感じられる……というと些か大げさ?
 茶色の窓枠やら、缶胴上の鐘も細密感盛り上げる。

 エメラルドナイトの精密さはさすがに望めないにしても(対象が違う!)、近作の版権物機関車より数段垢抜けた出来といえましょう。


 機関車のアップ。アメリカンスタイルですが、良い意味でアク抜きされており、世界中で親しまれそうな雰囲気。むしろ蒸気機関車の最大公約数的スタイル? 
 引き締まった、とは称しましたが、機関車単独で24ポッチあります。炭水車合わせれば36ポッチ位? #10219マースクトレインのSD45くらいの長さですから、堂々とした感じもあります。
(動態保存機と考えれば、SD45と同じ世界観に居ても可笑しくないのですね)

 問題は動力化の可否でしょう。
 炭水車に電池BOXは全長面では収まります。但し、上部は少しハミ出ますが。
 機関車の缶胴と足回りの間に微妙な隙間があるのですが(実物でもアメリカ機はこんな感じ)、ここにPF-Mモーター若しくはPF-Lモーターを収めることは出来そうです。受光ユニットは言うまでもなくキャブ(運転台)内に。
 モーターの収納ですが、缶胴の作り……下半分が内部空間を考慮しているように見えます。

 問題は、レゴ社がどこまで本気かってこと。上記がインストで明示されていなければ意味はありません。
 但し、わざわざレールまで入っているセットです。動力化配慮がないほうが不自然ですよね?


 貨車。無蓋車のガトリングの造形がマニアのMOCっぽいですね。公式になりますとは。ハンドルで回転するギミックは如何にも公式って感じですが。でも楽しそう。
 有蓋車というか荷物車はボギー車でないところがアメリカンでは無いのですが(アメリカでは2軸車は極めて稀。軽便鉄道でさえボギー車が普通)、造形は細かく雰囲気は悪くありません。屋根にはなにかギミックも見えます。正体不明。

 発売は5月と言われています。
 映画版権物は内外価格差はともかく、内外時差は少ない傾向ですから同じ頃に日本でも発売されるのではないでしょうか? 希望的観測ですが。
(ローンレンジャーのシリーズ展開自体は決定済です)

 最後に余談。
 鉄道模型(HO)の世界では、アメリカ形蒸機を改造して日本形……明治期に輸入されたアメリカ製機関車にするという手法があるのですが、この機関車も灰色の部分を黒に、カウキャッチャをバッファ付き連結器に置き換えれば明治時代の日本形っぽく見える?
 更に手間かけて全身真っ黒なら昭和中期の設定でも行けそうです。昭和40年頃までは「如何にも」なアメリカ製蒸機は北海道の炭鉱私鉄・専用線には生き残ってましたから。

 無論、灰色の部分を黒、カウキャッチャをバッファににという差し替えならぎりぎり欧州形にも見立てができるかも? そうした面でも遊べそうな製品です。
 
posted by 関山 at 09:33| Comment(5) | TrackBack(0) | レゴ製品:トレイン関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。