何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2013年02月01日

【価格情報】3月8日スターウォーズ新作/3月15日 テクニックなど

 「チーマ」に続き、新製品の発売予約がamazon.co.jpで始まっています。
 
 
 SWの発売日は3月8日。
 #9516ジャバの宮殿に繋げることの出来る「#75005 ランコア・ビット」は28%off 7363円。
  
 繋げるとこんな感じに。迫力十分。揃えると2万円コースですが……モジュールビル並と思えば良いのでしょうか?


 左から。
 #75000 クローン・トルーパーズ vs ドロイデカ。28%off 1504円。
 #75001 リパブリック・トルーパー vs シス・トルーパー 。同じく28%off 1504円。
 この2つはバトルパック系。価格もバトルパックの範囲に収まっています。

 #75002 AT-RT。28%off 3006円。
 #75003  Aウイング・スターファイター。28%off 3006円。


 #75013 アンバランMHCTM 。28%off 5635円。
 ギャラクシースクォードのメカにも共通する? 曲面のデザインが面白いです。


 #75004 Z-95ヘッドハンターは既に1月上旬から予約受付されていたアイテム。28%off 5625円。
 あとはミニシリーズ。一律28%off 1202円。

 割引率は現状全て28%offですが、発売日までに上がる可能性はあります。例によって予約品の価格保証ありですから、予約だけしておけば安心?


 3月15日発売品はこの2点。Cityとテクニックから1点づつ。
 #60010 ファイヤーヘリコプターは28%off 3156円。
 #42000 グランプリレーサーも28%off 9767円。テクニック仕立てのフォーミュラマシンも定番ではありましたが、フェラーリ以外では随分久々って感じがします。フレーム+パネルという構成とフォーミュラマシンは意外と相性がよい? 組み換えモデルの意外さも驚かされます。
 
posted by 関山 at 03:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 価格情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【レゴ製品】「31012 Family House」「#70404 King's Castle」「#60021 Cargo Heliplane」他

 brickset経由、大元はBrickJournalのJoe Meno氏の「German Toy Fair」のレポート写真からです。
 クリエイター・お城・City(Cargo/CoastGuard)の代表的?製品の画像から。

◆31012 Family House

 今までの家系クリエイターとは全く違う文脈のデザイン! 今までのが「古き良き? 普通の家」を意識していましたが、今度のは思いっきりモダンデザイン。ただ平屋根系の突き放したデザインではなく、一般受けもする方向で。個人的にはなかなか良い感じだと思うのです。ダークレッドの33度屋根も趣味が良い。

 大きな窓の奥にはアーチも見えます。また、ソファなどインテリアも。間取りは吹き抜けのリビングがあり、奥に2回の寝室などがあるって感じでしょうか。

 パーツ面では、2×3窓のタン色は初出ですね。

 付属の車はフィグ乗り4幅。でもなんかちょっと違うかな……。クリエイターとCityの文脈差を感じますが、その中間ってできないものなのかしら。
 
 とはいえ、全体としてみると惹かれるデザインです。クリエイターハウスも長く続いて食傷気味……の向きにも受け入れられそうです。


◆#70404 King's Castle

 2年ぶりに帰ってきた「お城シリーズ」の中核アイテム。

 荒いCONFIDENTIALな画像はこれまでもありましたが、この解像度は初めて。茶色の色差しは思ったほど気になりません。青がテーマカラー。濃灰やダークタンの色差しで単調にならないような配慮もあります。

 ただ、目立つ王座はちょっと品がないかも。インテリアがこっそり見える程度で良いと思うのですが。
 他、賛否が割れるとしたら「保守的」ってことに尽きるかも。いや、保守的だからつまらないなんて1990年代後半−2000年代前半のレゴ社暗黒期には夢の様な言葉なんですけれどね。

 敵側のテーマカラーは赤。攻城機の顔が面白いです。

 なお、先代「Kingdoms」同様、敵は人間の軍団ですが、背後の絵を見る限りだとドラゴンも出てきそう。KingdomsとFantasyEraの中間くらいの路線を狙うのでしょうか。


 ミニフィグ。メタルカラーの騎士が格好良い。腕の「青」「赤」は派手とみるか、良い意味で中間色濫用以前の雰囲気とみるか……。お姫様は白ドレス。


◆#60021 Cargo Heliplane

 一言で言えば「オスプレイ民間貨物型」。バリバリの西側機体なのに、「軍用輸送機の民間型」というと良い意味で共産圏的オーラを感じますね。「レゴ貨物輸送梶vなマーキング・カラーリングも却って「ソ連それらしさ」を強調しちゃってはないでしょうか(笑)。活躍の舞台はシベリアの原野が似合いそう。
(ところで、ソ連/ロシアもオスブレイ的な機体って開発してましたっけ?)

 と、与太話はともかく、転換するエンジンポッドは玩具として魅力的。良いプロトタイプ選んだものです。ウインチの装備もこの種の機体らしい。サイズが過大でないのが一番好感持てるところでしょう。
 また、コーストガードのヘリと共通する機首パーツも、この製品にはしっくり来ていて、やれ一体だ・大味だと否定する気になりません。丸っこさが小型貨物機的愛嬌に繋がってるのですね。
(正直、この部品手に入ったら鉄道車輌にも転用してみたいと。0系新幹線はちょっと無理ですけど)
 

◆#60014 Coastguard Patrol

 コーストガードの文字通りの旗艦アイテム。船とヘリ、小さな灯台がセットとか。
 船のデザインはここ最近のレゴ船(消防・警察・貨物)の中では一番派手派手。カラーリングばかりではなく、惜しみなく!連続するキャノピーやら、用途の性格上の装備群。レーダーにアンテナ、ブイにクレーン。
 でも……それがかっこ良い!
 水上をベースに、にはヘリを、水中には潜水ロボット?を装備して水辺の護りは完璧! なところも惹かれます。
(ここまで記してて気が付きました! 東宝・円谷特撮的センスなんですよこの船! 潜水ロボは「わだつみ」とでも名づけましょうか)

 で、最後にちょっとツッコミ。装備は充実でかっこ良いのですが、この船は水に浮くのかしら? いや船体は浮くタイプですが、重心とか高そうですし。まぁその辺は考えてあるのでしょう。
 
====================================
 そんな訳で、2013年後半製品は予想外のクオリティとセンスで迫って来ました。「同じテーマの焼き直し」とか言わさないだけのものを感じます。
 
posted by 関山 at 01:54| Comment(2) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする