何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2013年01月28日

【作品紹介】mazta-k様のPFライトユニットの使いこなし。光の新時代!?

 思えば9V時代は、ライトはほとんどのトレインセットに組み込まれていたものの、ライト点灯は全く注目されていませんでした。
 理由は簡単。スピードレギュレータの電圧制御の関係から、MAXスピードで走行させないとライトがライトらしく点灯しない! という問題があったため。その上、2灯式だとプリズム介すために更に光量が落ちる。
 停車中はもちろん、スケールスピードでまったり走っている時もライト(或いは室内灯など)が意味を成さない。これでは興が削がれます。

 無論、ライト用に別電源用意する手法もありましたが、9Vの列車に別電源というのは抵抗感が否めなかったのは事実です。電池の管理も手間でしたし。
(なお、鉄道模型のパルス電圧のパワーパック使用でレゴトレイン12V/9Vを無改造で常点灯させる試みも行われています。これは記事長くなりますので別の機会に)

 さて。
 PowerFunctionになってからトレインセットにライトはもはや標準装備ではありません(それ故の低価格ゆえ、この割り切りを否定はしません)。しかし、列車内に9Vの電源を持ち、またPowerFunctionのシステム上2系統の出力が出せるとなれば常点灯……停車中でも低速走行中でもライトを輝かせることができるのは自明です。さらに言えば、PFトレインコントローラは電圧制御できますからライトの光量まで7段階で制御できる!

 ただ、9Vに慣れてるとライトの魅力はどうしても気がつかれにくいようで、世界の9V派諸氏(無論管理人含む)はPowerFunctionで動力車を制作しても、折角の好機を逃してきた感はありました。


 前置き長くて失礼。本題はmazta-k様の作品(E259及びAE スカイライナー)にライト組み込みがされ、その仕上がりが美しく、また効果的であるという話です。

 先方の記事
http://maztak.blog.fc2.com/blog-entry-39.html

 

 E259系。PowerFunctionのライトユニットはLEDで、2灯式。
 1灯白熱灯に慣れてるものとしては若干の違和感はありますが、しかし、こうした現代的車輌に組み込む分には実にしっくりきます。LEDの光がまるでHIDのよう。9Vのプリズム越しの光とは別物ですね……。

 何より、暗い場所はともかく、明るい部屋でも輝いて見えるのは「ヤル気」を励起します。
 またバルブ自体が小型のため(過去のどんなレゴの電球部品よりも)、車輌の形状を損ねずに組み込めることも分かりましょう(無論、Mazta-k氏の技術もありますが)。

 ライト点灯の楽しさは先方の記事を引用します。
ライトの操作はトレインリモコンを使います。
例えば、トレインモーターを青に接続したら、ライトを隣の赤に接続します。
そしてリモコンの赤つまみを回すとライトが点灯します。
つまみを回すごとに明るさが変わります。
モーターと同じ7段階です。(中略)
疑似ハイビーム/ロービームを演出できます!(笑)
最初に明るさMAXにし、対向列車がすれ違う前に、つまみを回してロービームに、
すれ違ったらつまみを元に戻してハイビームに。
なんとマニアックな遊びwww
 9Vではあり得なかった、PowerFunctionならではの楽しみ。大規模運転会や展示などで盛り上がりそうです。

 さて。更に頑張っているのが京成AE形。
 

 下部の前照灯と上部の急行灯共に点灯。ライトユニットの2つあるバルブをそれぞれに回しているのかとおもいきや、贅沢にも?それぞれに1つづつライトユニット使っているのですね。

 こうした作品見せられると、PowerFunctionに関してはライトはもはや「コストだけの問題」かなぁと思ったりもします。いやまぁ、実物が白熱灯(含むシールドビーム)だと違和感あるとか、付けない理由も考えなければなりません(苦笑)。

 ライト点灯で、この世界もまたちょっと面白く変わっていきそうです。
 
posted by 関山 at 23:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする