何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2013年01月26日

【レゴ製品】気になるCity新製品「#60026 Town Square」

 Bricksetに商品名と型番のみ情報が上がっています。
http://www.brickset.com/detail/?set=60026-1


http://www.bricklink.com/catalogItem.asp?S=7641-1
 かつての「#7641 レゴシティの街角(2009)」のようなセットでしょうか?
 割と早く絶版になってしまい、今はプレミア価格ですから、この種のテーマの復活なら嬉しいですね。

 ただ、他は何もわかりません。飽くまでCityですから過剰な期待は禁物ですが……。
 
posted by 関山 at 17:59| Comment(4) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【価格情報】2月1日再入荷情報。ウインタービレッジコテージ、フレキシブルレール他

 

 予約は受け付けていたものの「1−2ヶ月内発送」という、急がない方向け条件だった「#10229 ウインターコテージ」の再入荷が予想外に早く、2月1日入荷・発送となっています。価格は変わらぬ36%off 8090円。


 建物系といえば、良作であったものの割高価格が難であった#5766 ログハウスがやっと39%off 3520円に。
 既報通り、このクラスの家系クリエイターは夏の新製品で「置き換え」されそうですから、気になる方は今のうちに。組み換えモデルの開閉する家モデルも良い感じです。
 また、渋い色調は駅舎・信号場・詰所・小型機関庫など鉄道施設系のベースにも向いていましょう。


 山といえば海。シーサイドハウス#7346も36%off 4449円。
 また、2月8日と発売日迫ってきた新製品#31009 クリエイターコテージは29%offながら、2013年価格の恩恵で2372円。
 山といえば、丘? これも家系製品。12月新製品で入荷→完売繰り返している「#79003 予期せぬ出会い」は33%offで7016円。即納です。


 さて、2月1日入荷に話を戻せばフレキシブルレール#7499が28%off 1880円で予約受付中。あって困るものではありません。レール拡張考えている方はお忘れなく。再入荷が数ヶ月ないってこともありますから。
 ただ、他トレイン系は品薄のままですね。

 品薄続いていた、12月発売のNinjago新作も2月1日再入荷あるようです。
 黄金ドラゴン#70503は33%off 3145円。
 #70500 カイのファイアー・ロボは1299円。

 発売から時間も経ちそろそろ絶版が気になってきた、Architecture#21005「落水荘」11124円送料込です。新作の帝国ホテル旧館と合わせて欲しい……と思う方は今のうちに抑えておいたほうが。
 

 #10193 中世城下町はShop@homeで既に「Sold Out」であり、並行輸入品が今後入ってくる可能性も低そう。また、マケプレ価格もじわりじわりと上がりつつあります。
 その中で、箱つぶれ故の中古扱いの実質新品、13300円(送料込)という品が1品のみ?残っている模様。
 

posted by 関山 at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 価格情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【作品紹介】かう゛ぇ様のDD90改修とヨ8000完成

 かう゛ぇ様の国鉄DD90形ディーゼル機関車がアップデートされ、またヨ8000も「完成」した模様です。


 一次改良。先方の記事

 車高を2プレート上げ、貨車と揃えられたとか。引き締まって、かつ力強く見えます。
 また、車高上げると相対的にちょっと短く見えるのも、この題材だと利点になっていましょう。フロントもエプロン部分を撤去してスッキリした姿に。


 二次改良。先方の記事

 ちょっと寂しい感じのあったフロントエプロン部分をブラケット+タイルで追加。前面が引き締まった印象に
 側面は赤と濃灰の境目のラインが一直線に。実物通りの仕様。ただ、これは製作者の方でも迷いがあるようで、
「これはどうものっぺりしてしまって失敗してる気がする。
キャブの部分から続くまっすぐのラインは実車(国鉄カラーの模型?)と同じなので、より実車に忠実といえば忠実なんだけど、そうでなくてもまっすぐなレゴブロックでは揃えすぎると単調になるので、これについては諸刃の剣。」
 とのこと。自分もどちらがよいか判断できません。レゴだとアクセントがあってもよいというのは同感です。とはいえ、実物通りのシンプル感も捨てがたし、と。


 後部。
 ヘッドライトが付きました。また、ライト周りの曲線処理が優雅?です。
 こちらにもフロントエプロンがついていますが、適度にポッチが出ていたり、タイル重ねてたりするのが結構効果的。後部のデッキを省略しているぶんの埋め合わせにはなっていましょうか。実物通りかというとちょっとちがいますが、雰囲気という意味で「それらしい」のです。


 今になっては懐かしい?原型。かう゛ぇ様のDD90というとこれが原点ですよね。最初の形もインパクトがありましたが、幾度もの改良で更に洗練された形になっています。

「できればもう一両、茶色で組みたい」
 とのことですが、この機関車の茶色1色はそれなりにボリューミーで魅力有りそうです。DD90末期のカラーリングやら、DD41デビウ時の派手派手な姿とは違う、シックさがありましょうね。良い意味で同じ機関車に見えないかも?


◆◇◆◇◆◇◆      ◆◇◆◇◆◇◆



 少しまえですが、ヨ8000車掌車の方も完成した模様です。
 先方の記事
 
 この言い方が正しいのかどうかわかりませんが、形状把握が模型的といいますか。すごく正確です。
 トレイン窓も正解。微妙な丸みがマッチしています。
 また、手すりやブレーキハンドルも効果的ですし、「E」を逆転した「ヨ」の表示も面白い。

 それから、貨車が背景という写真の良さも!
 まだまだ操車場やら貨車の群れが身近だった、小学生の頃を思い出したりします。
 
posted by 関山 at 16:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする