何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2013年01月13日

【昔のレゴ】「1975年日本版カタログ」デザインも文章も垢抜けた一冊!

 所有するTom様より、転載・掲載許可いただけましたのでbrickshelfに掲載致しました。

 感想、コメントは以前の紹介記事のものも参照ください。
【記事紹介】「子どもたちは、なぜ、レゴで遊びたがるのでしょう。」〜tom様の提供の「1975年版カタログ」および
【記事紹介】続:TOM様提供の1975年版日本語カタログ。トレインにテクニック、いや「汽車」に「モービル」です。
 全16頁カラー。印刷箇所は不明。
 この年は1974年まであった価格表示が無くなりました。無くなったままというわけではなく1979年には復活しています。この後も価格表示はあったり、無かったりで今に至ります。


 表紙。、1974年に引き続き「レゴ・ファミリー」が押し出されています。建物は基本セット仕様の33度スロープと、ブロック屋根のもの。樹木はこの頃から採用の三角の針葉樹です。
 手前の汽車は基本セットで作ったものか? トレインシステム仕様ではありません。

 キャッチフレーズは
「レゴには、遊ぶたびに新しい発見があります」
 また、右上LEGOロゴ内には「考える力をつける レゴ」とも。

 虹は七色ではなく、当時のレゴ製品の箱にも使われていた「基本五色(黒・白・青・赤・黄)」を表してるのでしょう。
 1974年比較で、えらく垢抜け、モダンになった印象です。これは中身にも共通。
 1980年代にも通じる、レゴの新しい時代が始まる予感を感じさせるのですね。


 2頁。
 白バックに明朝体が実に上品。カタログ類はこのデザインラインが1980年代まで続いた印象があります。

 「子どもたちは、なぜ、レゴで遊びたがるのでしょう。」
 お馴染みのレゴの概説頁。1974年の教育ママ御用達な雰囲気というかまるで香具師の口上のようなのから、随分とソフトタッチに。此れ位がいいのですよね。

 「ブリック2つで何通りの組み合わせがあるか……実に30数通りもあります」。の下りは、さり気なくレゴの数学的奥深さを示唆しているような。また<<続きを読む>>
posted by 関山 at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔のレゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【レゴ製品】2013年の新部品あれこれ:1

 レゴの新部品の登録は年始に集中する傾向ありますね。年の後半だと、ミニフィグ絡みかそうでなければプリントやステッカー違いの登録になったりしています(無論、その中にも重要なパーツがあったりするわけですが)。


 %11458 Plate, Modified 1 x 2 with Pin Hole
http://www.bricklink.com/catalogItem.asp?P=11458
 1×1テクニックビームや、1×2テクニックビーム(2穴)と機能的には変わらないと思うのですが、テクニック細工の細かいところではポッチの出っ張りがじゃまになったりしますので、意外と使いではありそう?
 今のところ、新濃灰のみ。


 % 98835 Mudguard 3 x 4 x 1 2/3 Curved Front
http://www.bricklink.com/catalogItem.asp?P=98835
 Cars仕様のフェンダー部品のプリント無し。安直に?スポーツカー作るのに便利そう。サンプルの色は残念ながらミディアムブルーではなくて「Dark Azure」という使いにくい色です。でも、「新濃灰」も供給されているので一安心といえば一安心。早く新濃灰のスポーツカー4幅フィグ乗り作ってみたいですね。


 %10928 Technic, Gear 8 Tooth Type 2
http://www.bricklink.com/catalogItem.asp?P=10928
 8歯のピニオンギアがさり気なく新金型に。
 上の写真で左が新型、右が在来型%3647です。
 在来型は、歯の左右の1/4ポッチづつの張り出しがビーム穴等に「埋まって」しまう問題有りましたから嬉しい改善です。在来型でないといけない使い方は、当面は在来型の供給でなんとかなるでしょうし。


 %11598 Container, Alien Pod Section 2 x 4 x 4
http://www.bricklink.com/catalogItem.asp?P=11598
 写真の状態は「2個」合わせた状態です。中にミニフィグが一体収まります。
 用途はもちろん、ギャラクシースクォードでの異星人側の捕虜格納カプセル。但し、このカプセルに部品ゴテゴテくっつければポッド形の宇宙船とかの応用できそうです。
 今のところ、あんまり供給状態がよろしくありません。ギャラクシースクォードのシリーズそのものが、一部地域・店舗先行のようです。


 %11213 Plate, Round 6 x 6 with Hole
http://www.bricklink.com/catalogItem.asp?P=11213
 直径6の丸プレート。今までは「%30357 Plate, Round Corner 3 x 3」を4個組み合わせて使っていたところですが、どうしても円というには無理のある形状でした。直径6の円筒ファミリーの充実において必然性のある部品でしょう。

 色はサンプルはミディアムアズールという使いにくそうな色ですが、既に新灰色も提供されています。


 #11267 Friends Slide Curved
http://www.bricklink.com/catalogItem.asp?P=11267
 
 Friendsのスライダー部品は新部品でした。色はマゼンダのみですが、この種の施設としては青系の方が一般的ですよね。ミニフィグでも使えそうです。

 
 「玉転がしビルド」の必需品。x45系サッカーボールが久々に復活です。
x45pb06 Sports Soccer Ball with Magenta Outlined Heart and Star Pattern
http://www.bricklink.com/catalogItem.asp?P=x45pb06
X45 Sports Soccer Ball Plain
http://www.bricklink.com/catalogItem.asp?P=x45

 無論Friendsのスポーツシリーズ関連。前者はサッカートレーニングに。後者はバスケットボール(ビーチボール?)の代用としてスプラッシュプールに含まれます。
 各セットに1個づつなので、ゴロゴロ大量に確保……は未だ難しそうですが、「玉転がし」ビルドの希望であることは間違いありません。

 最後に。

http://www.bricklink.com/catalogItem.asp?P=42446
 「垂れポッチ %42446」の供給状態がここ最近著しく改善されています。レギュラーの「新灰」「新濃灰」「新茶」はもちろん(100個単位でも調達できるくらい)、レアだった黒もクリエイター「#31006 ハイウェイスピードスター」や、Friends「#41001 マジックショー」という低価格のセットに含まれており、今後供給が改善される楽しみが出てきました。
 2012年は新作ブラケットが各種出てきてビルドの幅が広がりましたが、1幅単位でブラケットとして使える部品として垂れポッチの価値は変わりません。有難いことです。
 

posted by 関山 at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。