何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年12月27日

【レゴ製品】新モジュール #10232 「Palace Cinema」派手派手な中華風!



http://www.eurobricks.com/forum/index.php?showtopic=77433
情報源Eurobricks

 レゴの公式で突如発表された画像の模様。他画像及び、価格や時期などの情報は未だありません。
 カテゴリは「#10233 Horizon Express」に次ぐ、「Creater Expert」。まぁこれは日本で、モジュールビルやエメラルドナイトといった10000代エキスパートモデルも「クリエイターシリーズ」として発売してきた流れが逆輸出されたものでしょう。

 モデルになったと思われる、ハリウッドの映画館「Chinesetheatres」
 中華風を意識した派手派手な映画館です。
 
 次期モジュールが映画館という情報は少し流れておりましたが、この方向性は良い意味で予想外でした。ゴシック系のビルか、お馴染みアールデコ的な装飾を予想しておりましたので。
 派手で潰しが利かないように見えて、これはこれで華やかで嬉しいデザインじゃありませんか。個人的には嬉しいデザインです。


 製品部分拡大。
 屋根表現はPeachtree氏の作品を思わせる、製品らしからぬ円筒による瓦表現です。先頭の屋根もこのシリーズに相応しい出来。壁面のダークタンとタンのバランスも堪りません。窓枠が茶色なのも渋さを醸し出していましょう。
 1階部分はポスター並んだ左側面と、ちらりと見える右側面では仕様が違いそうです。
 あと、黒い大型オープンカー(旧式のキャディラック? 如何にもなハリウッドセレブ風)が付属します。運転手付きで女優にカメラ回っていることからするに、やはりハリウッドにあるような、出演者の舞台挨拶もあるような映画館の想定なのでしょうね。
(余談ですが、この映画館の前でレゴの映画版権系テーマのミニフィグでイベントやらせても楽しめそうです。LOTRやSuperHeros、無論STARWARSのファンにだって楽しめる題材が「映画館」なのでしょう!)

 あとはインテリアが気になるところです。
 高さのある建物ゆえ、二階席まで表現されてれば良いのですが。
 或いは、一階はエントランスに割り切り、二階部分劇場という作りかも? 
 
posted by 関山 at 22:55| Comment(3) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【レゴ製品】#31009 クリエイターコテージの詳細画像。組み換えモデルなど

 日本では2月8日に発売予定の「#31009 クリエイターコテージ」の詳細公式画像が上がってきています。
 嘗てない低価格の家系クリエイターということもあり、逆にクオリティ面での不安を感じる向きもあったと思われるこのセットですが、如何に?

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=518780
 grogall氏のbrickshelfフォルダより。上記にフルサイズもあり。

 屋根の外しと、後面のヒンジ開閉という2011年製品からのギミックは継続。開閉部がL型になってるのが面白い。
 簡素ながら、一人暮らしに耐えそうなインテリアもあります。暖炉廻りはやっぱり凝ってます。


 レギュラーな、前面から。高解像度で見ると、小さいながらも密度感濃厚なセットであることは伺えます。廉価だけど手抜きじゃないのですね。壁と土台の間の1幅の灰プレートにも注目。
 惜しまれるとしたら、ドア・窓の規格が高さ6の体系に統一されてしまったことで建物が小さく見えるってことでしょうか。でも、これてはこれで高さ方向のボリューム確保にもなっているので否定しきれません。
 ちなみに大昔(1960年代-1972年)の高さ3規格時代なら、この建物は2階屋になっちゃいます(笑)。


 組み換えモデルその1。ヒンジ入りですから、当然「折りたたみ」モデルも出来る由!
 ややディテールに乏しいのはなんですが、でもメインモデルから判断できるセットのキャパとして、それを覆せるものはありそうに思えます。


 組み換えモデルその2。風車小屋。
 箱裏組み換え的強引さ……? でもアイディアとして面白いです。生産設備というより、装飾としての風車と見立てれば形状も気になりませんし。


 そんなわけで、「小さなおうちクリエイター」#31009は思ってたよりもしっかりしていそうであり、また組み換えや「素材」としての可能性は高そう。
 また、無人駅程度の小駅舎とか、各種詰所、踏切警手の小屋etcと鉄道系への応用も楽しめそうです。
 何より、クラシックレゴ的な赤い壁はやはり煉瓦に見立てが出来ますものね。


◆◇◆◇◆◇◆   ◆◇◆◇◆◇◆


 2月8日発売の「肩のこらなそうなサイズ」のクリエイター。お手軽に見えて、奥が深い? 大型セットや自作ビルドに疲れたら?
 コストパフォーマンスでも魅力ですよ。
 
posted by 関山 at 20:40| Comment(3) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【レゴ製品】2013年「夏」の新製品の噂 【レゴ製品】2013年「夏」の新製品の噂

 情報源ToysNbrickより。無論、今のところ文字だけの情報です。

●City
2013 6月 (Coast Guard)
60011 Surfer Rescue
60012 4×4 & Diving Boat
60014 Coast Guard Patrol
60015 Coast Guard Plane

同上(Various Categories)
60023 City Starter Set (comes with a mini fire truck and a ambulance)
60025 Grand Prix Truck
60027 Monster Truck Transporter

2013 7月(Cargo)
60019 Stunt Plane
60020 Cargo Truck
60021 Cargo Heliplane
60022 Cargo Terminal
情報源 

 6−7月のCity新作の情報は「コーストガード」「カーゴ」がメイン。
 どちらも数年ぶりの復活ですが、その間にCityの進化もありますのでどんなデザインになってくるか楽しみではあります。
 「60020 Cargo Truck」は普通のトラック? 「60021 Cargo Heliplane」はヘリプレーン……オスプレイみたいな機種でしょうか(あれ当初民間用も考えてたとか)? 「60022 Cargo Terminal」構成次第で名セットになれるかもしれませんが……まぁ今のCityの流れじゃなぁ。流通デポなんて魅力的な題材なのですが。

 「Various Categories」では、「60023 City Starter Set」がどんなものになるか気になるところ。スターターということで小ぶりにまとめてくる可能性ありますから。
 「60025 Grand Prix Truck」「60027 Monster Truck Transporter」はモータースポーツ題材といってもモンスタートラック系。ちょっとアメリカに媚びすぎちゃないかい?

 で、残念ながら、Trainはありません。やはり4年周期にしか出ないのか日暮巡査か! TrainがCityのサブカテゴリってやっぱり「奴隷待遇」なんだなぁって感じます。


●Catsle
70400 Forest Ambush
70401 Gold Getaway
70402 The Gatehouse Raid
70403 Dragon Mountain
70404 King’s Castle
 LEGO Castle is coming back this summer! Available August 2013. The logo will be the same as the 2007 one, but packaging will be yellow.
情報源 

 お城シリーズ復活は確実なようです。型番とか商品名に変更はありません。追加情報としては「発売が8月」。またロゴマークが2007年キャッスル(所謂「FantasyEra」)と同じになるらしいということ。
 
 ということは、先のKingdomsに対して、「FantasyEra」な方向性になるのでしょうか? あれはあれでドラゴンやクリーチャーが魅力的なシリーズでしたので不満はありません。後者の技術も5年間で随分上がっていましょうしね(ちょっと……というか、思いっきりLOTRと被りますけど)。


●Lord of the Rings
79005 The Wizard Battle ? 1 or 2? minifigures
79006 The Council of Elrond ? 4 minifigures
79007 Battle at the Black Gate ? 6 minifigures
79008 Pirate Ship Ambush ? 9 minifigures
情報源 
 そんなわけで被ってる? LOTR。リストは既出ですが、発売が6月であるというのと、各セットのミニフィグ数が新情報でしょうか? 流石に#79008「Pirate Ship Ambush」はフィグ9体の大規模セットです。


●Galaxy Squad
70705 Crater Creeper
70706 CLS-89 Eradicator Mech
70707 Hive Crawler
70708 Galactic Titan
情報源
 2013年7月。同じ頃には第一陣も日本での発売もされてるといいな……。
 というのはともかく、商品名だけではセット内容が量れないのがこのシリーズですよねぇ。コメントしにくいです。一番大きいのは地上基地かしら?
 
 
posted by 関山 at 20:14| Comment(2) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする