何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年12月21日

【作品紹介】Mugen様の#10229 ウインタービレッジトレインシェッド(機関庫)

 Mugen様の#10229 ウインターコテージ組み換えの第二弾はなんと機関庫です。



  

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=518898

 横に詰所もついた単線機関庫。ヒンジを駆使したマンサード屋根が素敵すぎる。また、元セットの大量の白プレートを「消化」しています。
 木造の柱と、壁の造りは元セットを生かして。機関庫でも似あっています。入り口のアーチ描いた「柱」が堪らない。

 元セットを生かしつつ、全体に機関庫としてのリアルティを確保しているのですね。軒のクリスマス装飾も「控えめ」で、こうした職場らしい雰囲気。

 内部も作りこまれています。工作機械や工具がきちんと並び。
 また、詰所には暖炉と流しが。

 やや気がかりなのは、強度がちょっと不安ということでしょうか。持ち上げて崩壊しないかどうか……? ここばかりは組み換えモデルの制約を感じます。
 

 さて。
 この建物。実は「機関庫」ではなく、電車庫かもしれませんね。排煙設備もありませんし。

 福井鉄道200形……は違和感ありそうなのですが、不思議と似合っています。適度に現実的な題材をファンタジーな世界観に投入した時の妙なリアルティといえば良いのでしょうか。いや、ローカル私鉄の車輌のもつ「可愛らしさ」こそがベストマッチなのかも。
 もちろん4.5Vや12V辺りの「汽車」でも似合いそうですし、なも氏の瑞西私鉄車輌あたりももバッチリでしょうね。
(一方欧州系でも、本線系の大型車両だと電機・蒸機ともに、多分似合わないでしょう)

◆◇◆◇◆◇◆   ◆◇◆◇◆◇◆


 

 そんなわけで、#10229は想像以上のポテンシャルを示すセットです。
 予約価格が昨日の37%offは気まぐれか、今日は31%offの8740円になってしまいましたが、予約開始時の28%offでさえ「破格」であったことを思い出せば。1月18日発売。
posted by 関山 at 19:14| Comment(2) | TrackBack(0) | セット内組換作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする