何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年12月11日

【自動車作品】シトロエンAmi6 変な猫車 その2

 久々に4幅車も作ってます。ビルドのリハビリにぴったり。
(時期的には先の長野電鉄2000形試作のちょっと前。12月初旬に)


 左がAmi8。右がAmi6。

 Amiは1960年代のシトロエンの小型車。あの2CVの延長線上に作られたもので、やはり個性的なフォルムの持ち主でした。

 詳細こちら(Wikipedia)

 citroenet(英語。激濃! 写真多数


 Ami6。1961〜1968年
 醜いという見解さえある、角ライトの個性的なフロント。
 而して流れるようなフォルムにクリフカット。
 最初に写真で見た時には「なんて車!」と思ったものですが、資料探しで写真たくさん見てるうちに可愛い? と思えてくる。ブスは3日で慣れる……ってわけじゃないと思いますが。
 なお、クリフカット(Ami6と初代キャロルと、あとアメ車。あ、Willがあったか?)は個人的に好きな意匠です。どっか採用しないのかなぁ。
 

 パーツの上下逆転が必要になるクリフカットのリアウィンドウとスパッツ周りは一体に。
 固着されてなくて挟まっているだけで、ルーフで抑えこんでます。
 微妙な隙間ですが、後輪は回転します。車輪の回転はドア開閉と並んで自分の4幅車作りでは譲れないポイント。


 ミニフィグ2体載せられる車としてホイールベース・全長・全高ともに最小限のサイズに収めることができました。構造上後席の腕角度が厳しいのですが、まぁあの時代の小型車の後席なんて窮屈でしたでしょうから。
 自画自賛入りますが、ミニマムなサイズに最大の機能を詰め込めたのは心地よいもの。大衆車の設計してる気分は味わえます?


 2CVとの比較。似ていませんが、Amiはかの2CVの近代版という位置づけ。まぁ2CVの方がずっと後世まで製造され続けたのですが。


 同時代の大型車。DSとの並び。
 Amiのデザインでは「小さなDS」は意識されたようです。いや、素直に小さなDS作りゃいいのにと思うのに、妙にひねたことするのがフランス人(偏見)。

 他画像はこちら(検閲中)
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=518331
 
 無論、Ami8(ver2)とかが続きます。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 自動車作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【レゴ製品】2013年キャッスルの噂、どんな路線か?/LOTRも継続。海賊船?

 2013年にキャッスル復活……というのはもう1ヶ月位前から話題にはなっていましたが。
 しかし、Bricksetに製品名がリスト化されると「確証」感が出てきます(無論、外部の情報サイトですから公式情報ではないのですけど)。
70400 Forest Ambush
70401 Gold Getaway
70402 The Gatehouse Raid
70403 Dragon Mountain
70404 Kings Castle
http://www.brickset.com/search/?Page=3&year=2013

 こうして見ると、先代のKingdoms(2010-2011)の初期を思い出させるラインナップです。

    

 bricklinkより、2010年のキャッスル参照。

 まさか、Kingdomsがそのまま復活?……ってことはないと思いますが。ましてや「再販」とか。いや、再販じゃ売れないことは分かってましょうから、定番のラインナップでの新企画・新製品でしょうね。

 で、#70403で予想される敵方?の「Dragon」が単に竜を紋章にした軍団いう意味なら「Kingdoms」ですし、マジで竜を使ってる連中ならファンタジー色のあった先々代「Fantasy Era」(2008-2009)の方向性でしょう。
 まぁどちらの路線も名作・名セット揃いで、1980年代の良き時代のお城シリーズ的な王道感はありました。
 ですから、このとおりに出るなら案外失望せずに済みそうです。カラフル騎士の時代に戻らなけりゃ良し!

 その一方で。
 お城シリーズの文脈に含まれている「LOTR」も2013年製品が予定されています。
79005 The Wizard Battle
79006 The Council of Elrond
79007 Battle at the Black Gate
79008 Pirate Ship Ambush
 日本では価格設定のまずさもあって(というより、映画公開から時間経ちすぎ……。「Hobbit」が森お返しの可能性はありますが)、盛り上がりに欠けた印象はありましたが。あちらでは売れたのでしょうか?
 #79008は商品名から「船」。而も「海賊船」。Poc以来の船モデル。しかし映画にそんなシーン有りましたっけ?(原作には無かったような?)。
 でもまぁ、レゴの版権テーマは「乗り物」あると盛り上がりますよね?
 
 ……いや、乗り物がないと盛り上がらないのが構造的問題かもしれませんけど(苦笑)。
 

 
posted by 関山 at 20:03| Comment(2) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする