何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年12月02日

【作品紹介】mazta-k様の、#7938の小改造+7両化。貫通型も楽し♪

 市販品+αでもここまで楽しめるお手本という感じです。
 #7938発売時に盛り上がった組換大作戦とも一味ちがう、#7938の生かし方なのですね。

http://maztak.blog.fc2.com/blog-entry-25.html
 先方の記事


 堂々たる、7連。
 2セット分+α……というか、3セット分でしょうか?

  

 中間車の仕様を弄っているのが興味深い。縦方向の大窓は近年の特急車にありそうな展望窓のようです。何らかのフリースペースを持つ車輌?
 大窓と小窓が並ぶ車は食堂車という雰囲気。個室車とかかも? 小窓部分が意外と品が良い。
 そして、以前も制作されていたハイデッカー展望車。台枠が白になり、雰囲気が全体で揃いました! 元来のポテンシャルがようやく引き出された感じでしょうか? 余談ですが電車でもバスでもハイデッカーは居住性面でダブルデッカーより上なんですよね。

 さて。
 この7両編成は固定編成ではなく、「基本5」+「付属2」の解結編成です(実物だと「サンダーバード」とか「あずさ」とか珍しくないです)。


 無愛想なようで、実はデザイン的にも配慮のある?貫通型先頭車。
 大胆な切妻。そして整風効果も狙ったヘッドライト周り(パーツの持ち味活かすのもレゴのテク!)。真っ黒な貫通扉がアクセント。実物が存在したら、ゲテモノ顔? としてそれなりに人気者になれそうですね(前面切妻の特急車はJR九州に居ますし。簡易運転台の類も含めるともっと増えますが……少なくともリアルティはあります!)。
 あと、この顔で先頭車らしく見えるのは、スノープロウ付きのカプラーの功もありましょう。

  

  

  

 基本5両への、付属2両の増結作業。なかなかドラマティック。
 ちなみにPowerFunctionだとこの種の作業が実際に動力入れた状態でも出来そうですよね(動力車のchなど変えとけば)。まぁ連結後の運転のほうが難航しそうですけれど(ガチで非総括制御!)。

◆◇◆◇◆◇◆   ◆◇◆◇◆◇◆


 改めて語る必要もないでしょうが、近代化旅客列車系セットとしてはかの「メトロライナー」以来の名作!
 2010年製品なので、間もなく三年目に突入。後継作が劣化しませんように……!
(あと、クリスマスプレゼント/自分へのプレゼント狙われているならお早めに。品薄時は本当に品薄になるセットですので。いつもいつも10300円台では、ないです) 


 で、上の作例のような3セット?は無理でも、2セットあると相当に楽しめるはず。飽きたら動力系はいくらでも使い回し出来ますし、赤いブロックとかパネル窓、青いシートだってトレイン作る上では貴重な「資源」になってくれましょう……!
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【雑談】有蓋貨車2800-3300円。高いか、安いか?



 昨日記事にした、かう゛ぇ様制作の「新濃灰」の有蓋車をカンザンブリックで部品調達したと前提にして、国際送料とかあれこれ込みで見積もり出してみました。
 軽く、2800円ほど。
(飽く迄、今週分での見積です。パーツの供給状態に為替など変動激しすぎるので固定価格にできません)

 全て新品パーツということもありますが、貨車1両のコスト、思ったよりも掛かることが判明。正直、ショックです。肝心の貨車ドアは比較的安く調達できるのですが……。

 もし、「固定価格のオリジナルキット限定生産」として発売すると3300円ほど(但し調達料金など不要)という値付けになって仕舞うでしょうか。
 うーむ。貨車1両でこの価格。やっぱり、高い?

 一応、もう少しパーツとか見なおせば幾分コストダウンできる可能性はあります。
 努力検討はしてみます。
 
(最後に……本記事のカテゴリは【カンブリ情報】ではなく【雑談】であるのに注意!  いやはや価格以外でも問題は山積です。安定したパーツ確保在庫確保はどうするのかとか)
posted by 関山 at 23:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月01日

【作品紹介】かう゛ぇ様の「渋い、有蓋車」。貨車元来の魅力!


 基本的には#3677「レッドカーゴトレイン」の有蓋車の色変えモデルですが、色を「新濃灰」一色にするとえらく渋い。貨車元来の無骨な魅力が顕れたような。
 また、同型車が並んでるのも魅力。貨車はこうでなくちゃ!


 色こそ違えど、ドアパターンであったり屋根の補強リブであったり、ワム60000/ワム70000/ワラ1辺りの雰囲気は感じられるのですよね。
 先方ではDD90が牽いていますが、えらく似合っているのです。

http://legohouse.seesaa.net/article/304593376.html
 先方の記事。


 ベースになった、#3677の貨車。貨車にしちゃ、派手?
 しかし、コンテナなどでは派手な塗り分けのものは今昔少なくありません。また、ワム80000でもスーパーの広告用に派手な姿になったものもありました(なんと国鉄時代1981年のことです)。
 巧く使い分けすれば華やぎもありましょう。

 それから

 同じ形の貨車がズラリというと、先の立命館大鉄研展示でのこの光景も思い出されます。

 ちょっと「罪な光景」でもあります(笑)。貨車本来の魅力が感じられますから。
 ビルンドのあの会社、さっさと貨車の単品売りやってほしいですよねぇ……。
 タカラトミーはやってるんですよ(笑)。

===========================================



 こうしたセットの複数購入は……敷居、高いですよねぇ(どれも再安値水準ですが)。
 まぁ動力系は余ることないですし、機関車の部品も意外と再利用は効きますけれど。

 それから、フレキシブルレールはクリック利くようにしてくれないものか?
 直線状態での固定さえできりゃ、あれも「余り物」にはならないのですから。
 
posted by 関山 at 12:11| Comment(8) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ヒント・アイディア】日車ロマンスカーな、窓表現

 基本はAP様の試作品の応用です(感謝してます。あれがなければ、この発想出て来ませんでしたから)。





 色から、あのお題を作ると決めたわけではありませんので、勘違いされませんように(笑)。
 たまたまタン色の窓枠が都合よく手許にあったからですよ?

 ちなみに日本車輌製ロマンスカーというのは、1950年代末から1970年代に製造された日本車輌製造レディメイドの地方私鉄※向けの2つドア転換クロスの電車のこと。前面は湘南スタイル2枚窓のものも、貫通型のも存在した由。
 そして側面はあの時代の電車らしく、窓まわりに丸みの付いた、今から見ると優美なデザインの2段・2連の窓が並んでいました。

 ※:名鉄・富山地鉄・長電・北陸鉄道が発注社でした。ほとんど引退済ですが、富山地鉄では少数が健在。

 試作品に話戻せば、トレイン窓使ったお陰で「窓の丸み」が表現でき、1960年代らしさ?が強調できたかと。窓柱がぶっとくなるのはご愛嬌で。

 この手法で作れそうな電車は2−3連の手軽な編成で楽しめそうなのばかりなので、やっぱり何かは作ってみるつもりです。
 
posted by 関山 at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒント・アイディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする