何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年11月20日

【レゴ製品】新宇宙シリーズ「Galaxy Squad」はやっぱり銀河海兵隊でした!

 情報源はBrickset forumより
 CupIsHalfEmpty氏の投稿です。

 タイトルに「Galaxy Squad Sets Found at TRU Canada」と、あります。なんとカナダでは既に「トイザらスで売ってる」とは(テスト販売?)。


 #70700 Bug Swarmer


 #70704 Bug Obliterator

 そんなわけで。
 新宇宙シリーズ「Galaxy Squad」はやっぱり「蟲と戦う、銀河海兵隊」というテーマでした。
 人類側が普通にメカで戦うというわかりやすさです。

 ただ、人類側のテーマカラーは「青」「オレンジ」「白」であり、思っていたよりは「軽め」。
 あんまり大人は意識してないなぁという感じです。まぁレゴで過度にミリタリー風になるのはマズいのわかりますが。
 「軽め」というとミニフィグの装備も海兵隊というには軽めなんですよね。ガチャフィグ7弾の「銀河パトロール」的アーマーを期待しちゃっていましたから……。
 とはいえ、味方に新規ヘッドの戦闘ロボ的(サイボーグ?)なキャラが居るのは新機軸だと思います。

 #70700は敵側メカが、このサイズのフィグ乗り密閉ポッド型というのが面白い。密度感のある好ましいビルド。敵ながらあっぱれ。

 #70705は人類側メカメイン。可変翼の宇宙戦闘機はちょっとスマートさに欠ける気がします。ポッチや角ばったエッジの目立つ「ブロック玩具的」な造形なのですね(個人的にはいわゆる「クラシックスペース(レゴ宇宙シリーズ初期)」よりは同じ時代の「ダイヤコスモ」とか思い出します……)。
 なんというか、前々作の宇宙シリーズ「SPACE POLICE III」や、最近のSWの流麗さに慣れていると違和感が……。
 但し、ブロック玩具としてはこちらの方が正当であり、王道であるべきなのですが。

 この辺り、賛否は割れそうです。
 
posted by 関山 at 22:45| Comment(5) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【イベント】2012京都駅イベントレポ3:ドリームトレイン篇 40分1本勝負!の制限ビルド



 1500両ものレゴトレインを作る・並べる! という過去最大というか、前代未聞のイベントに参加する! その中にトレインマニアの大人げない作品を投入する!
 ご本尊の京都駅モデルと並ぶ「お目当て」でした。


 会場の南広場全景。広いです。
 ただし半屋外で、8階くらいの高さにあるため風はそれなりに。この催しが1ヶ月あとだったらいろいろ苦しかったでしょう、寒さ的に。

 まずは既に作られた作品の見学から。

 一番前は直江氏他のプロ作品です。
 右端の北斗星仕様DD51はなかなかの出来ですね。

 それにしても、長い。遥か先までレールが続く……。


 こちらは反対側のプロ作品。N700系やら「BLACK NIGHT」他。
 この辺は40分じゃ作れないだろ、ってツッコミの声も聞こえましたが……。いやまぁ見本というか手本は仕方がないと思います。
 なお、イベント初期(11/3-4 及び11/10)で列車の「顔」に使えそうな全頭部パーツは使い尽くされてしまったようで、11月11日の参加では見当たりませんでした。無くても困りませんけど。


 まっとうな鉄道車両はないよな……とか思って眺めていると、居ましたJR貨物EF210! 制約下で見事です。


 大人げない作品(笑)。モコ氏のロボとなかやま氏の阪大レゴ部ロゴ。
 モコ氏のロボが40分で作られたのは信じがたい(でも事実)。凄い力量です。

 なお、作品傾向的にはクリアパーツ巧みに使ったもの、上方向に伸ばして目立とうとしたもの、ミニフィグ絡めたものが多かったです。ロゴ系も少し見かけました。目立とうと努力されてますね。


◆◇◆◇◆◇◆   ◆◇◆◇◆◇◆


 参加1回目:
<<続きを読む>>
posted by 関山 at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする