何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年11月02日

【レゴ製品】Galaxy Squadのティーザー画像。敵は虫型宇宙人

 2013年の新宇宙シリーズ「Galaxy Squad」のティーザー画像が発表された模様です。

 情報源ToysNbrick
http://toysnbricks.com/lego-galaxy-squad-2013-teaser/


  LEGO Club Magazineの11/12月号に掲載されたものだそうです。

 モンスターファイターズのゴシックホラーな化物たちに変わってやってくる新たな侵略者……というストーリィなんでしょうか? まぁ飽く迄商品展開上のものであって「設定」ではないでしょうが。
(というか、モンファイは1年限りなんですね……)

 それよりは地球侵略しようとする虫型宇宙人+虫型メカというイメージがわかりやすいですね。虫型メカに関してはパーツ構成さえわかるレベルで「具象」されてますし。

 で、この画像から判断できるのは。
・舞台は地球?
・「虫型」なのは敵の宇宙人
 ってことでしょうか。そいつらと戦う「Galaxy Squad」……「銀河分隊」の宇宙海兵隊という流れになりそうな予感ですが……どんなものやら。
 
posted by 関山 at 19:36| Comment(3) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【価格情報】amazon.co.jpにて、「Hobbit」各種が予約開始。12月8日発売

 毎月1日恒例の「amazon.co.jp」でのレゴ新製品の予約品追加ですが、11月1日は「LotR」の2013年展開とも言える「Hobbit」。12月8日発売。
 予約価格は毎度おなじみ「予約商品の価格保障」対象ですので、今予約しておいて割引率が上がっていくのを発売日まで待つ戦略も有効でしょう。

 ちなみに海外価格はまだ不詳です。shop@homeやらamazon.comにはまだ登録されていません。つまりは発売時期に関しては内外差がほぼ皆無ということになります(え、気になるのは価格差の方ですって?)。


 実質的なフラッグシップアイテム。「#79003 予期せぬ出会い」
 すでに何度も報じられていますが、ホビット荘のまったり情景が再現されているのが素晴らしすぎます。合わせて大量の新パーツ群も注目でしょう。652ピース(フィグ込)なので、版権系にしては無茶な価格設定になっていないのも注目です。
 現状28%off 7514円。ボリューム・密度的に割高感ないですね。


 シリーズの最大アイテム。「#79010 ゴブリン王の戦い」
 この品だけいきなり39%off! 8350円です。#79003のついでに……?
 クリチャー系たくさんというのはいいですね。昔のTRPGじゃゴブリンイジメ退治って定番でした(笑)。大きいのは賛否分かれますが、あとからこの手は高くなること多いです(苦笑)。
 あと、シーンの切り取り方も巧い。2012年LOTR同様精細な作りなのもポイント。


 以下は現状28%offです。いつもどおりなら発売日までには33%offか?
 「#79001 闇の森の巨大クモ」3006円。エルフ×2にドワーフ×2。フィグセット的価値? でも両者が手に入れやすいセットは貴重です。
 「#79002 ワーグの攻撃」6011円。写真見る限りちょっと割高感が……。
 「#79000 指輪をかけたなぞなぞ」1278円。ちょっと高いかな、と思いますが、105ピースと結構ブロックがはいっているんですね。手抜きじゃない代償でしょうか。

 それにしても、「ホビットの冒険」のレゴ見てると、TRPGにはまってた昔。それもTRPG始めた頃を思い出しました。それこそD&DかT&Tしかなかった(※)あの頃を……。
 いや、同じ事を2012の「指輪」でも思い出さなかったのは、こっちだと物語が大きくなりすぎて身近な冒険とはほど遠く感じてしまったからかもしれません。
 そんな訳で、最新作でありつつ、なにか妙に懐かしいのです。部室の空気とかメタルフィギュアの質感とか思い出してしまいました。

 ※:他にもありましたけど(RtoLとか)、当時の情報力ではマイナー作を知ることは不可能だったんですよ。「情報」の価値が今よりはるかに高かった時代の話です。
 
◆◇◆◇◆◇◆    ◆◇◆◇◆◇◆


 その他のお値頃品。
 ポリスチヌークこと、「#4439 フォレストポリスヘリコプター」が41%offで4058円。2013年は警察一新ですので、フォレストポリスは1年限り?
 LotRの中ではなかなか値が落ちなかった「#9472 ウェザートップへの攻撃」41%off。6243円。欧州では59.99ユーロ税込なので、今のレートだとほぼ欧州並み価格です。
 「#10193 中世城下町」はまだ12000円(送料込)で購入可能。
 「#21101 はやぶさ」は過去最安値、41%offで3933円です。
 
posted by 関山 at 14:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 価格情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【作品紹介】AP様のオハネ12形B寝台車。不可能を可能に! 広がる夢。


(画像はwikipediaより。オハネフ12形式)

 国鉄が1954年から量産した10系軽量客車は先のオロネフ10の記事でも記しましたが、欧州の、主に瑞西の技術を取り入れて設計されています。
 それゆえ、欧州生まれのレゴとの相性は良い。いわゆる「トレイン窓」はそのままで10系客車の側窓に見えてしまいますから。

 但し、10系軽量客車の中でも多く製造された3等寝台車……後年のB寝台車の各形式は「実現困難」とされてきたのです。
 通路側の大窓(下降窓)は何の問題もないものの、上の写真にも見られる寝台側の「二連窓」が尋常には無理! 両側面とも通路側のスタイルで妥協するとか、窓ガラスに自作シールで対応するとか考えられてたのですが。
 でも、AP氏はやってくれました。



 先方の記事
http://blogs.yahoo.co.jp/yakko35_21/53613760.html

 10系のB寝台車の窓、ここに克服される。
 トレイン窓の中にブロックを詰めるというアイディア、なかなか出てくるものじゃありません。これによって窓を2分するセンターピラーを再現。そのうえ、下の銀色窓サッシ部分に、上の「庇」も再現され、結構な細密感です。窓自体の表情が豊かと申しましょうか。


 全体の造形に関しては申すまでもなく。
 シンプルな造形である故、ドアステップや屋上機器(AU14冷房機)が似合っています。オハネ12だと給仕室横の窓なし部分も味がありますよね。

 10系のB寝台車は充当列車も多く、運用年代も広いため使い勝手に夢が広がります。
 稚内から西鹿児島まで! 寝台車+食堂車+グリーン車を連ねた幹線筋の寝台急行列車でも良し、スハ43やらオハ35の最後尾にB寝台がぶら下がる夜行普通列車※でもよし。牽引機も蒸機・ディーゼル・電機なんでもあり。
 まぁ1950年代の特急時代は「茶色」なので、ビルンドにゃ茶色のトレイン窓作って貰う必要ありますけどね(笑)。

※:今では信じがたいことですが、1985年まで寝台車付きの普通列車が存在していました。固定編成に縛られない10系寝台車の運用の最後はそうした普通列車群でした。
posted by 関山 at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。