何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年10月24日

【レゴ製品】2013年新製品画像「City」の続き

 少し旧聞ですが(1週間程度遅延……)、Cityの新作画像続編が上がっています。
 4幅信者にとっては興味持ちにくいかもしれませんが(苦笑)、パーツ供給面やら、或いはビルドの参考としては十分に興味深い。油断しちゃいけません。

 情報源brickset
http://www.brickset.com/search/?Page=2&year=2013
 ここに上がってくると、噂も確定したんだな……と。


 #60016 Tank Truck
 前回のような大型トレーラータイプではないので、価格も抑えられる?
 突っ込みどころのないスタンダードなタンクローリーですね。ディテールが精細なのも去年からの傾向引き継いでいます。白い車ドアの安定供給が嬉しいかも(笑)。


 #60017 Flatbed truck
 小型のキャリアカーですね。まず、トラック側の造形がとてもユニーク! ボンネットの造形がとてもキュート! よく見るとCars仕様のフロントノーズが使われています。そしてオレンジの車ドアも! オレンジ色の4幅スポーツカー作る夢が広がります(え?)。
 一方積荷のスポーツカーはダークレッドなのはいいのですが……レゴ社はダークレッドの車ドア作りたくない理由・信念でもあるんでしょうか? 造形的にも車ドア+1×1角パネルで処理できるでしょうに!
 トラック側に話し戻しますが、小さな歯車は何らかの可動ギミック? ちょっと気になります。また店員/アテンダント/秘書などに使える女性ミニフィグが小型セットに含まれるのも嬉しい。
 なんだかんだで、今回Cityでは気になるセットです。


 #60018 Cement Mixer
 黄色車ドアの安定供給が(以下略)。
 ミキサー部は以前のものと同じ一体部品(内部スクリュー付)でこれは変わりません。ミキサーの排出部は造形に精細感あってかっこ良いですね。

 フロント造形は他のCityはたらく車系とは別メーカー別車種と言える程度に味付けが違いますが、これは理由があるみたいで、クリップの使い方をみるに、キャブオーバー車の「キャブが前転する」機能が再現されているっぽい。これは嬉しいギミックです。
 また、クリップ周りもディテールとして両立した力強いデザインになっていましょう。これ見た後だと先のタンクローリーが古臭く見えるほど。
 
 コンクリートミキサー車は贅沢言えばタイヤ回転でミキサーも回転……というギミックあれば嬉しいのですが、価格と対象年齢的にテクニック仕掛けは難しいのかしら?

----------------------------------------------------------
 というわけで突っ組み入れるつもりだったのですが「意外といいじゃん」というのが結論です。
 「4幅で」このへんのギミック取り入れた「はたらく車」作ってみたくなりました。
 
 あとCity6幅車シリーズのノリで「2軸貨車単品」もリリースできないのかしら(笑)。
 6幅車は丁度貨車くらいのサイズ・部品数ですからねぇ。
 
posted by 関山 at 23:54| Comment(2) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【レゴ製品】2013年新製品画像「Technic」

 トレインとTechnicは遠い親戚……だと思います。
 トレインも独立カテゴリで、且つこれくらい毎年新作出りゃいいのになぁとか羨望感じつつ。

 以下、情報源および画像はbricksetより。
http://www.brickset.com/search/?Page=2&year=2013


#42000 Grand Prix Racer
 これは写真既出ですね。「赤」じゃないフォーミュラも久々。


#42002 Hovercraft
 一人乗りの小型ホバー。珍しいテーマです。プロペラを回すとV2エンジンが動くギミック。


 #42004 Mini Backhoe loader
 ミニ、という割にはミドルサイズの箱ですね。前後バケットのバックフォー。如何にもTechnic。小型建機は王道です。


 #42006 Excavator
 格好いい! 建機萌えじゃなくても惚れ込むデザイン!
 ただ、モーターなしは確定としても、後付け組み込みは想定されているのでしょうか? 建機などキャタピラものはリモコンじゃなくてもモーター駆動が欲しいですよね。
<<続きを読む>>
posted by 関山 at 23:18| Comment(2) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【作品紹介】mazta-k様のJR西日本683系4000代 屋上機器の効果!

http://maztak.blog.fc2.com/blog-entry-12.html
 先方の記事

 何度か紹介してきたmazta-k様の、JR西日本683系電車4000代(「ヨンダーバード」って略称が素敵すぎ!)が改良され、5両編成になってきました。


 改良のキモはパンタ周りと屋上機器。あと運転室後部のスロープ。
 パンタはよく見るとシンプルな作りですが、今の電車のこぶりなパンタグラフらしさが表現されています。
 また碍子群は、この車が「交直両用電車」であることを意識させますね。全体にシンプルな造形のプロトタイプであるが故、ここを強調表現するのは大正解でしょう。横向きの碍子がなんともマニアック(良い意味で!)
 空調機器もシンプルながら効果的。ここだけつるつるというのもオンパクとというかメリハリがあります。実物の多くでも空調機器はつるつる仕上げ、屋根はザラザラ仕上げですし。


 ショートスケールですが、編成が長くなってくるとなかなかの迫力。大きな模型であることを実感させられるのですね。
 運転台後ろの改修も効果上げてるのがわかりましょう。スマートさが違います。
 
 今後のさらなる改修と、完成が楽しみです。
 
posted by 関山 at 08:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする