何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年10月19日

【レゴ製品(トレイン)】大半径カーブ実現? 新レールシステム「BBB Modular Track System」

 大半径のレゴトレインカーブレールというと、カスタムキットメーカーMemodelsが2011年に予告し、そのままになってしまっていることを覚えている方も多いでしょう。
(但し、プロジェクト中止というわけでもないようです……)
 
 今度は、トレイン系カスタムの定番、BBBホイールのBigBensBricksが大半径カーブレール他、金属製レールシステムの商品化を考えている模様。2013年1月発売予定とか。
http://www.bigbenbricks.com/track/track.html

 このレール「New Modular Track System」、略して「MTS」と銘打っています。構造・外見は9V/RCレールとも、かつての4.5V/12Vレールとも全く異なるもの。


 日本のユーザーの目から違和感?があるのは、枕木が1幅で、かつ間隔が詰まっていることでしょうか。
 ただ、アメリカのトレインイベントではタイルやプレート駆使して枕木間隔を詰めるのが流行って?いるようなので、それに対応させたものなのでしょう。リアルであるのは間違いありません。

 リアルというと、レールの断面形状や枕木との締結方法もでしょう。
 これは理由があって、「metal code 250 rail」を使用しているから、つまり汎用の鉄道模型用のレールを流用しているのです。
 Nゲージの道床付主体の日本では馴染みがないですが、アメリカではOゲージ以上の大型模型用の「レール」そのものが製造・市販されているのですね。

 Me-modelsではアルミ製の専用レールを起こしましたが、BBBでは金属製のレールに関しては敢えて「汎用品」を用いるという手をとっています。
 「この発想はなかった!」です。枕木部分だけレゴで作ればレゴトレインの規格……軌間に適合できるのですから。

 「システム」のラインナップです。
<<続きを読む>>
posted by 関山 at 19:31| Comment(2) | TrackBack(0) | レゴ製品:トレイン関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【作品紹介】ryokuchakuma様の富山地鉄10030形(元京阪3000形)/E7系インテリア


 地鉄電車4並び。左から新作10030形(京阪3000)、16010形(西武5000)、14720形、クハ112(16010形の中間車)。中間車が単独留置されてても不思議じゃないのは地鉄の味。

http://blogs.yahoo.co.jp/ryokuchakuma/6885460.html
 先方の記事はこちら。

 まず、注目が行くのは新作10030形。元京阪3000ということで有名な車ですが、前面の「それらしさ」が納得としか申しようがありません。テールライトなど省略要素もありますのに、塗り分けと貫通路の幅、屋根カーブの加減でそれらしく見えるのですね(斜めラインを優先するかテールライトを優先するかは難しい問題でしょう)。横組の貫通路は秀逸です。


 側面。クリアブロック1×2(比較的廉価)で窓を仕上げたら更に「らしく」できそうです。パーツの余裕できましたら、何時かは。なお、車内には実物同様「テレビカー」の表現もあるとか。

 それから、カーブホームの表現頑張ってますね。寺田の分岐のところ思い出したり。

 他、地鉄電車も屋上機器やらパンタやら小改修を受けているようです。こうした改良がさらっとできるのがこの趣味の良い所でしょう。
 それにしても「雷鳥色」の電車はやっぱりいいものです。自分の地鉄のイメージは今でも「雷鳥色」な10020とか14710とか14750あたりですので(笑)。


 また、富山にやって来る電車……として、新幹線E7系も改修されたとのこと。
 インテリアも完工。目玉のグランクラスはやはりインパクトあります。如何にも豪華そうに見える!
 

posted by 関山 at 19:19| Comment(4) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする