何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年10月08日

【作品紹介】エフ様の#183(1977)の再現品。PowerFunctionで!

 先方の記事
http://blogs.yahoo.co.jp/f1963/14121203.html


 #183 ディーゼル機関車セット 1977年(関山所蔵)


 こちら、エフ様の「現在の部品使って」の再現品。

 無理がありません……。違和感ありません!
 オリジナルではプリント部品使ってた、機関車ヘッドライトとフロントグリル周りの処理が秀逸すぎます。レア部品の黄色い小窓の割り切りも巧いですね。
 動力は機関車にPowerFunctionトレインモーターとPF受光ユニット。「バッテリーカー」に単四電池BOXで、機能もまた再現している由。まぁそれ以外の方法もちょっと思いつきませんが。
(例えば、9Vの銀色の車輪は違和感がありすぎです)


 再現シールで更に違和感なく! シールの効能はyone氏が既に示されている通り。
 バッテリーカーがオリジナルより小柄なのが個人的には好みです。可愛い。
 クレーンのついた貨車はカラーリング、形状のアレンジされていますが「適切」に感じます。#193の時代にはなかった「緑」ですが、これはこれで4.5V風アレンジ使うのもありだなぁ……と思うのでした。良い意味で玩具的カラフルさが堪りません(緑に赤い窓枠って本当に似合います!)

 さて、少し気になるのは以下。
・機関車のサイドグリル、グリルタイルのほうが立体感あって適切かも?
・貨車の車軸。タンのペグでは抵抗大きいので、黒いシャフトで大丈夫なのでは?

 まぁ、些細ごとはともかく。
 「灰レール」や「9V」をすっ飛ばして、ここまで「青レール」と「PowerFunction」が相性良いのには驚かされるのです。
 レゴに関しては最新追いかけるのも良し、古いセットのコレクションも良し。
 しかし、こんな「今の部品・規格で昔を再現」というのも楽しみの一つ。やっぱり奥が深いのです。
 
posted by 関山 at 23:56| Comment(3) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする