何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年10月06日

【レゴ製品】また#10000番代。「#10937 Arkham Asylum」


 やはり型番体系上「#10000代」は特別なようですね。
 先の#10233に次ぐ特別な品は「#10937」を名乗ってきました。内容は「SuperHeros」より「Arkham Asylum」。かつて(といっても6年前の2006年)リリースされた#7785とも同テーマでもあります。

 情報源こちら
http://www.eurobricks.com/forum/index.php?showtopic=74876
 eurobricks
http://toysnbricks.com/lego-arkham-asylum-breakout-2013-set/
 toysnbricks
http://www.flickr.com/photos/61804988@N04/sets/72157631701147999/
 Flickr 画像多々!
 価格:米159.99ドル(税別) 独159.99ユーロ(税込) 英129.99ポンド(不明)
 パーツ数1351ピース
 発売時期:2013年1月



 アメコミヒーローに関しては不勉強ゆえ、そちらのコメントは控えます。
 が、建物としては「切り取り方」が独特で新鮮です。#10228の「幽霊屋敷」とは似た雰囲気でありつつ、テーマに合わせて商品コンセプトは変えてますよね。#10228が「飾って・遊べる」なら、こちらは「遊んで・飾れる」でしょうか。遊びと飾りの優先順位が違う感じなのです。まぁ、レゴ版権物での定番「映画セット的」建物ともいえますが、大道具にしては出来が良すぎます!
(門柱は明らかに#10228より立派?ですし)

 インテリアも凝ってます。やばいけど、すごい……とでもいいましょうか。
 窓は#10233に引き続き、「オフィシャルの横組」採用。カーテン表現のために横組にしているのでしょうか?

 付属の精神病患者用救急車?も6幅ながら精細な、好ましいデザイン。車ドアありなのは流石に10000代。

 建物・車目当てでの購入は流石に勿体無いかもしれませんが、ミニフィグの方にも興味あれば遊んで楽しい・飾って嬉しいセットになるでしょう。
 
 ちなみに先代? #7785はこんなセットでした。

http://www.bricklink.com/catalogItem.asp?S=7785-1
 より。6年間の進歩はやはり大きかった! 
 
posted by 関山 at 22:47| Comment(2) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【雑談】「特撮博物館」観てきました。特撮の「濃さ」をすべての人に!

 公開期間期間末期ですが(10月8日 月曜日まで!)、東京都現代美術館での特別展「館長庵野秀明 特撮博物館」を観てきました。
http://www.ntv.co.jp/tokusatsu/about.html
 
 まず、すごい人出。10時開館合わせだったので入場もスムーズでしたが、退館時には外に長い長い列。
(明日 明後日いかれる方は御覚悟の上を!)
 
 印象的だったこと
 展示物の量的質的ボリュームが予想以上。とにかく、たくさん。またその作品を知らなくてもわかるような愛情ありツッコミありの解説(庵野秀明)があり、特撮詳しくなくても大丈夫になってます。というか、見終わったときは特撮好きになってます(笑)。
 何せ、濃い濃い元祖オタク(勿論褒め言葉です)の解説付きなのですから。
 展示の最後に厳選特撮作品の厳選シーン集(恐らく庵野氏編集か?)が流れているのですが、そこで立ち止まっている観覧者の多いこと。

 もう一つは、観覧者のレベルの高さ。
 普通展覧会とか博物館だと、興味のない展示は歩きながらスルーしてしまう観覧者が少なくありません。ましてやこの催しでは相当に「濃い・濃ゆい」展示ですから、スルー率だって低くないはず。
 しかし、ほぼ全ての観覧者が「立ち止まって」各展示や解説に見入っているのでした。それが濃い目の特撮ファン的な、元祖オタク(当然褒め言葉です)な人々ならともかく、老若男女問わず。子供連れだとさすがに古い映画とかのは退屈してるかなと思いきや、子供も夢中になってる。その辺り、何より心地良い!
(また、貴重な貴重な模型などかなり「間近に」「ケース無しで」展示されているのに、モラル持って観覧されてるのも印象的でした)
 
 言えることは、「皆、特撮大好き」!
 思えばアニメ(但し、1970年代以降の)や、漫画、ゲームにラノベ、AFVなどの模型作品、恐らく1970年代以降のSF全般……皆な「特撮の子供」たちで、なんらかの影響を受けているんですよね。

 具体的に映画作品やTVシリーズを観ていなくても、名前だけでも「知ってる」。
 そんな人でも楽しめ、更に深い領域に導く力を持っている特別展だと思った次第です。


 あぁ。やはり見せ方(魅せ方)とか、解説って大事なんですね。
 そういう意味でも勉強になりました。
 
posted by 関山 at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする